“α9″でRAW撮影する方にオススメ UHS-II対応SDカード『SF-G』の話

LINEで送る
Pocket

SF-G-01.jpg

5月に発売になったデジタル一眼カメラ”α9″で、初めてUHS-IIカードに搭載スロットが対応。やっぱり、UHS-II対応カードに書き込みをすると速いんですか!?というお問い合わせを発売前にいただいていて、製品が出荷されたらすぐに試そうと思っていたのですが、ソニーの最速カード「SF-G」シリーズが”α9″の発売と同時に品薄になってしまい、カードが手元に無いためながらく試すことができずにいました。

やっとカードが店頭に入荷しましたので、実際に試してみたいと思います。

SF-G-01.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

デジタル一眼カメラ”α”をお使いの方でしたら、SDカードは単なる「SDカード」ではなく、容量によって規格が細かく分かれていることなどをご存じだと思います。正式には単なる「SDカード」は2GBまでの容量のもので2GBを超えて32GBまでのものを「SDHCカード」と記載します。32GBを超えたカードをSDXCカードとしていて、さらに端子の違い、転送速度の違いによってUHS-IやUHS-II、スピードクラスなどが細かく規定されています。

ちょっと前までのソニーのデジタル一眼カメラ”α”、サイバーショットであれば容量だけ気にしていれば、どのカードを使ってもあまり違いはなかったのですが、4K動画撮影ができる機種が登場したところから「使えるカード」が選ばれるようになってきました。

4K動画の撮影時には60Mbps、100Mbpsというビットレートの高い書き込みを行うことになり、それで転送速度の条件が出てきたわけです。今はファームウェアのアップデートがあって32GBや16GBのSDHCカードでも4K録画ができるようになりましたが、当初は64GB以上のSDXCカードでないと4K録画ができない時期もあったんです。

 型名 容量
ストア価格
(税抜)
読み出し
速度
書き込み
速度
UHS
スピード
クラス 
SF-G32.jpg
SF-G
128GB
64GB
32GB
14,880円~  300MB/s  299MB/s UHS-II
SF-M128.jpg
SF-M
128GB
64GB
32GB
 11,880円~  260MB/s  100MB/s UHS-II
SF-256UY2.jpg
SF-UY2
256GB
128GB
64GB
32GB
16GB
8GB
2,180円~ 70MB/s  – UHS-I
SF-128UX2.jpg
SF-UX2
128GB
64GB
32GB
7,680円~ 94MB/s  60MB/s UHS-I

そしてソニーのデジタル一眼カメラでは新たにUHS-II対応になり、さらに高速での書き込みを可能にしました。

従来は「SF-M」シリーズというUHS-IIカードがあり読み出しが260MB/s、書き込みが100MB/sというカードもあったのですが、これは読み出しだけ速くて書き込みは従来のカードとそれほど変わらないモデル。UHS-II対応のカメラがなかったので、PCでの読み出しの時にだけ高速化を狙ったカードで、当店でも1枚だけこれを持っていました。

今は販売が終了していますがVAIO Z CanvasのSDスロットがUHS-II対応になっていて、そこで高速読み出しができた、というわけです。

なお、UHS-IIとUHS-Iでは端子が違います。

SF-G-03.jpg

写真の左2枚はUHS-IIカードで、右の1枚がUHS-Iのカードになります。カードスロットがUHS-I専用のものであれば、端子の外側の9個の接点を使って通信を行うのですが、UHS-II対応スロットではその奥にある小さな8つの端子を使って通信を行います。

これによりUHS-I専用スロットとの互換性を保ちつつ、UHS-II対応スロットでの高速転送を実現している、というわけです。

“α7R2″や”α7S2″の場合、ソフトウェアのアップグレードでUHS-II対応になるとかいうことはなく、あくまでもスロットのハードウェアの問題ということになります。

SF-G-04.jpg

デジタル一眼カメラ”α9″はデュアルスロットを装備しており、下側にあるスロット1がUHS-II対応のSDXCカードスロットになってます。上側にあるスロット2はUHS-I対応のSDXCスロットとメモリースティックDuoにも対応するデュアルスロットになっています。

UHS-IIカードを用意できたら高速書き込みをするならUHS-II対応のスロット1を使わないと!というところですが、それに加えて、”α9″では同時書き込みをすることもできます。

SF-G-05.jpg

記録モードで「標準」を選択するとスロット1もしくはスロット2のカードにすべて書き込みを行いますが、振り分け記録で「JPEG/RAW」を指定すると、データの大きいRAWデータをUHS-II対応スロットに、データの小さなJPEGデータは書き込みが遅いUHS-I専用スロットのカードに同時で書き込みをすると、さらに書き込みスピードがアップするんじゃないか?というわけです。

これを実際に実験してみたかったんです。

SF-G-06.jpg

なお「記録メディア選択」なんですが「振り分け記録(JPEG/RAW)」に指定した場合、記録メディアとしてはスロット2を選んでおく必要があります。JPEGのデータをどちらに書き込むのか、を指定する形になっているので、ここでスロット1を選択してしまうとRAWデータをUHS-Iのスロットに書き込むことになってしまいます。

SF-G-07.jpg

実験はすべて手動でおこなっています。スマートフォンのストップウォッチ機能を使って手動計測。”α9″のAF-S(レリーズ優先)の高速連写に設定して、レンスはSEL2470GMにしてます。撮影モードはシャッタースピード1/125に設定しました。

シャッターボタンを押し始めたところから連写が止まったところまでの時間を計測。さらにカードへのデータ書き込みが終わるまでの時間も計っています。バッファがいっぱいになるまでの時間といっぱいになったバッファをすべて書き出すまでの時間がこれでわかります。

テストはスロット1とスロット2、スロット1+スロット2でのJPEG+圧縮RAWデータの書き込みをテスト。ついでなのでJPEG FINEのそれぞれの書き込みテストもしました。

使用
スロット
使用カード 書き込み
フォーマット
連写時間 連写枚数 書込時間
SLOT1 SF-UX2 JPEG Fine
約18.3秒
367枚 約88秒
SLOT2 SF-UX2 JPEG Fine 約18.6秒 366枚 約88秒
SLOT1 SF-M JPEG Fine 約18.4秒 365枚 約88秒
SLOT1 SF-G JPEG Fine 約18.5秒 365枚 約88秒
SLOT1 SF-UX2 JPEG+
圧縮RAW
約11.5秒 223枚 約128秒
SLOT1 SF-M JPEG+
圧縮RAW
約11.5秒 227枚 約84秒
SLOT1 SF-G JPEG+
圧縮RAW
約11.9秒 232枚
約68秒
SLOT1+2 SF-UX2
SF-G
JPEG+
圧縮RAW
約11.8秒 231枚 約60秒
SLOT2+1 SF-UX2
SF-G
JPEG+
圧縮RAW
約11.5秒 226枚 約105秒

実際に測ってみて初めて気がついたんですが、JPEGで撮影するときはUHS-IIカードもUHS-Iのカードでも書き込みのスピードに差は出ないんです。計測時間の秒数のコンマ以下は誤差だと思ってみていただくと、連写してバッファがいっぱいになるまでの時間は全部一緒。JPEGで撮っているのか、JPEG+RAWで撮っているのかで、連写できる枚数が決まる感じです。

UHS-Iカードを使ってスロット1とスロット2を比較しても明確な差はなかったのでスロット1でしか実験をしませんでしたが、SF-Gカードを使っても特に書き込みが速くなることはないんです。JPEGデータの場合は書き込みスピードよりも演算によるJPEGデータの生成の方がボトルネックになっているみたいです。

差が出るのはRAWデータの書き込みのときでこちらはかなりのスピードアップが期待できます。最大書き込みスピード60MB/sのUHS-Iカード「SF-UX2」と、100MB/sのUHS-IIカード「SF-M」を比較しても128秒vs84秒でしっかりと差があるし、299MB/sの「SF-G」を使うとさらに高速な68秒になります。SF-UX2と比較するとほぼ半分くらいの時間で書き込みを行っています。

スロット1とスロット2の同時書き込みだと60秒になるので、さらに高速な書き込みができるのですが2枚に振り分けることでさらに倍、とかいう大幅な違いは出ない模様。これはJPEG生成の演算時間がボトルネックになっているのかもしれません。

スロット1のUHS-IIにJPEGデータ、スロット2のUHS-IカードにRAWデータを書き込む実験もしましたが、この場合はかえって書き込み時間が大幅に遅くなることがわかりました。

なるほど、お客様からのお問い合わせにお応えするための実験でしたが、大変勉強になりました。

JPEG撮影の時は「SF-G」カードを使っても特にスピードアップの恩恵はなく、高速書き込みに効果があるのはRAW撮影のときになる、ということで今後はご案内したいと思います。

SF-G-08.jpg

「SF-G」カードは32GB(14,880円)と64GB(24,880円)、128GB(48,880円)のカードがラインナップされています。α9の発売直後は全部のカードが品薄になってしまっていたのですが、現在は128GBのカードのみが入荷次第出荷ステータスになっています。

スポーツ撮影などでカードの交換ができないケースでは大容量カードの方がよいのですが、通常の撮影なら64GBのカードにして小分けにして使う様にした方がリスク分散できて良いかもしれません。

“α9″でRAWデータでの撮影をされる方にオススメします。

 

20170405-2.jpg
SDXC/SDHC UHS-II
メモリーカード

SF-Gシリーズ
ソニーストア価格:
14,880+税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年4月24日 メーカー商品情報ページこちら
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
テックスタッフ
店頭購入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
長期保証半額クーポンプレゼント(5年ワイドのぞく)
サマーフェア特典あります

.
☆当店blog 17.5.31「UHS-II対応書き込み最高299MB/sの『SF-G128』がソニーストアに入荷」
☆当店blog 17.4.5「UHS-II対応のメモリーカード『SF-Gシリーズ』先行予約販売開始!」

 

ILCE-9.jpg
デジタル一眼カメラ
『α9』ボディ

ILCE-9
ソニーストア価格:
498,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年5月26日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 5年ワイド:50,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:25,000円+税
3年ベーシック:無償
金利0%クレジット 24回分割手数料0%+10%オフクーポン 月々20,200円
残価設定24回分割+10%オフクーポン 月々13,100円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
24回分割払手数料0%キャンペーン実施中(~7/31)
残価設定24回分割クレジットキャンペーン(~7/31)

My Sony ID
新規登録 特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
長期保証半額クーポンプレゼント(5年ワイドのぞく)
サマーフェア特典あります

2017-SummerFair.jpg
※当店テックスタッフ店頭にサマーフェアを開催中! ”α9″の購入相談は当店まで!

☆当店blog 17.6.12「”α9″で撮るWildBird『カワセミ』」
☆当店blog 2017.5.29「”α9″で撮る『ツアー・オブ・ジャパン 2017』観戦レポート」
自転車ロードレースを至近距離から高速連写で撮影してきました
☆当店blog 2017.5.27「”α9″で試し撮り!ナイト競馬「トゥインクルレース」撮影会レポート」
※高感度ISO12800でのスポーツ撮影に挑戦!条件の悪いナイトレースで試し撮り
☆当店blog 2017.5.27「”α9″で秒20コマ連写が可能なレンズと設定」
※秒20コマ連写が出来るEマウントレンズと秒15コマになるEマウントレンズが発表
☆当店blog 2017.5.26「フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α9』開梱レポート」
※電子シャッター歪みがどの程度のものになるのかテストしました
☆当店blog 2017.5.26「”α9″の残価設定クレジット販売がスタートしました」
※支払い額を2/3に減らせる残価設定クレジットのご案内です
☆当店blog 2017.5.25「”α9″対応のレンズファームウェアアップデートが公開」

☆当店blog 2017.5.16「ゲームチェンジャー”α9″ショールーム展示レポート」
※秒20コマの連写撮影時の画面インフォメーションがどうなっているのかレポート
☆当店blog 2017.4.28「”α9″当店オーダーレポート&おすすめアクセサリー紹介」
☆当店blog 2017.4.27「ソニーストアにてデジタル一眼カメラ”α9″先行予約販売開始」

☆当店blog 2017.4.26「デジタル一眼”α9″発売直前情報のまとめレポート」

☆当店blog 2017.4.24「メモリー一体型積層CMOSのローリングシャッターの話」
※メカシャッターと電子シャッターのローリングシャッター歪みをサイバーショットで検証
☆当店blog 2017.4.21「フルサイズミラーレス一眼”α9″が日本国内向けにプレスリリース」
※”α7″シリーズとの違いはこれだ! ドロップした機能を一覧で紹介します

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから