【レビュー】192kHz/24bit対応のDAC内蔵ワイヤレスヘッドセット『SBH90C』体験レポート

LINEで送る
Pocket

昨年の左右独立型ワイヤレスヘッドホン「WF-1000X」発売から急激に世の中がワイヤレスヘッドホンシフトをしている感がありますが、またまたソニーさんから新型のワイヤレスヘッドホンが登場しました。

2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット』ということで、これもまたユニークなヘッドホンになっているんです。

USB type CでスマートフォンとUSB接続しスマートフォンからの充電に対応するのと、USB接続によるデジタル信号をヘッドホンに渡してヘッドホンのDACで192kHz/24bitのハイレゾオーディオを鳴らしてしまう、という新しいスタイルのヘッドホンになっています。

早速、試用してみましたのでレポートします。

 

こんにちは、店員佐藤です。

一見すると普通のワイヤレスヘッドホンでネックバンド部分にバッテリーやワイヤレス通信の装置を入れる、既存の「WI-1000X」みたいなヘッドホンなんだな、という外観。

面白いギミックとしてはイヤホン部分のお尻のところにマグネットが仕込まれていて、ペタッと左右のイヤホンがくっつき、このままカバンに入れていてもコードが絡まない、という工夫がある点。

何日か通勤で試してみましたが、確かにこれだけのことでコードは絡まなくなります。カバンから取り出して、そのまますぐに使えるのでストレスなしです。

さて、最大の特徴であるUSB端子を見てみると。。。

こちらが付属のUSB type Cのコードです。両端がUSB type Cになっているのですが、ヘッドホン側はやや特殊形状になっておりコードがガッチリとはまるようになっています。

スマートフォン側は2016年秋に発売された「Xperia XZ」です。この世代からスマートフォンの充電端子がマイクロUSBからUSB type Cに変更されています。

「SBH90C」でUSB接続する場合はスマートフォン側がUSB type Cである必要があるため、ウォークマンやマイクロUSB端子のスマートフォンではデジタル接続はできないことになります。

Xperia XZよりも前の世代のスマートフォンをお使いの方は要注意です。

対応機種とUSB接続をすると、これでハイレゾ伝送ができます。192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応しています。

ワイヤレスのBluetooth接続から切り替えると、急に音のダイナミックレンジが広がる感じがします。スマートフォンでDA変換をするのではなくヘッドホンのD/Aコンバーターを使うというのはなかなかのアイデアです。

USB接続をすることにより、スマートフォンからSBH90Cへの給電も始まります。

この手のワイヤレスヘッドホンの場合、ヘッドホン側のバッテリーが切れたときにステレオミニプラグで有線接続をすることで緊急避難的に使うことができましたが、SBH90Cでも同様、バッテリー切れの際にはこうしてUSB接続することですぐに使えるのと、同時に充電が進むので、しばらく充電すれば、またワイヤレスで使えることになります。

しかも、音質的にはUSB接続の方が段違いに良くなります。

お気に入りのアーティストの新曲をmoraでダウンロード購入して、ここは一発、気合いを入れて聞きたいぞ!というときにも、おもむろにUSBケーブルを取り出して有線接続をして、ハイレゾオーディオ再生をする、なんてことが可能。

ワイヤレス接続ではSBCコーデックに加えて、AACとaptXに対応。ハイレゾ伝送が可能なLDACに対応していないのはUSB接続ができるから、なんでしょうかね。

ワイヤレス接続時も音の遅延はほとんど感じられませんでした。動画再生時にも不自然な音の遅れなどはありません。接続は遅延の少ないapt Xを使っているせいもあるのかも。

USB接続時も遅延はほぼ感じられませんので動画再生派にも受け入れられると思います。

イヤホンのキャビネットの中には9mmのヘッドホンドライバーユニットが入っているそうで、広帯域の再生を充分してくれています。低域の音も力強く感じられます。

イヤーピースは2種類の硬度を組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用。しっかりとした装着感があります。

USB type Cケーブルの他に通常のUSBケーブルも付属します。ACアダプターにつないで充電が出来るほか、Windows 10 PCとの接続にも利用ができます。

サウンドプロパティから192kHz/24bitの出力設定にすれば、PCでもハイレゾオーディオを楽しむことができます。

使い方もスマートフォンとPCと2WAYになります。

電源ボタンはネックバンド部分の右側にあり、もこっとした盛り上がりのところを押すと電源のオンオフができます。

電源オンでは上に上がっていくような「ピロピロ ピ!」という小気味の良い音がします。電源オフでは逆に下がってくる音で「ポロポロ ポポ」という音になります。単音だけではなくメロディになっているので電源の切り忘れなどもこれなら大幅に防げそうです。

シリコンをコーティングした本体の質感はしっとりしていて良い感じです。

カラーはブラックとシルキーベージュの2色展開になっています。ワイシャツの襟の周りに配されることを考えるとシルキーベージュの方が良い感じで使えるかも!?

以上、2-way USBオーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセットの「SBH90C」の紹介でした。

ソニーストアでは7月30日まで送料無料キャンペーンを開催しています。My Sony IDをお持ちの方が使えるAV商品10%オフクーポンの利用も可能です。

スマートフォンをミュージックプレーヤーとして使っていて、ハイレゾオーディオに興味がある方、その第一歩にふさわしいヘッドホンだと思います。

ソニーストアでは21日より出荷がスタートしています。

 

2-way USBオーディオ&
ワイヤレスステレオヘッドセット

SBH90C
ソニーストア価格:
19,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年6月23日 メーカー商品情報ページ
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料(~7/30)
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
サマーフェア特典あります
3年ワイド保証半額クーポンプレゼント(~7/31)

 

☆当店blog 2018.5.16「USB接続とBluetooth接続の2-Wayスタイルで使用できるイヤホン『SBH90C』新登場」

☆ソニーモバイル ニュース&トピックス「USB接続による高音質なハイレゾ音源の再生など新しいリスニングスタイルを提案するヘッドセット2モデルを発売」

 

【比較検討したいワイヤレスヘッドホンはこちら】

ワイヤレスノイズキャンセリング
ステレオヘッドホン
WI-1000X
ソニーストア価格:
34,880円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年10月7日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証サービス 5年ワイド:4,000円
3年ワイド/5年ベーシック:2,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料(~7/30)
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
サマーフェア特典あります
3年ワイド保証半額クーポンプレゼント(~7/31)

☆当店blog 2017.10.6「待望のインナーイヤー最強ノイキャンヘッドホン『WI-1000X』開梱レポート」
☆当店blog 2017.10.3「ウォークマン&ハイレゾのプロモーションスタート 」

☆当店blog 2017.9.8「進化したノイキャンワイヤレスヘッドホン『WI-1000X』『WH-1000XM2』ショールーム展示レポート」
☆当店blog 2017.9.5「【プレスリリース】ワイヤレスヘッドホン『1000X』シリーズ日本正式発表」

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから
SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから