“α9″で試し撮り!ナイト競馬「トゥインクルレース」撮影会レポート

LINEで送る
Pocket

DSC07210
“α9″+SEL70200G F4.0 1/1000 ISO12800

昨日は3回目の大井競馬「トゥインクルレース」の撮影会を開催してきました。3連単馬券で的中させて100円で”α9″を購入しよう!という会ではなく、発売されたばかりのデジタル一眼カメラ”α9″を実際にナイト競馬のレースで試し撮りしてみよう!というイベントです。

作例を含め、昨夜のイベントレポートをお届けします。

TokyoCityKeiba-02.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

3回に渡って開催してきたナイト競馬の撮影会ですが、一応、当初の予定ではこれで最終回です。前2回の撮影会で競馬場の社会見学をしつつ(参加される方のほとんどが競馬場へ行くのは初めて、という方たちでした)、レース毎の撮影場所の案内をしていましたが、全ては今回のためでした。

今回が本番です。7レースから始めて全6レースありますので今回は6名の方に”α9″を1レース(30分間)お試しいただきました。

“α9″はダブルスロットになっているので片方に当店のSDカードを入れさせていただき、片方にお客様がお持ちのカードを入れてもらって同時記録をしています。お客様が撮影されたデータが当店にも残させてもらっていますので、こちらもご覧いただこうと思います。

TokyoCityKeiba-03.jpg

さて、大井競馬場ですが、前回の第2回目の撮影会のときにはなんと、的場騎手が歴史に残る7000勝チャレンジをしていました。目の前の6999勝が出たので、そのまま勢いで!というところでしたが5月12日のレースではそれはなく、どうなったかなぁ、と、思っていたのですが、その後めでたく7000勝されたそうで競馬場は7000勝フィーバー状態になっていました。

記念タオルなども販売されているのですがなんと価格は7000円! そこも7000勝にこだわってるんですね。

TokyoCityKeiba-04.jpg

7レースから始めて徐々に参加者さんが増えていきます。予定よりも遅れて11レースから合流された方もいましたが、メインレースに間に合って良かったですね。

TokyoCityKeiba-05.jpg

レースごとに距離が変わり、距離に合わせてスタート地点とコースが毎回変わります。それに合わせて撮影場所も移動します。一番面白いのは1600mのレースで、目の前でスタートして1周してきてからカーブの撮影をすることができます。スタートしたら猛ダッシュでダイヤモンドターンまで移動するのが大変。

1レース毎に”α9″を交代で使っていただきました。装着するレンズはEマウントの「SEL70200G」と、Aマウントの「SAL70400G2」をLA-EA3経由で使える様2本用意しています。もちろんレンズのファームウェアはアップデート済みです。

TokyoCityKeiba-06.jpg

LA-EA3を装着してのAマウントレンズの場合、連写は秒10コマに制限されてしまいます。やはり”α9″と言えば秒20コマ連写が特徴ですので、皆さんEマウントレンズのSEL70200Gで撮られていました。馬返し(レース前にコース上でウォーミングアップをすること)の時にSAL70400G2を使い比べる方もいらっしゃいましたが、やはりEマウントレンズの方がきびきび動くね、というご感想の様です。

※SEL70200Gは秒15コマでの撮影となります。秒20コマでの撮影ができるレンズは限りがあります。詳しくはこちらにてご確認ください。

撮影された作品はこちらです。当店で勝手にピックアップさせていただいています。一部、トリミングさせていただいて掲載します。

DSC06029
“α9″+SEL70200G F4.0 1/800 ISO2000

最初は7レースのゴールシーンです。AFが無茶苦茶合う!とのことでしたが、そうなんですよ。AFの食いつきとかスピードが偉いことになっていて、従来のカメラとは次元が違います。2倍すごいとか3倍すごいとかではなく10倍以上すごいというか、AFがすぐに合うし、その後も外れずにずーっと追い続けてくれます。

しかも秒15コマという短い間隔で撮影できるので思った瞬間を切り出すことができます。

従来であれば、まずはフォーカスが合っているモノをピックアップして、その中から足の形などが綺麗になっているものを選抜するのですが、全部フォーカスがあっていて、さらに細かく足の形がちょっとずつ違っているモノからベストショットを選ぶことができます。

良い写真を撮るための「腕」が必要なく、誰にでも最高のカットが撮れるカメラになっています。

DSC06300
“α9″+SEL70200G F4.0 1/400 ISO2000

フォーカスもバッチリ合っているので選べる枚数が本当に増えます。ちなみにレンズによっては1秒で20枚の写真を量産してしまうので、普段、こういう競馬にくると1000枚くらい撮るよ、という方がいたら、気をつけないと1日で5000枚とか1万枚とかを撮ることになります。

先日もたった20分くらいの新幹線撮影をしてきただけなのに1400枚もの撮影をしていてびっくりしました。UHS-IIでの高速書き込み対応のSDカードを購入するときはいつもの間隔で64GBとかを買うのでは無く128GBのカードを買っておいた方がよいと思います。

DSC06516
“α9″+SEL70200G F4.0 1/80 ISO1250

流し撮りに挑戦された方もいらっしゃいますが、ファインダーの遅延がすくないというかブラックアウトしないのでやりやすいんですよね。撮影されたお客様の腕も良いんだと思いますが、流し撮りされている前後のカットをみても被写体がしっかりと真ん中にずーっと補足されて撮影されています。

かなり遅いシャッタースピードで競走馬は上下動もあるためなかなかビシッと止まった写真にならないんですがフォーカスが全部しっかりきていました。選ぶのが難しかったんですがこちらのカットが一番筋肉が浮き出た感じで良いかな?と、いうことでピックアップさせていただきました。

えー!佐藤さん、もっと良いカットを使ってよ!という声が聞こえてきそうですが、全体のバランスを見ながらカット選びをさせていただいているのでご容赦ください。(^^)

DSC06683
“α9″+SEL70200G F4.0 1/1000 ISO12800

こちらのカットはISO12800で撮影されています。2400万画素の裏面照射CMOSセンサーですがかなりのノイズ耐性ですよね。

ちなみに高感度ノイズリダクションはオンにして使っていただいています。SDカードの連写書き込みテストをしていて気がついたのですが暗所での高速シャッターでの連写でISOをかなり上げて撮影チェックをしていました。ノイズリダクションオンでテストしていたので、オフにしてから再チェックしてみたらノイズリダクションオフの方が書き込み時間が長くなるんです。なので、連写書き込みテストの時もノイズリダクションオンのままでテストをしています。

スタート直後のシーンなんですが馬の汗の光り方が綺麗ですね。

DSC07177
“α9″+SEL70200G F4.0 1/1000 ISO12800

メインレースのゴールシーンです。他社製カメラのユーザーさんの”α9″体験です。秒15コマ連写にやはり皆さん驚かれていました。

ソニー”α”ユーザーさんだとブラックアウトしないEVFに違和感を感じるとのことでしたが、それは単に違いがあるだけですぐに慣れますし、ブラックアウトしない方が撮影には有利ですからね。初めて”α”を手にした方がこんな写真を撮ってしまうんです。すごい!

ILCE-9.jpg

さて、撮影会の方は11レースまで終了。メインレースの11レースから最終レースまでの間はややレース間隔が広がります。小雨もぱらついてきたので屋根の下へ避難するのですが、10レースでまたしてもウチの店員よねっちがやってくれたんです。50倍の中穴を的中させてホクホク言ってるんです。

それがあったのと、やはりミラーレス一眼”α9″をできることならここで当てて購入したい!という話になり、皆さん大穴狙いで馬券を購入。そう、前回は100円で40万円とか60万円になる大穴が2レースもあったんです。今日はそういうレースがまだ出ていませんが最終レースでくるかもしれません。

100円で”α9″をゲットです。私も有機ELのブラビアA1狙いです。馬券を買ったら、最終12レースに向かいます。

DSC07336
“α9″+SEL70200G F4.0 1/1000 ISO12800

こちらもISO12800での撮影です。7000勝を達成した的場騎手のお顔も、これでもかというほどのシャープさで撮れます。さすが裏面照射CMOSセンサーです。暗所というかISO感度をあげてもノイズ耐性はかなり高い感じです。

DSC07482

“α9″+SEL70200G F4.0 1/500 ISO5000

メインレースの前後ではファンファーレが生演奏で行われます。ゴール前に陣取っているとこんな間近でファンファーレ演奏を見ることができます。

そして、運命の12レースですが結果は。。。

TokyoCityKeiba-08.jpg

残念ながら大穴はこず順当なレースになってしまいました。全員外れ!だったのですが、今回も店員よねっちがやってくれました。10レースだったのですがきっちりと56倍の中穴をゲットしています。

よねっち、仕事しますねー。穴狙いで全敗だった私と比べて、しっかり堅実にお小遣い稼ぎをしていきました。

TokyoCityKeiba-09.jpg

以上、当店からモノレールで2駅の大井競馬場の撮影レポートでした。これでナイト競馬撮影会は一度終了しますが、またリクエストがあれば開催したいと思います。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

ILCE-9.jpg
デジタル一眼カメラ
『α9』ボディ

ILCE-9
ソニーストア価格:
498,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年5月26日 メーカー商品情報ページ
延長保証
5年ワイド:50,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:25,000円+税
3年ベーシック:無償
金利0%クレジット 24回分割手数料0%+10%オフクーポン 月々20,200円
残価設定24回分割+10%オフクーポン 月々13,100円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
24回分割払手数料0%キャンペーン実施中(~7/31)
残価設定24回分割クレジットキャンペーン(~7/31)

My Sony ID
新規登録 特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
長期保証半額クーポンプレゼント(5年ワイドのぞく)

 

2017-SummerFair.jpg

☆当店blog 17.5.29「”α9″で撮る『ツアー・オブ・ジャパン 2017』観戦レポート」
※自転車ロードレースを至近距離から高速連写で撮影してきました
☆当店blog 17.5.27「”α9″で試し撮り!ナイト競馬「トゥインクルレース」撮影会レポート」
※高感度ISO12800でのスポーツ撮影に挑戦!条件の悪いナイトレースで試し撮り
☆当店blog 17.5.27「”α9″で秒20コマ連写が可能なレンズと設定」
※秒20コマ連写が出来るEマウントレンズと秒15コマになるEマウントレンズが発表
☆当店blog 17.5.26「フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α9』開梱レポート
※電子シャッター歪みがどの程度のものになるのかテストしました
☆当店blog 17.5.26「ミラーレスデジタル一眼カメラ”α9″のカタログが到着」
☆当店blog 17.5.26「”α9″の残価設定クレジット販売がスタートしました」
※支払い額を2/3に減らせる残価設定クレジットのご案内です
☆当店blog 17.5.25「”α9″対応のレンズファームウェアアップデートが公開」

☆当店blog 17.5.24「”α9″で撮りたい『リニアモーターカー試験走行2017』の話」
☆当店blog 17.5.16「ゲームチェンジャー”α9″ショールーム展示レポート」 
 ※秒20コマの連写撮影時の画面インフォメーションがどうなっているのかレポート
☆当店blog 17.4.28「”α9″当店オーダーレポート&おすすめアクセサリー紹介」
☆当店blog 17.4.27「ソニーストアにてデジタル一眼カメラ”α9″先行予約販売開始」 

☆当店blog 17.4.26「デジタル一眼”α9″発売直前情報のまとめレポート」

☆当店blog 17.4.24「メモリー一体型積層CMOSのローリングシャッターの話」
※メカシャッターと電子シャッターのローリングシャッター歪みをサイバーショットで検証
☆当店blog 17.4.21「フルサイズミラーレス一眼”α9″が日本国内向けにプレスリリース」
※”α7″シリーズとの違いはこれだ! ドロップした機能を一覧で紹介します 

 

DSC00004.jpg
☆当店店舗のご案内はこちらから

☆ソニーストア・直営店をご利用のお客様へのお願い
☆αレンズ体験レンタルサービスのご案内はこちらから
☆カメラ&ウォークマン 店頭下取りサービスのご案内

 

 当店店舗「ソニーショップ テックスタッフ」の住所はこちら
 東京都港区新橋5-12-6 ヴェルディ新橋1F
電話番号:03-6809-1868
営業時間:11~20時
定休日:毎週日・月曜および祝祭日


☆Google Mapでの表示はこちらから

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから