【レビュー】最大120インチまで投影できる手のひらサイズのモバイルプロジェクター『MP-CD1』

LINEで送る
Pocket

コンパクトかつ軽量で持ち運びに便利なポータブルプロジェクター「MP-CD1」の詳細をレポートしていきたいと思います。

 

■スマホサイズのプロジェクター「MP-CD1」

こんにちは、店員よねっちです。

「MP-CD1」はHDMIケーブル対応機器の映像を最大120インチのサイズで投影できるモバイルプロジェクターになります。本体には5000mAhのバッテリーを搭載しており、最大2時間の投影が出来るほか、モバイルバッテリーとしても使用することが出来ます。

本体のほかにHDMIケーブル、USB-Cケーブル、マイクロUSB-USB-Cアダプタ、キャリングケース、説明書が付属。標準のHDMI、MHL、またはUSB経由でさまざまなデバイスに接続可能です。

 

■「MP-CD1」外観チェック!

「MP-CD1」は本体サイズが8.3cm×15cmで、厚みが1.6cm、重さはたった280gとなっており、そのコンパクトさが特徴です。iPhone 6Sと比較してもやや大きいかなといった程度なので、携帯性に優れています。

従来のプロジェクターはどれも基本的に据え置き型のものでしたが、これであれば様々な場面での活躍が期待できそうです。

 

バッテリーは標準のUSB-Cポートで充電できます。そのため独自のアダプターなどを必要とせず、アダプターを忘れていざという時に使えない、などといった状況を極力防ぐことが出来ます。コンセントのない屋外などではポータブル電源からの給電も可能になっています。

HDMIポートは、標準のHDMI / MHL入力と互換性があり、ノートパソコン、ゲーム機などHDMI対応機器の映像を投影することができます。オーディオジャックにはヘッドフォンやスピーカーの接続が行えます。

     

ボディ左側にはフォーカスを合せるスライダーも搭載。オートフォーカスではありますが、細かいピント合わせなどが行えます。

アルミボディなので堅牢性も十分。テキサスインスツルメンツ製のDLP IntelliBrightテクノロジーによって、消費電力を最小限に抑えつつも、明るく鮮やかな映像を維持しています。

付属のケースはエレガントで高級感があり、見た目にもスタイリッシュなつくり。プロジェクターとレンズを傷や傷から保護してくれます。プロジェクターをケースから取り出さなくても充電できるようにデザインされているのもポイントです。

 

■MHLケーブルでスマホやタブレットと接続!

別売りのMHLケーブルを使用すればAndroidスマートフォンやiPhoneなどの映像も投影できます。

HDMIドングルを取り付ければワイヤレス接続もできるので、YouTubeやNetflixなども大画面で楽しめます。

本体の裏側には三脚が撮りつけられるねじ穴があり、例えばアクションカムアクセサリーのシューティンググリップ「VCT-STG1」などを取り付ければ好みの高さや天井などに映像を投影することが出来ます。

解像度は854×480pixelとなっており、明るさは投影距離3mで105ルーメンを実現。

また自動台形補正を備えているので、角度のついた位置からの投影でも自動で補正し、正確な比率の映像を投影してくれます。

 

投影サイズは壁との距離によって変わります。電話機のサイズと比較してもらえれば分かると思いますが、スマホの画面をこのサイズで投影できるのは嬉しいですね。最大サイズの120インチは約305cmですので、もっと大きな画面での投影も行えます。

画質の面でいうと、壁と「MP-CD1」の距離が離れると、明るい部屋の中ではややコントラストが足りないかな、といった印象も受けますが、部屋を暗くするとはっきりした綺麗な映像が楽しめます。

以前Android OS搭載のプロジェクター「Xperia Touch」で音楽ゲームデレステをプレイした際にゲームのMVを大画面で見れるのが良い、という話が出たのですがMVを見るだけなら「MP-CD1」だけでも十分なほど。

deresute-02.jpg

上の画像は「Xperia Touch」のものになりますが、Xperia Touchは約23インチサイズの投影した画面で実際にゲームがプレイできるというメリットがあるものの、スマホの画面をそのまま投影することは出来ず、アプリのアカウントをXperia Touch本体に登録しなくてはならないという制限がありました。

そういう意味では、自分のスマホの画面をそのまま投影できる「MP-CD1」はアプリを大画面で見たいという用途でならお手軽さでは上かも知れません。なにより持ち運びも簡単ですしね♪

 

ソニーストアでの価格は45,880円(税抜)となっています。ビジネスプレゼンテーション、週末パーティー、アウトドアイベントなどプロジェクターとしての使用のほか、使わないときはモバイルバッテリーとして鞄にひとついかがでしょうか。

 

モバイルプロジェクター
MP-CD1
ソニーストア価格:
45,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年4月25日 メーカー商品情報ページこちら
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭入特典
開店4周年記念品プレゼント

 ・
☆当店blog 18.3.22「最大120インチまで投影可能!持ち運びに適したモバイルプロジェクター『MP-CD1』新登場」

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから