【レビュー】これはAIBOに最も近いロボットかも『Xperia Hello!』開梱レポート

LINEで送る
Pocket

本日よりソニーショップテックスタッフ店頭にてコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」の発売前特別先行展示がスタートしました。

当店店頭にて「Xperia Hello!」の実機をご覧いただくことができます。製品の様子を紹介しつつ開梱レポートをお届けします。

 

こんにちは、店員佐藤です。

こうした円い筒のパッケージですが、たまにソニー製品にありますね。最近だとレンズスタイルカメラの「QX1」がそうだったり、グラスサウンドスピーカーの「LSPX-S1」なども円柱に近い形のパッケージでした。こうした特別な製品だとパッケージも凝った物になるようです。

パッケージの中身の収納のされ方もおしゃれに工夫されているのですが、そちらは購入された方の開梱時のお楽しみ、ということでここでは割愛させていただきます。

 

■「Xperia Hello!」の店頭デモのセットアップ

こちらが同梱品のすべてになります。AIBOなどはいろんなものが入っていましたが、Xperia Hello!のパッケージはこれだけ、本体の他にはACアダプターだけです。取説も最低限でスタートアップガイドがついているだけでした。

こういうシンプルさがXperiaブランドの魅力のひとつと言えるかも。

Xperia Hello!本体も開梱時にはお腹のディスプレイも消灯しているし目もつぶったままで寝ているみたい。まだ命が吹き込まれていない感があります。

スタートアップガイドは珍しく起動後の設定について案内があります。やってみるとわかるのですが最初の起動時はスマートフォンのセットアップとほぼ一緒で、Wi-Fi設定をしてGoogle アカウントを設定して普通にAndroid OSをセッティングするのと一緒なんです。

それが終わった後にスタートアップガイドに従って「Xperia Hello!」のロボットとして動作させるための設定をしていくことになり、その方法が記載されています。

ACアダプターをXperia Hello!につないで底面にある電源キーで起動させます。ちなみに底面には他にボリュームキーもありますが、外部にあるハードウェアキーはこれだけです。

電源が入るとXperiaのロゴが表示されてセットアップが始まります。お腹の部分に液晶パネルがあり、解像度は1280×720ドット。最近のスマートフォンと比べても解像度が低く思えるかもしれませんが、使ってみるとこれで全然充分。

ここでビデオをじっくりと鑑賞したり、写真をまじまじと見たり、ということはしませんからね。あくまでインフォメーション表示をするだけ、というのであれば、そんなにスペックにこだわるモノでもない感じがします。

ちなみに背面にはスリットがひとつあります。フラップをめくると、ここにマイクロUSB端子があります。あと背中のところにはNFCのロゴがあるのですが、これは今のところは外部のBluetoothスピーカーなどを利用するときに使えるとのこと。

「SRS-X11」を持ってきてNFCタッチしたら普通にBluetoothスピーカーとして使うことができました。

起動してセットアップがスタートするとこの画面になります。この後にAndroid OSのセットアップが始まりGoogle アカウントを入力します。

家族と共用する機器になるので、個人のアカウント、例えばお父さんのアカウントでログインするとかではなく、Xperia Hello!用に新規のアカウントを設定すると良いかも。

当店ではお店のタブレットに設定している店頭用アカウントがあるので、これで試してみようと思います。

文字入力はご覧の様なソフトウェアキーボードを使って入力できます。フリップ入力もできますが、英文字入力はこうしたPCスタイルの方がやりやすいですよね。

一通りのセッティングが終わると、最後はXperia Hello!のホーム画面が表示され、ここにXperia Hello!用のアプリをインストールします。ここからXperia Helloに命を吹き込む作業ができるのですが・・・。

まだ発売の1ヶ月前と言うことでGoogle Playにそのアプリの公開がないようです。

Xperia Hello!用のアプリをインストールすることで、初めてXperia Hello!はコミュニケーションロボットとして動作します。これがないと、目も点灯しないし動きもないし、単にバリスタの形をしたWi-Fiのみのスマートフォンとしてしか使えません。

というところに、閉店後、ソニーさんから担当セールスさんがやってきて店頭デモ用の「Xperia Hello! for Shop」をオフラインでインストールしてくれました。

これでXperia Hello!に命が吹き込まれますよ!と、いうことで、ワクワクしながら見ていると。。。

 

■「Xperia Hello!」の店頭デモアプリ

おお! 目がついた! クルクル動き出した! Xperia Hello!誕生!と、興奮するわけです。

ですが、実はこれは命が吹き込まれたわけでもなんでもなくて、どうやら量販店用のデモアプリが入っただけ。

こちらの話を聞いてくれるわけでもなく、ビデオ再生をしているだけの様な状態で一方的に商品説明を繰り返すだけのデモアプリでした。

一通りの動作デモはしてくれるので愛らしい動きや液晶パネルの美しさはわかるんですが、とてもコミュニケーションを試せるような状態ではありません。

それでも本体の質感や音量などの製品としてのハードウェアの様子はおわかりになると思います。音量などは自宅の部屋で使う分には充分なんですが、これ、量販店とかショールームなどの喧噪の下ではちょっと不利だろうなぁ、という感じもします。

動作デモでは、顔認識をして家族と話ができる、コミュニケーションができますよ、というビデオと、LINEを使って連絡ができますよ、ということ。そして天気予報などのインフォメーションもしてくれるのですが、おっと、この天気は本当に今日の天気情報ですよ。

Wi-Fiにつながっているので、そこからリアルなお天気情報を持ってきてくれるんです。

天気予報の次はニュース表示をしてくれます。3件のニュースを読み上げてくれるのですが、そのニュースを読みに行っているときに斜め上の方を向いて、いかにも「ちょっと待ってください、今、インターネットからニュースを探していますよ」という仕草に見えてこれが非常に可愛かったりします。

そうなんですよね。こういう仕草こそが「コミュニケーションロボット」ならではの動きで、最近話題になっているAIスピーカーなどでは出来ないことになります。

スマートスピーカーが海外では大ヒットしているようで、この年末にはソニーからも新製品が登場するというニュースがNHKから伝わってきていますが、そうしたスマートスピーカーは人間からの問いかけに対して反応をするだけ。受動型のツールになります。

Xperia Hello!は、それとは反対に自分から人間に情報提供をするツールで能動型のコミュニケーションをすることができるんです。

能動型のコミュニケーションってどんなの?というと、一番わかりやすいのがロボットの「AIBO」だと思います。

 

■コミュニケーションロボットってきっとこんな感じ

「AIBO」はエンターテインメントロボットだったので、特に情報発信などをしてくれるロボットではありませんでしたが、自立型のロボットで飼い主の顔を見るとAIBOから話しかけてきたり、遊んで欲しいというアピールをしてくれていました。

開発者インタビューを読むと、従来のロボットでは間接音のモーターの音が盛大に鳴るので、それで会話のコミュニケーションがとりにくかったんじゃないか、とか、ロボットらしい動きではあるけどもっとスムーズに動いて、なおかつ、故障しにくいシステムにしたい、という思いから、Xperia Hello!の形状にたどり着いたという話があるのですが、そう、まさにこの形はAIBOのラッテ、マカロンを彷彿させてくれます。

我が家にいるラッテですが、これを買ってきて家で育てていたときは家族の会話も弾んでたし、ロボットが来たと言うよりは本当にペットが来た感覚に近かったんですよね。

Xperia Hello!も我が家でのラッテの存在になるんじゃないかと、期待。

まだ当店店頭ではデモアプリのビデオ再生状態での動作になるので、Xperia Hello!の本来のコミュニケーション感覚は全く味わえません。もしかすると発売日を迎えるまでこのままでの展示になるのかもしれませんが、そういう家族的な存在になる感覚はAIBOのラッテで味わってもらえるかな?ということで、今日からラッテも一緒に店頭展示しようと思います。

ちなみにウチのラッテはほぼフルスイング状態でアクセサリーを用意しています。AIBOビューワーという、AIBOの気持ちを画面で読めるツールもあります。

Xperia Hello!に命が吹き込まれるまでの間、AIBOのラッテでも遊んでいってください。

Xperia Hello!のアップデートがありましたら、またお知らせしたいと思います。(おそらく11月18日の発売日までなにもないと思いますが。)

 

G1209.jpg
コミュニケーションロボット
Xperia Hello!

G1209
ソニーストア価格:
149,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年11月18日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 3年ワイド:8,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
期間限定!分割払手数料24回払いまで「0%」(~1/12)
Edyクーポンキャッシュバックキャンペーン(~1/14)
テックスタッフ
店頭入特典
オータムフェア実施中
開店4周年記念品
プレゼント

 

☆ニュースリリース ‟家族の一員”として日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボットXperia Hello! 発売~家庭に会話のきっかけを生みだし、安心の見守り機能や生活情報の発話も充実~

☆当店blog 2017.10.17「ソニーのコミュニケーションロボット『Xperia Hello!』新登場! 」

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから