ドコモから20GB・2,980円のコースプラン『ahamo(アハモ)』発表

LINEで送る
Pocket

今日のトップニュースはなんと言ってもこれではないでしょうか? ドコモから新しい「コース」発表があり、来春から月間20GBのデータ量で月額2,980円の「ahamo」が発表になりました。

菅総理から相当な圧力がありましたが、かなり低価格路線のコースが登場します。

 

こんにちは、店員佐藤です。

本日、ドコモから新しい支払いコースとして「ahamo」が発表になりました。当初はドコモブランドではなくサブブランドで予定をしていた物が総務省からサブブランドではまかり通らないという圧力が出て、ドコモの「新コース」という位置づけになった様に見えます。

コースの一部ではありますがサービス開始から5月くらいまではナンバーポータビリティの手続きが必要だったり不自然なところがあるのはそういう理由ではないか、というところ。

新しいコースとして月額2,980円で、データ通信20GB、5分以内の通話料無料で5G通信も含むとなっています。

現在のコースで比較すると5Gギガライトのデータ通信1GBがそれに近い価格になり、これに5分以内の通話コース700円を足すと3,680円。ここから従来の支払いコースでは家族回線割引きなどがあるのですが、データ通信量は1GBですからね。20GBと言わずとも5GBを超える通信をすると月額5,980円まで跳ね上がってしまい7,000円~8,000円払っている、と言う方が多いはず。

それが家族割引とか使えなくても20GBの通信量で2,980円というのはかなりのお得感です。(だったら10GBで1,480円というコースも欲しいところですが、それは言い過ぎですかね!?)

ただし、この「ahamo」はオンライン手続きのみの取り扱いで、いわゆるドコモショップでの手続き対応などは行わないことになっています。店頭ショップでの手間と人件費を削減して実現する低価格の支払いコースということになります。

 

来年春(2021年3月)からのスタートで、その時には従来の「ギガホ」「ギガホライト」などのコースの見直しも行うとなっていますので、サービスインの時点ではもうちょっと比較検討できるようになっているかと思います。それと、auやソフトバンクもこれに追随して同じ様な支払い体系のコースを用意すると思われますが、携帯料金の本格的な値下げがこれでやってきますね。

今日のニュースだけ見ると、auさんやソフトバンクユーザーさんでも「これはドコモに乗り換えるか!?」と、思われると思います。SIMロックを解除してもらえばキャリアの引越もできそうに思えますが、実は日本のスマートフォンはそれがそう簡単にはいかないようになっています。

なぜかというとSIMロックは解除されていても対応する周波数がキャリアごとに違っていて、キャリアで販売しているスマートフォンでは他社の電波で通信ができないことがあるからなんです。

    docomo   au   SoftBank Rakuten
ドコモ、ソフバンのメインバンド Band 1 2.1GHz  
楽天のメインバンド Band 3 1.7GHz
ソフバンのプラチナバンド Band 8 900MHz      
  Band 11 1.5GHz    
auのメインバンド Band 18/26 800MHz    
ドコモのプラチナバンド Band 19 800MHz      
  Band 21 1.5GHz      
各社プラチナバンド Band 28 700MHz  
  Band 41 2.5GHz    
  Band 42 3.5GHz  

 
こちらの表はキャリア毎に使っている周波数をまとめたものになります。国から与えられた周波数を使って、各社ともサービスをしているのですが、ドコモのプラチナバンド「Band 19」などは他社では使っていません。Band 21などもそうです。

逆にauで使っているBand 18/26も他社は利用をしていません。この周波数を使うキャリアでは通信品質が落ちてしまうというわけです。

下記の表は実際にドコモとauで販売されているXperia 1 IIで利用できる周波数をまとめたものになります。

Xperia 1 II SO-51A SOG01 XQ-AT42
    docomo   au   ソニーストア
SIMフリー
ドコモ、ソフバンのメインバンド Band 1 2.1GHz
楽天のメインバンド Band 3 1.7GHz
ソフバンのプラチナバンド Band 8 900MHz    
  Band 11 1.5GHz    
auのメインバンド Band 18/26 800MHz  
ドコモのプラチナバンド Band 19 800MHz  
  Band 21 1.5GHz  
各社プラチナバンド Band 28 700MHz
  Band 41 2.5GHz
  Band 42 3.5GHz
5G n77 3.7GHz
n78 3.7GHz
n79 4.5GHz  
n257 28GHz      

※後日、本体ソフトウェアアップデートにて対応 

一番右にあるのはソニーストアで販売している「SIMフリー」モデルになりますが、キャリア版と違って対応している周波数が多いというか、ほぼ全てに対応しているのがわかります。

