【レビュー】スマートスピーカー『LF-S50G』ショールーム展示レポートと『ピカチュウトーク』

LINEで送る
Pocket

1週間遅れのレポートになります。先週金曜日からソニーショールーム/ソニーストア銀座で展示がスタートしたスマートスピーカー「LF-S50G」の実機を拝見させてもらってきましたのでレポートします。

正直「スマートスピーカー」とか「AIスピーカー」って話題にはなっていますが何をするものなのか、私もわかっていません。スタイリストさんに丁寧に教わってきましたので、お話をそのまま紹介します。

 

こんにちは、店員佐藤です。

このスマートスピーカー「LF-S50G」の前に、149,880円で販売されている「Xperia Hello!」があります。さらには当店での取り扱いができませんがロボット犬の「aibo」も登場しました。

これらの一番大きな違いはなにかというと「トリガーワード」になります。「LF-S50G」は「OK! Google」で機能がスタートし「Xperia Hello!」は「Hi! Xperia」なんだそうです。aiboは詳細が販売店にはありませんのでわかりませんが日常会話のいろいろな言葉、フレーズがトリガーワードになっていて、例えば「お手」などもトリガーワードになります。

家電に声をかけて操作する、ということ自体に、まだ我々は慣れていなくて、唯一、今、私が店頭でおこなっているのはブラビアの音声検索くらいです。それもスタートはリモコンのマイクボタンを押す、という操作から始まっているわけでトリガーワードがある機種ではないんです。

「OK Google」って果たして声をかけることができるかなー。あと、声でどんな操作ができるんだろう? という思いを持って恐る恐るソニーショールーム/ソニーストア銀座へお邪魔するわけです。

 

■スマートスピーカー「LF-S50G」はこんな製品です

「LF-S50G」が展示されているのは5Fのオーディオ&ブラビアのフロアです。31日時点では2カ所に展示があり、スピーカー単体の展示とブラビアや照明器具と連動する展示があります。

スタイリストさんにデモをお願いすると、こちらのブラビアなどと連動して動作する展示場所へ案内されます。

スピーカーのメッシュは脱着式になっていて簡単に外せることからデモ。一番の特長はオーディオメーカーのソニーならではの機能として音質に優れていることをここで紹介してもらいます。

底面と天面からスピーカーが対向して搭載されていて、それを円錐形のディフューザーで360度に音を拡散させるため、どの角度から聞いても高音質が楽しめるモデルとなっています。こんな小さなスピーカーが2WAYになっているってスゴくないですか?

結論から言いますが、このスマートスピーカーの一番の活躍場面はやはり音楽再生をしているシーンになるので「音質」というのは非常に大事。ショールームというあちこちで音が鳴っている場所(右方向にはPlayStationコーナーがあり、背面には多数のブラビアが並んでシアターサウンドを鳴らしています)で、ある程度の音量を出して音楽が楽しめるというのはかなり出力もあります。

これで音が割れて聞こえないのは優秀だと思います。

ご家庭でここまで大きな音量で使うことはないと思いますが、音楽再生をしたときにしょぼい音しかしなかったら、いくらスマートスピーカーとして機能が優れていても長くは使えないと思います。

さすが、ソニーのスマートスピーカーです。

 

■「LF-S50G」はこんなことができます

さて、ここから動作デモをするのですが「OK Google!」って声を出すのは恥ずかしいですよね。そういうときはこうするんですよ、と言って、スピーカーの天面を奥から手前に手をかざすんです。

これが「OK! Google」というトリガーワードの代わりになり、次は普通に操作するための音声を入力することができます。どんなことができるのか言葉の入力をお願いすると、こんなワードで操作をしてくれます。

「曲を再生して」
「次の曲を再生して」
「元気な曲を再生して」
「この曲はなんていう曲?」

おお、なるほど! この曲はなんの曲?は良いですね。

再生出来るのはGoogle MusicとSpotify、インターネットラジオなどになるのですが、知らない曲が再生されたときに曲名を聞いて、それをメモっておいてあとで楽曲をハイレゾで購入しようとか、そういう使い方ができそう。

そうか、この延長で、なにかちょっと聞きたいことを話しかけるようにすると、スマートスピーカーって割と日常生活で普通に使える物になるのかも。

というのも、私は結構「ググレカス」野郎で、お店の中でも店員よねっちになんでもかんでも話で聞いちゃうんですよ。それくらいググれよ、と、言われたことはありませんが、きっと心の中で思っているんだろうなぁ、と、自分でも思うくらい調べるのが面倒でつい聞いてしまうんですが、自宅で1人で居るときは当然そんなことはしていないわけです。

1人で自宅に要るときにスマートスピーカーがあったら良いかも。キーボードを打つのが面倒ではなくて、ブラウザで新しいタグを開くのが面倒でつい声に出してしまうことを、スマートスピーカーでググれると新しい世界が待っているかも。

ジェスチャーアクションはいろいろ他にもあって、面白いのはボリューム調整です。天面にあるSONYロゴのあたりを指でクルクルと小さな円を描くと、それでボリュームが大きくなったり小さくなったりします。

また「ボリュームを20%で鳴らして」というとボリューム量を20%にしてくれるという技も。

スマートLED照明「Philips Hue」に連動して照明の操作もできるということでデモをしていただきました。お客様からはLife Space UXのLED電球スピーカーと連動できたら良いのに、という声をたくさんいただいているそうですが、あれはBluetooth通信しかできません。Wi-Fi接続が必要になるんでしょうね。

この状態で灯りをつけて、というと電球がつきます。

遠隔操作でラベンダーカラーの電球がつきました。

これを「ライトを山吹色に変えて」というとカラーが変更されます。

なるほどー。こうして声だけで家電の操作ができるのは面白いですね。ブラビアもアップデートにより機能をいろいろ搭載するらしいのですが、Android TVなので、すでにいくつかの機能が利用できるとのこと。

その一つがYouTube再生です。そうか、スマートスピーカーって音声出力しかできないので動画再生とかできないじゃん、とか思っていたのですが、この手があるんですね。

YouTubeの動画検索などにも使えます。

Android TVでなくてもChrome Castに対応しているそうなので、Chrome CastをHDMI端子に挿せば、LF-G50Sの使いどころが一気に増えそうです。うちもAndroid TV搭載のブラビアはまだありませんので、Chrome Castを使って試してみたいなー。

というところで、お忙しいところ、ざっと紹介をしてもらってきました。

予想よりも対応するワードが多い(ほかにもいろいろ聞かせてもらってきました)ので、使いどころはいっぱいありそう。

Xperia Hello!と違って、能動的になにか語りかけてくることはありませんが、検索ツールとしてはかなり優秀かも!

というところで、こんなニュースが飛び込んできました。

 

■LF-S50Gのキラーコンテンツになるか!「ピカチュウトーク」


☆インプレス ケータイWatch『AIスピーカーで「ピカチュウ」と会話、Google HomeとAmazon Alexaで』

「ポケモン Go!」でおなじみのポケモン社が昨日のニュースでスマートスピーカー向けに「ピカチュウトーク」というのを年内にリリースするそうです。

詳しくは記事をご覧いただきたいのですが「OK! Google」の後に「ピカチュウを呼んで」と声をかけるとスマートスピーカーがピカチュウトークに切り替わるんだそうです。

基本的にピカチュウが口にするのは「ピカ」とか「ピカチュー」「ピカピカ」という言葉だけなのですが、そのイントネーションなどで感情を発するのがピカチュウです。そういうスマートスピーカーにしてくれるそうです。

年内リリースで利用料は無料とのこと。

うちにも1/1ピカチュウのぬいぐるみがあり、このぬいぐるみは同様にピカピカとしゃべるんです。明かりに反応するので電気を消すと「ピカチュー、ピカピカピカー」とか話すので、いつも自宅のリビングではおやすみピカチュー的な扱いをしているんですけど、これがスマートスピーカーで楽しめるわけです。

LF-S50Gにピカチュウのぬいぐるみをかぶせてしまいたくなるくらいなのですが、いや、そんなことをしなくてもスマートスピーカーの隣にピカチュウのぬいぐるみを置いておくだけでもいいかも。

ピカチュウの声を高音質に聞くためなら、やはり高音質スピーカーを利用したいし、これがソニーのLF-S50Gを使うための最も強力なキラーコンテンツになるような気がしてなりません!?


スマートスピーカー「LF-S50G」は12月9日発売となっています。まだ到着まで1か月ほどかかります。

Chrome castとの連携をすると電源連動でテレビをChrome Cast経由で電源を入れられるという話もあるそうで、当店でも店頭展示をする予定なのですが実機がきたらピカチュウトークを含めていろいろ実験してみたいと思います。

照明操作などを試したい!という方は11月30日までの期間限定キャンペーンでスマートLED照明とのセット販売も行われています。ご興味ある方はぜひ!

 

スマートスピーカー
LF-S50G
ソニーストア価格:
24,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年12月9日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:3,000円
3年ワイド/5年ベーシック:2,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
スマートスピーカー発売記念キャンペーン(~11/30)
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
オータムフェア店頭購入特典
開店4周年記念品プレゼント中


☆ソニー プレスリリース「声で手軽に音楽再生・情報取得・対応機器操作ソニー初Google アシスタント搭載スマートスピーカー発売」

☆ソニーストア「スマートスピーカー発売記念キャンペーン」のご案内はこちらから

☆当店blog 2017.10.26「声で手軽に音楽再生・情報取得・対応機器操作が出来るソニー初Google アシスタント搭載スマートスピーカー『LF-S50G』新登場! 」 

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 

LINEで送る
Pocket