新レンズ『SEL24105G』のプレスリリースと『400mm F2.8』開発発表

LINEで送る
Pocket

“α7R3″ボディのプレスリリースと同時にF4通しで使える新型ズームレンズ「SEL24105G」と、400mm F2.8単焦点レンズの開発発表もありました。

 

こんにちは、店員佐藤です。

APS-Cセンサー用のEマウントレンズには「SELP18105G」という標準ズームよりも高倍率なズームレンズになっていて価格もお手頃な製品がありましたが「SEL24105G」もそれに近いイメージのレンズかもしれません。

使用頻度の高い画角を幅広くカバーしておりレンズ交換をせずに思い通りの撮影が楽しめそうで、掲載されているサンプルもいろいろなバリエーションの写真が用意されています。

最短撮影距離は0.38mで最大撮影倍率は0.31倍となっています。こうした近接撮影でテレマクロ的な撮影ができるのは魅力です。

高度非球面AAレンズ2枚を含む4枚の非球面レンズにより収差を良好に補正。ナノARコーティングの採用により高い逆光補正を実現するなど、最新技術を投入できるソニーGレンズならではの製品になっています。

フルサイズ用としては24-105mmのズームレンズとしてクラス最軽量になる663gはミラーレス一眼カメラ”α7″シリーズと組み合わせることで高い携行性を実現します。

希望小売価格は165,000円(税別)という設定になっています。ブランドレンズの場合、ソニーストアでは希望小売価格の1割引きで設定されることが多いので、ソニーストア価格は148,500円前後に設定されると思います。

「SEL24105G」もソニーストアでの先行予約販売は10月31日10時からの予定となっています。

 

☆ソニープレスリリース「本格的な静止画・動画撮影に対応し中望遠までカバーする小型軽量Gレンズ『FE 24-105mm F4 G OSS』を発売」

☆ソニー商品情報サイト「SEL24105G」商品ページはこちらから

☆ソニー商品情報サイト「SEL24105G」撮影サンプルはこちらから

 

そして、こちらは開発中のアナウンスのみとなりますが400mm F2.8のGマスターレンズが開発中で2018年夏に商品化されるとなっています。

なんせ2020年には東京オリンピックがありますし、Eマウントレンズはこうした望遠レンズにあまり種類がないので、望遠レンズはこれから急ピッチで出てきそうです。

400mm F2.8 Gマスターレンズについては詳細の発表はまだありませんが、こちらもCP+2018くらいのときにその姿を現してくれますかね!?

 

 

SEL1635Z.jpg
デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ
SEL24105G
ソニーストア価格:
149,630+税
ソニーストアのご利用はこちらから
anshin-support.jpg
発売日 2017年11月25日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:15,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:8,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
送料無料
ソニー提携カード決済で3%オフ
残価設定クレジット 分割払手数料0%キャンペーン(~1/15)
24回分割払手数料0%キャンペーン(~1/15)
αあんしんプログラム入会金無料キャンペーン中!(~1/15)
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
オータムフェア店頭購入特典
開店4周年記念品プレゼント中

 

☆ソニープレスリリース「焦点距離400mm F値2.8のGマスター™大口径超望遠レンズを開発中2018年夏に商品化へ」」  

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから