『VAIO Z』で使う手書きアプリ『Nebo』の話

LINEで送る
Pocket

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

Windows 10 Anniversary Updateで新たに搭載された新機能「Windows Ink」ですが、お使いになっていますか? 遅ればせながら仕事用VAIOのUpdateをして今日からVAIO Zのペン入力機能を試しはじめているのですがWindows Inkと一緒に、ちょっと面白いアプリを教えてもらったので紹介したいと思います。

VAIO Z、VAIO Z Canvasユーザーさん、VAIO Duo、VAIO Fit 15Aユーザーさんも是非、おつきあいください。

 

DSC00002.jpg

さて、まずはWindows Inkの話から。Windows 10 Anniversary Updateをインストールするとタスクバーに「Windows Ink ワークスペース」というペンで何かを書いているごちゃごちゃっとしたアイコンが登場します。

これが「Windows Ink」の機能を利用するための最初のボタンで、これをクリック、もしくはペンでタップすると「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」「オススメ」などのメニューが開きます。ここから各アプリを利用します。

DSC00003.jpg

使い方は簡単で、ま、誰でも一度起動すればすぐに使える様になると思います。付箋はデスクトップにピトッと貼れる枠が出てくるんですが、ここにテキスト入力も可能。ペン入力が可能なVAIO ZやVAIO Z Canvasならペン入力でフリーハンドでの書き込みもできます。

ウインドウの上部にある「+」を押せば新しい付箋が作れるし、付箋の色も設定ボタンから変更ができます。使い終わったら右上の「×」マークでなくなります。デスクトップに貼り付くだけではなく、アプリを選べば最前面にすぐに出てきてくれるので、タスクをここに書き上げて毎日デスクトップに貼っておくとかいう使い方ができます。

テキスト入力オンリーでも使えるので、ペン入力対応ではないWindows マシンでも使えると思います。

DSC00004.jpg

こちらはスケッチパッドです。ペンと鉛筆くらいしかないので、これで絵を描き込もうとするとかなり大変だと思いますが、フリーハンドでの手書きのメモとかを作るのには便利。

定規の表示ができて、この定規に沿って線を引くと直線が簡単に書けます。なにかの直線ツールを使ってとかではなく、フリーハンドの延長にこういうツールがあるというのはわかりやすいかも。

まだ、私も使い始めなんですが地図部分を手書きでゆるく書いておいて、道順は定規できっちりと書く、なんてことをするとメリハリがあって良いかも。

DSC00005.jpg

そして、3番目にあるのが「画面スケッチ」です。先ほどの地図を書く際に、ベースから全部書くのではなく、マップアプリを画面に表示しておき、そこで「画面スケッチ」を使うとデスクトップ画面を全部キャプチャーした状態からスケッチパッドを使う感覚で利用します。

DSC00006.jpg

実際に地図を書くなら、これを利用した方が早いですね。書き上げた画像はPNG形式で保存もできるし、メールやFacebook、Twitter、LINEなどに共有することができます。

一度使ってみると直感的に利用ができるアプリになっているところに驚きます。これがWindows 8登場時に同じモノが搭載されていたら、タッチパネルPCの立場は全然違っていたかも。

 

さて、そんなわけでVAIO Zのデジタイザペンを久々に使ってみたんですが、ここまでは準備運動です。

今回、紹介したいのは「Nebo」というアプリです。期間限定であと8日間、無料でダウンロードができます。

DSC00007.jpg
☆Windows Store「Nebo」のご案内はこちらから

このアプリは珍しくApple StoreとWindows Storeでだけ配布されているアプリで、Android版がありません。お客様に教えていただいたのですが、確かにこれ、通常は900円のところが今だけ無料でインストールすることができます。

使い方はこんなイメージなんですが、アプリをインストールするとチュートリアルで基本的な動作を4つ教えてもらえます。その4つを使うだけで、このアプリの便利さが大体理解できます。

手書きで文字や図形をペン入力して、画面のなんでもないところを指でタップすると整形してくれる、という使い方です。文字を消すときも消したい文字の上でグチャグチャっとペン入力するとその下の文字が消えるというわかりやすさ。

実際に使ってみましょう。

DSC00008.jpg

最初に利用する言語を設定します。デフォルトは英語なんですが、ちゃんと日本語も用意があります。150カ国対応とかでほとんどの言語が用意されている中の日本語なので、ちょっと識字率の性能が低そうに思えますが、そんなことはありません。

私が今まで使ってきた文字認識のソフトでもこれは一番性能が良いかも。無料ではなくて900円でもこれは全然「買い」です。

DSC00009.jpg

さて、恥ずかしいのですが私の殴り書きの文字がこちら。

普段からキーボード入力ばかりしているので、滅多に丁寧な文字を書くことがなくなってしまい、いつの間にかこんな汚い文字しか書けなくなってしまっていて(言い訳です)。。。子供の頃はもっと丁寧に、しかも書き順もちゃんと正確に覚えて書いていたのになぁ。

DSC00010.jpg

ま、それもあってこれだけ汚い文字になってしまっているわけですが、こうして殴り書きしたメモをあとから指でタップすると、文章の上のところにテキスト変換した文字が表示されます。

ここで誤変換してしまっている文字があったら、後から文字を書き足したり書き直したりをします。文字をなぞって「口」になっているところを「日」にしたり。それもちゃんと認識して認識した文字を変換しなおしてくれます。

DSC00011.jpg

難しいのは「VAIO Z」とかの場合で、これを適当に書いてしまうと「VA 102」とかで認識します。そういう場合はしっかりとした字でVAIOを正確に書き、わざとちょっと離してZを大きめに書くとうまくいくみたいです。

いろいろ書いた文字の中でどうしても入力できなかったのは”α(アルファ)”の文字くらいでした。


やいや、これはすごい。

普通にメモ書きをVAIO Zでやって、あとからテキスト変換をするということが本当にこれならできます。

ペン入力でのメモ書きで、初めてここまで使い勝手の良いものを経験しました。

DSC00012.jpg

こちらはサンプルの手書きです。こうしたチャートもあとから指タップで整形することができます。

DSC00013.jpg

整形したモノがこちら。これを一発整形ですることができます。部分部分で整形することもできるんですが、これはちょっと慣れが必要かも。

DSC00014.jpg

慣れていない私が書いた図がこちら。ま、これでもイメージを伝えるツールにはなりそうです。

DSC00001.jpg
★MyScript「Nebo」の公式ホームページはこちらから

使えるのはペン入力ができるWindows 10 PCになるようで、VAIO Phone Bizで試してもインストールは出来ませんでした。

VAIO Z、VAIO Z Canvasなら問題なく使えます。

 

DSC00015.jpg

VAIO Z、VAIO Z Canvasだと、さらにVAIOオリジナルアプリとして「VAIO Shortcut Key Menu」と「VAIO Pencil Board」も利用できます。

「VAIO Shortcut Key Menu」はタブレットモードにして使っている時にキーボードが利用できないのを助けてくれるユーティリティで画面隅に十字キーやショートカットキー(Ctlr+CとかCtlr+Xなど)をタッチパネルで押せるようにしてくれます。

「VAIO Pencil Board」は手の平を載せた時にご入力にならないようにタッチパネルを無反応にしてくれるシート。これを自分で任意のところに持って行って手を載せてペン入寮するということができます。

DSC00016.jpg

ま、急にこうしてペン入力を使い始めたのは他でもない、リモートコントローラー「HUIS」の自分でデザインが出来る画面を、オリジナルの私の画像で飾ってみたいから。

デザインを作るのに手書き入力のボタンが作りたいな、ということで、ペン入力の方法を探りはじめたら、こんなアプリを見つけてしまった次第です。

取材や勉強会のときに、私はいつも手帳を持って行って手書きでメモを取ってきているんです。手で書かないと頭に入ってこない気がして、あとから読み返すこともあまりないのですが、それでもメモ書きをしています。

「Nebo」を使えば、テキストデータとして文字が残せるので、次の取材時にはVAIO Zを持って行って「Nebo」でメモを取ってみます。

 

DSC00002.jpg

こうしたペン入力ができるのはVAIO Zと、VAIO Z CanvasというZ lineモデルになります。

8月末までは当店店頭にてVAIOをお買い上げの方にワイド保証3,000円引きクーポンと、ワイヤレスマウスのプレゼントを行っています。

展示しているVAIO Z、VAIO Z Canvasのペン入力も実機でお試しになれますので、ご興味ある方は是非、店頭まで!

 

■VAIO Z ハイスピードSSD512GB20,000円お得なキャンペーン実施中です!

 

z_014.jpg パーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)

VAIO Z
フリップモデル
ストア価格199,800+税~
  ソニーストア長期保証選択
 ・月額ワイド:500円+税
 ・3年ワイド:12,000円+税
・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年2月16日
ソニーストア購入特典:
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
【期間限定】ウィルスバスター1年版/3年版を、それぞれ1ヶ月/3カ月特別延長
(~9/1)
 第2世代ハイスピードSSDが20,000円お得(~9/30)
テックスタッフ店頭購入特典:
 ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント(~8/31)
ワイヤレスマウスプレゼント(なく
なり次第終了)

 

☆当店blog 16.2.16「VAIO Fit 15Aから乗り換えるぞ!『VAIO Z』検討大会」
☆当店blog 16.1.27「新型『VAIO Z』銀座ソニービルショールーム展示レポート」
☆当店blog 16.1.27「VAIOニューモデル3機種発表『VAIO Z』がモデルチェンジ」

☆当店blog 15.3.7「VAIO(株)製『VAIO Z』のソニー製VAIOとの違い」 
☆当店blog 15.2.18「モンスターPC『VAIO Z』開梱&セッティングレポート」
※当店の展示機の開梱とセッティングの様子です
☆当店blog 15.2.16「VAIO(株)製『VAIO Z』&『VAIO Z Canvas』発表」

 

 

 

 

VJZ12A1_S_O.jpg パーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO Z Canvas
VJZ12A1
ストア価格249,800+税~
 ソニーストア長期保証選択:
 ・3年ワイド:13,000円+税
・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら
製品サポートページはこちら
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2015年5月21日
ソニーストア購入特典:
 英字配列キーボードが5,000円オトク(~9/30)
【期間限定】ウィルスバスター1年版/3年版を、それぞれ1ヶ月/3カ月特別延長(~9/1)

カラーマネージメント液晶モニターColorEdge CG248-4Kが同時購入で10,000円お得
 3年ベーシック保証無償 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント(~8/31)
 ワイヤレスマウスプレゼント(なくなり次第終了)

 

☆当店blog 15.8.26「TEC STAFF オリジナルLINEスタンプ 完成&販売開始!」
☆当店blog 15.8.25「TEC STAFF オリジナルLINEスタンプ 途中経過その3」
☆当店blog 15.8.15「TEC STAFF オリジナルLINEスタンプ 途中経過その2」
☆当店blog 15.8.13「TEC STAFF オリジナルLINEスタンプ 途中経過その1」

☆当店blog 15.5.29「『VAIO Z Canvas』が今日から出荷開始」 

☆当店blog 15.5.28「トークショー<Movie/Animation DAY>レポート」
☆当店blog 15.5.27「トークショー<Manga/Illustration DAY>レポート」
☆当店blog 15.5.26「トークショー<Graphic Design/DTP DAY>レポート」
☆当店blog 15.5.25「『VAIO meeting 2015#2』イベントレポート」

☆当店blog 15.5.23「ソニーショップ『VAIO Z Canvas』店頭体験会レポート」
☆当店blog 15.5.22「『VAIO Z Canvas』開梱レポート&店頭展示開始しました」
☆当店blog 15.5.21「『VAIO Z Canvas』正式発表&先行予約販売開始」

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから