2 コメント

  1. gigo
    2018年10月14日 @ PM 6:17

    佐藤さん、結露、霜対策も考えておいた方が良いです。
    精神衛生に悪いので防滴性能の落ちるケーブルタイプではなくIRタイプのインターバルタイマーの使用も。
    逆に有線でないと出来ないのですがインターバル機能のないレリーズでも本体を連写モード、S速30秒とかにしてレリーズロックするという手も。
    後、最近のE-Mount αはかなり暗い星でもAF利くのでAF-Sで使う事も多いです。
    二等星があればまず問題ないです。
    毎回、姿勢や気温の微妙な変化で起こるアウトフォーカスを気にしなくて良くて楽。
    お試しあれ。

    返信

    • tecstaffŔ
      2018年10月15日 @ PM 1:25

      gigoさん、コメントありがとうございます。

      レンズヒーターは私も用意しています。湿度の高い日だと夜露がかなり
      つきやすくなりますが、今回はご自宅のマンションのベランダ撮影を
      前提にご案内しているので、そこまではご案内しませんでした。

      シャッタースピードを遅くしてのレリーズロックも有効ですね。
      星のAF撮影は今度挑戦してみます。

      私も星景撮影経験はあまりないので勉強中です。
      今回はまとめて3回も撮影チャンスがあるので楽しみです。
      今後もよろしくお願いします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です