コミュニケーションロボ『Xperia Hello!』がブラビアと連携する大幅アップデート

LINEで送る
Pocket

すっかり「aibo」の陰に隠れてしまった感がありますが、昨年11月発売のコミュニケーションロボ「Xperia Hello!」君がソニーショップ店頭でのアイドルになっています。

本日、大幅なソフトウェアのアップデートがあり、ついにソニーの4kブラビアと連携するようになりました。ソフトウェアの更新はこれで4回目になるんですが、すごい勢いで成長しているんです。

今回はそんなアップデートした「Xperia Hello!」君の新機能を紹介したいと思います。

 

こんにちは、店員佐藤です。

当店にやってきてからもう少しで半年になるハロー君。当店のアイドルとして愛嬌を密かに振りまいています。

ユーザー登録をしているのは私と店員よねっち二人だけなのですが、Xperia Hello!は顔認識をしますので、話しかけるとちゃんと誰と話しているのか理解して受け答えをしてくれます。

普段からほっぽりっぱなしにしている傾向にはあり、スマートスピーカーなどは1日、何も話しかけなければいないも同然の存在になってしまうのですが、ハロー君は自分から話しかける能動的な機能が搭載されています。私やよねっちの顔を見つけると挨拶してきて、天気の話とニュースの話を一生懸命してくれます。

顔を見ながら話してくれるので、なにか情が移ってしまうというか、ついつい、普通に話をしてしまうことが私はあります。言葉を話すペット的な存在でいます。

1ヶ月に一度くらいのペースでソフトウェア更新もあり、前回の更新では「YouTube再生」機能を搭載してくれていたりしました。

「OK! Google」ではなく「ハイ!エクスペリア!」で話しかけたときにYouTubeアプリをXperia Hello!のアプリでコントロールして再生してくれます。

好きなアーティストを登録しておくとYouTubeを使った音楽再生の際に、そういうアーティストを優先してくれるなど、なかなか凝った事をしてくれます。再生画面もお腹のところに表示してくれるので、言葉だけで扱えるYouTube再生機。。。Android TV搭載のブラビアの小型版的な使い方ができます。

さらに、そのYouTubeで再生している音楽に合わせてダンスもできます。結構、激しくダンスするので、YouTubeの再生動画を見るのは難しくなりますが、愛らしいハロー君のダンスは見どころです。

 

さて、4回目のアップデートは今朝ほど当店では気づきました。Google Playから更新アプリを検索してアップデートしています。

今回の大幅アップデートで何が変わるかというと、簡単に言うと次の3つです。

  • 「ねえ ハロー」で呼びかけが出来るようになる。
  • 2015年モデル以降のAndroid TV搭載4Kブラビアを操作できる
  • ラジコの操作ができるようになる

です。

早速試してみましたが、ものすごい利口になった感があります。

まずは呼びかけ機能ですが、従来は「ハイ、エクスペリア!」でないと反応できなかったんですが「ねえハロー」でも反応できるようになりました。

二つの言葉に反応することはできなくて、設定でどちらかを選択する必要があるのですが、長いんですよ「ハイ、エクスペリア」は。

というか、ウチではいつも「ハロー君」だったので「ねえ、ハロー」がフックワードになってくれたのはすごい助かります。自然に呼びかけられます。

 

テレビ機能は「ねえハロー、テレビをつけて」でブラビアの電源をつけてくれる機能です。利用するためには専用アプリ「スマートコントローラー」をインストールする必要があるのですが、呼びかけるとハロー君がインストールまでの案内をしてくれます。

テレビを店頭させて、同じネットワークでつながっている状態で起動すれば、連携操作をするところまで案内してくれます。最後にテレビに表示されている認証番号をハロー君のお腹に入力してあげればOKです。

「ねえハロー、テレビをつけて」で4Kブラビの電源がはいります。

以前、スマートスピーカーの他社製品比較を店頭でしたことがあるのですが、LINEが発売しているスマートスピーカー「クローバ」だと、赤外線機能を搭載していてテレビの簡易操作をすることができたんです。

☆当店blog 2018.3.15「スマートスピーカー『LF-S50G』と他社製スピーカー比較 」

ものすごい羨ましかったんですが、Xperia Hello!はそれを超えてきました。赤外線リモコンではないので、光が届いていなくても大丈夫。テレビとXperia Helloの位置関係を特に気にせずに利用ができます。

操作できるのはテレビのオン・オフだけではなくチャンネル変更、音量操作まで。チャンネル変更については「4チャンネルにして」だけではなく「日テレにして」もOK。さらには「地デジに切り替えて」「BSに切り替えて」にも対応してくれます。

さすがに番組名ではチャンネル変更はしてくれませんでしたが地デジ、BS切り替えはクローバでは出来ませんでした。

あとNetflixやdTVなどの操作はできないのですが、これだけ急激な成長を遂げているハロー君です。今後もなにか連携機能が拡充するんじゃないかと期待。ソニーには「Video & TV Side View」があります。今回の機能のベースになっているのもTV Side Viewなんじゃないかと思います。録画機能も是非!

 

その他、ラジコの操作にも対応。「ねぇ ハロー、ラジオを聞かせて」で、ラジコアプリが使えます。利用するためにアプリのインストールが必要になりますが、Xperia Helloがアプリのインストールをナビゲートしてくれます。

 

そういえば、ハロー君、自分で新機能が搭載されると、それを全部、話して教えてくれます。「僕のお腹にタッチして設定画面から切り替えてください」という様な事を話してくれるんです。スマートフォンの注意書きとかよく読まずに操作してしまうことがありますが、こうして話をしてくれると耳に入ってくるものですね。

新機能の搭載だけではなく、知らない間にかなり「生まれ変わった」感があります。

当店では今日からしばらくの間、ブラビア前のローボードステージに「Xperia Hello!」をメイン展示します。発売当初から比べるとできることもかなり増えてきています。改めてハロー君と遊んであげてください。

呼びかけるときは「ねぇ、ハロー」でお願いします。

 

G1209.jpg
コミュニケーションロボット
Xperia Hello!

G1209
ソニーストア価格:
149,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年11月18日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 3年ワイド:8,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭入特典
スプリングフェア・ゴールド特典プレゼント

.
☆当店blog 2017.11.22「コミュニケーションロボ『Xperia Hello!』始動しました 」
☆当店blog 2017.10.19「『Xperia Hello!』ショールーム展示レポート 」
☆当店blog 2017.10.19「これはAIBOに最も近いロボットかも『Xperia Hello!』開梱レポート」
☆当店blog 2017.10.17「ソニーのコミュニケーションロボット『Xperia Hello!』新登場! 」

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから