2 コメント

  1. 匿名希望
    2019年10月30日 @ PM 1:06

    私はA55HNのユーザーなのですが、
    今回のMusic Center for PCのアップデートでも改善されなかった問題があります。

    この件に関しては、ソニーのカスタマーサポートの方にも連絡し、調査して頂いたのですが、
    楽曲の長さが30秒前後より短いファイル(実際に確認した所32秒未満の物)について、
    「Music Center for PC」で12音解析後で「解析済み」と表示されるようになった物でも、
    転送先のウォークマンでは「未解析」と表示される事が確認されたとの事です。

    従って、おまかせチャンネルが廃止されたA100シリーズやZX500シリーズでは関係無いですが、
    A30シリーズからA50シリーズまでのAシリーズ等、
    本体でおまかせチャンネルの解析が行なえないウォークマンの場合、
    32秒未満の楽曲を含む場合、該当の楽曲はおまかせチャンネルのチャンネルに登録されず、
    「未解析の楽曲があります。PCアプリケーションで解析して下さい。」とのメッセージが、
    表示されたままの状態になり、おまかせチャンネルを正常に利用出来ません。

    担当者曰く、この不具合はMusic Center for PCの仕様によるものなのだそうで、
    ウォークマン本体の不具合ではないのですが、
    その分Music Center for PCの未熟さが際立ってしまいます。

    長々と書いてしまいましたが、
    ネット上でもあまり話題に上がっていないような事でしたので、
    思わず書き込みをさせて頂きました。

    Music Center for PCはまだまだ発展途上なのだと強く認識させられました。
    今後のアップデートでどこまで発表当時の不評を払拭出来るのかどうか気になる所です。
    なお、諸事情によりメールアドレスは架空の物を使わせて頂きました。

    返信

    • tecstaff
      2019年10月30日 @ PM 4:41

      ウォークマンA50シリーズは16GBモデルのみ生産が継続されるのですが、今回のアップデートはA100シリーズ、ZX500シリーズ対応のためのアップデートですので今後A50向けに機能を拡充するのは難しいかもしれませんね。
      汎用性の高いMP3の変換や、スマートフォン向けの転送のためにまだ私も「Media Go」をPCにインストールしたまま残しています。まだしばらく併用することになりそうです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です