【レビュー】ウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』展示レビューレポート

LINEで送る
Pocket

9月14日発表で今週後曜日の9月17日からソニーショールーム/ソニーストア銀座で展示がスタートしてるウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」の展示レポートです。

肩載せスピーカーで振動が肩に伝わるという新発想のスピーカーを早速試させてもらってきました。

 

こんにちは、店員佐藤です。

ソニーのテレビ用スピーカーでユニークな製品というとお手元テレビスピーカーの「SRS-LSR100」が真っ先に思いつきます。リモコンにスピーカーを搭載したのでは無く高音質なステレオBluetoothスピーカーにリモコン機能を搭載したモデルで音声は赤外線では無く無線で伝送する。そして電源も乾電池駆動ではなくクレードルに載せて充電するという使い勝手を考え込まれた製品で、テレビ音声を聞き取りにくくなった高齢の方へのプレゼントにまたとない製品だと思います。

それとデザイン共通というわけではないんでしょうけど、今度は思い切りエンターテイメントに振った形でユニークな製品が出てきました。

ヘッドホンでは無く、肩にかける形で耳元で音声を出しつつ、ボディソニックの如く、本体の振動で低域の音を体に伝えてしまおう、当然、音声信号の伝送は無線で、というものです。

一見すると、これはどういう使い方をするんだ?という形ですが、もちろん、これは頭にかけるわけではありません。

ショールームでもちゃんとイラストを用意して説明をしてくれていますが、こうして肩に載せる形で着用します。本体からヘッドホンなどを引っ張って耳に入れるとかのスタイルでは無く、この本体ボディ自体がスピーカーになっていてここから音がします。

こんな感じで装着。見るからにこれでは変なところから音が聞こえる感じに見えますが、それがそうでもなくこんなところから音がしていても前方方向に音が定位するから不思議。

操作は本体についている4つのボタンのみで行います。ボタンがアイコンの通りに突起しているので指で触ってもどれがどれなのかすぐわかるようになっています。

見えないところを操作するので、こういうのは大事。

慣れれば問題ないんですが、慣れるまでも指でなぞるとプラスの形がわかるので、あ、左側がボリュームだな、というのは理解できます。

右側には電源ボタンと波の形のボタンがあります。波の形のボタンがバイブレーションの強弱を調整する機能です。

バイブレーションと言っても、バイブレーター機能が搭載されているのでは無く、パッシブ・ラジエーターと言って、スピーカーの裏の背圧を利用しているとのこと。音を出すための30mmフルレンジスピーカーだけで、このバイブレーションを起こします。

バイブレーションの強弱は3段階で調整ができるのですが、強にすると絶対にこの本体にパワーユニットが入ってるだろ!?というくらいの強烈なバイブレーションを味わえます。

このときはBDソフトの「アメージングスパイダーマン」をデモで流してくれていましたが、サブウーファーの威力を最強にしている感じで映画音声が楽しめます。

サラウンドスピーカーではありませんし、5.1chサラウンドみたいな音の方向性は感じられないのですが、自分の周りに広がる音の空間は味わえます。

冷静になって音を聴くと、低域の音とかは聞こえてこないんですが、その代わりにズシンズシンとバイブレーションが来るので頭が勘違いしてしまう感じ。どんなに大きなサブウーファーが用意されててもここまで襟は震えないだろう、というくらいのバイブレーションがガンガンきますからね。

30mmのフルレンジスピーカーは、こうしてユニットの先端に立てられて入っています。そこからスリットを抜けて上に聞こえてくるんですが、なるほど、こうしてドライバーが前の方にあるから前方に音が定位するんですね。

音の伝送はこちらの送信機から送られてきます。2本のラインがつながっていますが、ひとつはマイクロUSBケーブルでACアダプターを経由して電力をもらっています。もう1本は光デジタルケーブルでブラビアの光デジタル出力とつながっています。

他にアナログの音声ケーブルもあってテレビのヘッドホン端子とつなぐこともできます。これらのケーブルはすべて付属するので本体だけ購入すれば、別途ケーブルを購入する必要はありません。

もうひとつの白い塊は充電クレードルでこの状態でネックスピーカーの充電を行います。満タン充電まで3時間かかるそうですが、連続使用時間は7時間とかなり長めです。

お手元テレビスピーカーの様に、テレビ音声が聞き取りにくい、という方はこれを常時肩に載せて置くと良いかも。ワイヤレスなのでテレビから離れられない、ということもなく自由に動き回ることができます。

またヘッドホンと違って周りの音をすべて遮断するのでは無く、ちゃんと周りの音も聞こえるのもメリット。リモコンのない新しいお手元テレビスピーカーですね。

ちなみにブラビアに搭載しているサラウンド機能は利用できないかというと、これはテレビスピーカー用にチューニングされているようで、テレビ本体のスピーカーから音が出ているときしか利用できない、というメッセージが出ていました。

音質モードは効きますので、お手元テレビスピーカー的に使うようであれば「くっきり音声」などにすると良いかも。

音の広がりを楽しむなら「シネマ」や「ミュージック」モードにすると良さそうです。

本日、値下げすることが発表になったPlayStation VRと組み合わせて使うのも良いかもしれません。VRでプレイする場合はヘッドホン使用が前提になっていますが、ヘッドホンにすると視界が全部奪われているところに持ってきて、音声情報もまったくなくなってしまい、かなり情報的に孤立することになります。

ヘッドホンの代わりにネックバンドスピーカーにしておけば、ゲーム音声以外の音も情報として入ってきますので、プレイが安心できそう。

しかも、重低音はバイブレーション機能でズシンと来ますからね。

グランツーリスモSPORTとか、エースコンバット7などをPlayStation VR+SRS-WS1でプレイしたら楽しそうです。(最も効果があるのはバイオハザードとかのホラー系なんでしょうけど。)

ソニーストアではすでに先行予約販売が開始されています。10月14日のお届け予定となってます。

我が家もそうですがサブウーファーをガンガン鳴らしてのゲームプレイとか映画鑑賞はなかなか出来ないので、そういう重低音ホームシアター気分を味わうのにいかがでしょうか?

また、お手元テレビスピーカーをもう1歩先に進ませたスピーカーとしてもお使いいただけると思います。

 

ウェアラブルネックスピーカー
SRS-WS1
ソニーストア価格:
24,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年10月14日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:3,000円
3年ワイド/5年ベーシック:2,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

☆ソニー プレスリリース「映画やライブ、ゲームを臨場感あるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー発売」

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 

LINEで送る
Pocket