テックスタッフの【楽しい時間】『成田空港撮影ツアー第2弾 グリーンホヌハント』イベントレポート

LINEで送る
Pocket

昨日は当店の撮影イベントを開催しました。成田空港撮影ツアーの第2回です。ご参加くださった皆様にお願いしたインスタ投稿が一晩でたくさんいただけたので、作品をご紹介させていただきながら、早速、イベントの様子をレポートさせていただきたいと思います。

 

こんにちは、店員佐藤です。

4月に「平成最後の楽しい時間イベント」ということで、成田空港撮影ツアーを開催し、ANAの新型A380の「フライングホヌ」を撮影しに行ってきました。すでにあのときに撮影したブルーの機体はホノルル路線に就航しており定期運航が始まっています。その2号機が5月に成田にやってきていて、7月からこちらの2号機も定期路線に就航するそうです。

2号機はグリーンカラーの機体になり、顔もにっこりと笑っているそうです。

定期就航前にこちらも撮影してみたい!ということで、急遽、成田撮影ツアーの第2回目を企画しました。

今回も当店で“α”ボディをご購入いただいているメールマガジン会員さんへ先行で募集をしたところ、一晩で満席になってしまいました。第1回撮影会にご参加された方は次点扱いで、未参加の方を優先させていただいています。参加費1,000円でレンタカーを借りて、成田空港周辺の撮影スポットを巡る、というツアーです。

集合は成田空港の第2ターミナルで朝の9時45分に集合。そこからレンタカーで撮影地をめぐります。

今回参加された方も、車に乗って連れまわされただけなので、位置関係がイマイチおわかりにならなかったかもしれませんが、今回撮影したスポットは上記の場所になります。

赤いラインは私たちが移動した軌跡です。数字の番号順に移動をしています。

飛行機は風上に向かって飛ぶように運用されていて、この日は北東からの風だったため「北風運用」という北に向かって飛行機を離発着させる日になっていました。なので離陸機が多い午前中は空港の北側に行き離陸機を狙い、着陸機が多い午後には空港の南側に行って着陸機を狙う、というのが基本的な撮影スケジュールです。

成田空港には第1滑走路と第2滑走路の2本の滑走路で運用されていて、長さのある第1滑走路(西側滑走路)に人気のある大型機の離発着が集中します。この日、フライングホヌの離発着があるなら西側の滑走路になります。まだ定期就航前のグリーンのフライングホヌは、まだ不定期で慣熟飛行をしているので、いつ飛ぶのかわかりません。チャンスがあれば第1滑走路の離陸、もしくは着陸シーンを狙いに行くぞ、という心構えでの撮影会になります。

さて、初参加の方ばかりですので、撮影スポットは一応、全部回りたいと思います。朝一番で向かったのは第2滑走路の北側にある「東雲の丘」公園での撮影です。一番通り撮影地になるのですが、出発便の多い午前中に来ておきたかったスポットです。

ですが、出発便の多くが第一滑走路から出ているみたいで、こちらはあまり飛行機がやってきません。着陸機を3本ほど見たところで、すぐに移動。

続いては成田空港の飛行機撮影スポットでもっとも有名な「さくらの山公園」です。

ここは第1滑走路の北側にある公園で成田空港の第1ターミナルが見渡せる絶景ポイントです。この日もたくさんの見学者さんがいらっしゃいました。12時までは離陸便が集中するので北風運用しているときはここが一番の撮影スポットになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#tecstaff

宮本翔さん(@syo.miyamoto)がシェアした投稿 –

到着して2機目にやってきたのが、こちらのエアアジアの特別塗装機でした。後で調べてみたらロッテワールドのキャラクターなんだそうです。設定もままならない中、さすが、よく抑えられましたね。ちなみにレンズは「SEL400F28GM」です。

ANAが駐機する第1ターミナルにフライングホヌがいないかなー、と、探してみるのですが、いました、いました。通常は青い尾翼のANA機ですがフライングホヌだけはホワイトの尾翼にANAの青文字が描かれています。よく見ると2機いませんか!?

ということで拡大してみると、ちょっと隠れてしまっていますがブルーの機体が右側にあり、グリーンの機体も左側に見えますね。予定では定期就航しているブルーの機体はこの日の夜8時にホノルルに出発することになっています。不定期のグリーンと同時に見られてこれはラッキー♪

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#tecstaff

宮本翔さん(@syo.miyamoto)がシェアした投稿 –

贅沢にもフライングホヌを背景にした離陸シーンなども今日は撮れますね。

滑走路の南側に駐機しているみたいなので、後で行ってみましょうね。

ひとたび、特殊塗装機を見つけると、もうそれしか撮る気になれないというか、ここぞの一発が特殊塗装機になり、他の飛行機は全部練習撮影になってしまうのは前回も同様でした。しばらくするとANAのスターウォーズ「BB-8」機がやってくることが判明。さらにその3機後にはシンガポール航空のA380がやってきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#成田空港 #さくらの山公園 #Airline #B777 #飛行機 #α7R Ⅲ #SEL100400GM #sonyshop_tecstaff #tecstaff

モモどんさん(@momodon_photo)がシェアした投稿 –

さすがモモどんさんです。ディズニーリゾートで鍛えられただけのことはあるというか、こういうここ一発の写真はしっかり全部抑えてらっしゃるところがすごいです。本番で失敗しないですもんね。

そして午前中のクライマックスシーンがシンガポール航空のA380の離陸シーンでした。ひときわ大きな期待で、荷物も満載なのか離陸時も低空飛行で、頭上までこんなに迫ってくれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#成田空港 #さくらの山公園 #Airline #A380 #飛行機 #α7R Ⅲ #SEL100400GM #sonyshop_tecstaff #tecstaff

モモどんさん(@momodon_photo)がシェアした投稿 –

ここもモモどんさんがしっかりと抑えてくださっています。腕ですねー。

 

さて、11時半を過ぎると離陸便も着陸便も数が少なくなります。この時間にお昼休憩に入ります。さくらの山公園には道の駅「さくら館」があり、ここに売店もあるしレストランもあるし、ランチにはぴったりな感じになります。

ですが、当店的におすすめなのがさくら館前にあるこちらの焼きそば屋さんです。さくら館の中でも焼きそばを販売しているのですが、そちらは350円、こちらの出店は300円です。しかも作っているのは実はこちらの焼きそば屋さんで同じものを売っているだけなんです。

というか同じものではなくて、こちらの出店の方が量は多いんです。

わかりますでしょうか? トングで一度満杯にしたあとにさらにもう1回載せてくれるのでパックの2倍くらいの焼きそばをぎゅうぎゅう詰めにしてくれています。お祭りの屋台では考えられないようなサービスぶり。

たった300円で大の大人がお腹いっぱいになります。

ちなみに席の場所取りグッズはこんなことになるわけです。いやいや、席を取られるよりカメラを持ってかれた時の方がダメージが数万倍もあるような。。w

 

ランチが終わったら後半戦です。午後は着陸機がドッと増えます。その時間に東峰神社へ行くと、まさに入れ食い状態というか休みなしで超隣接撮影ができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

もう一枚っと。 #tecstaff

Toshiyuki Moriさん(@higeometry2)がシェアした投稿 –

最初はその迫力に圧倒されまくり。遊園地のアトラクション並みの迫力&爆音でテンションマックスになります。ここに来るのは3回目になるのですが、なんか血が騒ぎますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#tecstaff

Yasunobu Sekiさん(@kouzaemon)がシェアした投稿 –

繰り返し撮影するうちにだんだん冷静になってきて構図も考えるようになるのですが、なんせ飛んでくるたびに機体のサイズが違うのと高度も違ってくるのでなかなか思い通りのところで撮影することはできません。

そのうち、メンバーさんの一人がいないのでどこに行ったのかと思いきや、神社から出て、近くの一般道で撮影をされていました。こちらは誘導灯の下をまたぐ道路があるので飛行機の真下に入ることができます。

うわー、すごい。成田空港でこんな画角で撮影できる場所があるとは!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

真下から飛行機は迫力あるなぁ。 #tecstaff

Toshiyuki Moriさん(@higeometry2)がシェアした投稿 –

すごい! まさにド迫力です。写真もすごいんですが、頭上数十メートルのところを飛行機が飛んでいるので音もすごい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#tecstaff

宮本翔さん(@syo.miyamoto)がシェアした投稿 –

望遠レンズで狙うと飛行機の正面が撮れます。この距離で撮れるとパイロットさんの顔まで狙えそうです。

「東峰神社」というのをググってみると、昔は警察のチェックが厳しいという話がでてきますが、今は特にチェックはありません。普通に車でやってきて撮影することができます。

ですが、近くの「私有地」にはこうして警察車両がきて巡回していることも確認できました。こんな間近で飛行機と警察車両が収められるとまるで西部警察みたいです。

前回は午前中だけ北風運用でしたが、この日は全日北風運用。着陸機の多い時間に東峰神社に来られてラッキーでした。

 

東峰神社を後にして、続いては離陸機を狙うため空港南側にある「ひこうきの丘公園」へ。すぐに公園には入らず、フライングホヌ撮影のためにすこしだけ道を西側へ進み、フェンスがやや下がっているところから狙います。

