【ニュース】日欧EPA発効で変わるソニーのデジタルカメラの話

LINEで送る
Pocket

今日2月1日より日本とEUで交わしたEPAが発効になり、巨大な自由貿易圏が誕生しました。ニュースではワインなどが今日から値下げになっているというのを報じていますが、実はソニー製品にも大きな影響を与えています。

☆Yahoo!ニュース「日欧EPA発効=ワイン、チーズ、食品値下げ-巨大自由貿易圏が誕生」

 


☆JETRO「EU 関税制度」資料(pdf)

こんにちは、店員佐藤です。

私もこういう資料を目にするのは初めてだったんですが、デジタルカメラには細かく関税についての規制がされています。

簡単に言うと写真撮影のためのデジタルスチルカメラですが、ビデオカメラとして規定されると関税が高くなり販売価格を上げる必要があります。条件のひとつが30分以上の動画録画ができるとビデオカメラとして認定されてしまい関税が高率になってしまいます。

そのため、各社動画撮影は29分までという規制をかけるようにして高い関税を回避していました。


※図は“α6300”の仕様です

ソニーのデジタル一眼カメラ”α”や、サイバーショットが連続動画撮影時間の上限が29分に制限されていたのはこのためで、4K撮影の様にハードウェア的に制約がかからなくても29分までしか撮影ができないのはこのためでした。

しかし、EPAの発効と同時にEUに輸出される日本製デジタルカメラに対する関税は即時撤廃される、ことになっています。今日以降、EUに輸出されるデジカメへの関税はなくなります。

2月22日発売の新型デジタル一眼カメラ”α6400”は、動画録画機能に連続撮影時間29分の制限がなくなっているのは、このEPAの発効をにらんでのことだったのかもしれません。

ということは、3月に“α7III”のVer.3.0ファームウェアアップデート、4月には“α9”のVer.5.0へのファームウェアアップデートが予定されていますが、もしかすると、この動画連続撮影時間29分制限が解除されるのかも!?とか、可能性を考えてしまいます。

他にもサイバーショットにも制限がありますし、今後のアップデートでこうした制限がなくなると良いですね。続報が入ってきましたら当店でもお知らせするようにいたします。

 

デジタル一眼カメラ
α6400

ILCE-6400
ソニーストア価格:
109,880円~+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2019年2月22日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:11,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:6,000円+税
年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭入特典
開店5周年記念品プレゼント
カメラざぶとんプレゼント
スプリングフェア特典あります

.

☆当店blog 2019.1.24「新型APS-Cミラーレス『ILCE-6400』スペック比較解説レポート」
☆当店blog 2019.1.19「“α6400” ショールーム展示実機レビューレポート 」
☆当店blog 2019.1.16「3分でわかる“α6400”プレスリリース」


★ソニー『αスタートアップスプリングキャンペーン』のご案内はこちらから

 

【初めてのデジタル一眼カメラ購入でしたらこんなメンテナンスグッズもオススメ】

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

 

LINEで送る
Pocket