そうなんです、キャリアを自由に選んで通信ができるのはキャリアで販売しているスマートフォンではなく、最初から「SIMフリーモデル」として販売しているモデルだけなんです。

ソニーの「Xperia」では今年の夏から、ソニーストアにてSIMフリー機の販売を始めていて、これだったらauでもソフトバンクでも、楽天モバイルでも、ドコモでも安心して利用ができる、というわけです。

これまでは通信料金の高いドコモをメイン回線にして、1年間無料で利用ができる「楽天モバイル」をサブ回線にし、デュアルSIMで2回線をセットできるのがメリットと説明してきましたが、いやー、今日を境にちょっと話が変わってきますね。

楽天モバイルは月額2,980円の通信料で5G対応、データ通信無制限となっていましたが、サービスインが今年の春からで首都圏の基地局が23区内と周辺一部のみという段階。データ使い放題ができるのは都内だけなんですが、それと、日本でもっとも通信網が発達しているドコモの2,980円と比較されることになります。

20GBの通信制限がありますが、一般の方の使い方だと20GBまで通信をすることはあまりないかと思います。私も大体5GBくらいしか使っていないので、そういう人からすると20GBはほぼ無制限に近い状態です。

楽天モバイルの「UNLIMITED V」は自社基地局の利用時には通信料無制限ということと通話無料がウリとなります。都内で毎月20GBを超える通信をしている方にはメリットがありますが、それ以外の方には同じ価格だとちょっと選択が厳しくなるかも。

半年間お世話になっている楽天さんには申し訳ないのですが来年3月になったら2,980円は楽天モバイルではなくて、ドコモに支払うことになるかも。

こんなことを計算できるのもソニーストアのSIMフリーモデルの「Xperia 1 II」「Xperia 5」を使っていればこそですね。

 

ということで、早速「ahamo」の契約を予定してしまうところですが、今日から「ahamo」の公式サイトがオープンしていて、先行エントリーをするとdポイント3000円分がもらえるというキャンペーンを行っています。

今日からサービス開始日前日までに、電話番号とメールアドレスを申し込んでおけばOKです。これで申し込みに必要な手続き案内もメールでくるそうです。

ということで、私も「ahamo」の先行エントリーを完了しました。

「ahamo」のサービス開始までは「楽天モバイル」を無料で利用して「ahamo」のサービス開始と同時に乗り換え、ということが可能です。

 

しかし、ソニーストアもすごいタイミングでSIMフリーXperiaの販売を開始しましたね。いまもフラッグシップモデルの「Xperia 1 II」については品薄で需要に供給が追いつかない状態になっていますが、来年の春になって、各社新サービスの発表があると「SIMフリーモデル」の人気はさらに高まるかも。

この年末が買い時かもしれませんね。オンラインでのキャリア契約に慣れる意味でも、これから春まで「楽天モバイル」も契約して、デュアルSIMを体験してみてはいかがでしょうか?

 

☆ドコモ新サービス「ahamo」公式サイトはこちらから

 

Xperiaスマートフォン
SIMフリー対応モデル 

 Xperia 1 II
ソニーストア価格:
124,000円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2020年10月30日 メーカー商品情報ページ
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
24回分割払手数料0%キャンペーン
「nuroモバイル」キャッシュバックキャンペーン
Xperia乗り換えキャンペーン

テックスタッフ
店頭ご利用特典
☆テックスタッフ店頭ご利用特典

 

これがスマートフォン改革! ソニーストアのSIMフリー『Xperia 1 II』詳細レビューレポート

 

Xperia 1 II
Style Cover with Stand

 XQZ-CBAT
ソニーストア価格:
3,480円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭ご利用特典
☆テックスタッフ店頭ご利用特典

 

Xperiaスマートフォン
SIMフリー対応モデル 

 Xperia 5
(J9260)
ソニーストア価格:
69,000円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2020年8月28日 メーカー商品情報ページ
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
24回分割払手数料0%キャンペーン
「nuroモバイル」キャッシュバックキャンペーン
Xperia乗り換えキャンペーン

テックスタッフ
店頭ご利用特典
☆テックスタッフ店頭ご利用特典

 

【レビュー】ソニーストア SIMフリー『Xperia 5』で使う「Rakuten UN-LIMIT」 楽天モバイルはどこまで使えるか実地レポート

 


☆ソニーストア スマートフォンアクセサリーのご案内はこちらから

 

■アンケートに回答で500円分のお買物券プレゼント!

アンケートに回答いただくと、ソニーストアで使える500円分のお買い物券をもれなくプレゼント。回答にはMy Sony IDの登録が必要です。

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 

LINEで送る
Pocket