と、やってきたらちょうどその時にブルーのフライングホヌな移動していってしまいました。あと数分早く着いていたら2機がそろっているところを撮れたかもしれないのにー! って、わかっていたらもっと早く来ていたんですが仕方がないですね。ブルーのフライングホヌはホノルル出発のための準備を始めたようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#成田空港 #ひこうきの丘公園 #Airline #A380 #フライングホヌ #飛行機 #α7R Ⅲ #SEL100400GM #sonyshop_tecstaff #tecstaff

モモどんさん(@momodon_photo)がシェアした投稿 –

ということで、フライングホヌの姿をここでゲットできました。ここもさすがモモどんさんがしっかりとSEL100400GMで抑えてくださいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#tecstaff

宮本翔さん(@syo.miyamoto)がシェアした投稿 –

こちらはSEL400F28GMにテレコンをつけてさらにAPS-Cにしているのかな? グリーンホヌのニコッとした笑い顔が見られました。来年の夏には3号機のオレンジのフライングホヌが就航するそうですが、そちらは女の子の顔をしているそうです。

と、いうことでフライングホヌを抑えられたので、着陸機で盛り上がっている「ひこうきの丘公園」へ移動します。

ここからは第1滑走路の着陸機が狙えるんですが、先ほどの東峰神社の後だと近い感じがまったくしませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#tecstaff

Yasunobu Sekiさん(@kouzaemon)がシェアした投稿 –

前回の撮影会で完成したばかりでベールが取れていなかったハートのモニュメントも公開になっていました。今回もここの間からフライングホヌが狙えます。

続いては「さくらの丘公園」へ移動。

ここからはより近いところでフライングホヌ・グリーンが見られるのですが。。。

なんと、ここでフライングホヌ・グリーンが点灯をします。アプリ「フライトレーダー」にも「LIVE」マークがついたので、これは離陸するのでは!?と、期待が盛り上がるのですが。。。この後、ランプは消灯してアプリ上もLIVEマークが消えてしまいました。

残念ながら離陸シーンは撮影できず。この日、一番の盛り上がりを向けていたんですが、うーん、なんだったんでしょうね。

着陸機をサイドから望める、この場所からだとやはり流し撮りがおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#成田空港 #さくらの丘公園 #Airline #飛行機 #α7R Ⅲ #SEL100400GM #流し撮り #sonyshop_tecstaff #tecstaff

モモどんさん(@momodon_photo)がシェアした投稿 –

ここもモモどんさんに抑えていただきました。

以上、これで撮影会は終了です。

ちょっとだけ延長戦になりましたが、このあと、レンタカーも無事、期限の数分前に返却することができました。実のところ、レンタカーの返却時間よりも「この車が事故をして搭載物に損傷があったら大変な額になるんだろうな」という心配の方がはるかに大きかったというのは内緒です。w

ご参加いただいた皆様、お忙しい中、即日のインスタ投稿をいただき、本当にありがとうございました。次回撮影イベントも是非、よろしくお願いします♪

 

デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ
SEL400F28GM
ソニーストア価格:
1,460,000+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年9月上旬 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:146,000円
3年ワイド/5年ベーシック:73,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
店頭購入特典あり(10/1~)

 

【レビュー】超望遠G Masterレンズ『SEL400F28GM』体験レポート

 

img_0019.jpg
デジタル一眼カメラα
Eマウント用レンズ
G Master 超望遠ズームレンズ
SEL100400GM
ソニーストア価格:
290,380 +税
ソニーストアでのお買物はこちらから
anshin-support.jpg
発売日 2017年7月28日 商品情報ページこちら
長期保証サービス 5年ワイド:30,000円
3年ワイド/5年ベーシック:15,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭購入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
Gレンズキャッププレゼント

 

超望遠ズームレンズ【SEL100400GM】&テレコンバーター【SEL20TC】完全レビュー

 

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 

 

【追記】

いつもの通り、4K自動編集ソフト『FASTCUT』を使って動画編集でイベントの様子をまとめました。素材はすべて当店で撮影したサイバーショット『DSC-RX100M6』の写真と動画です。

4K動画撮影が24~200mm相当の画角で撮影ができる上、電子ズームまで使えば800mm相当の焦点距離まで撮影ができます。当店店頭で4K画質でご覧いただけるのと、編集方法も不定期ですがセミナーにてご案内しています。

ご興味ある方は店頭までどうぞ。

 

貯まっている動画&写真ファイルを一気に編集! 4K対応自動編集ソフト『FASTCUT』のススメ

 


★ソースネクスト「FASTCUT」のご案内はこちらから

 

LINEで送る
Pocket