type M をバラしてみました

LINEで送る
Pocket

私の超お気に入りのデスクトップVAIO「type M」ですが、どうしても不満があって、試しにバラしてみました。

たいがい、こういう時って検索エンジンで分解記事を探してみると、参考になるページなりblogなりが見つかるので、それを参考に分解していくんですが、type Mに関してはそういう情報が全然探し当てられませんでした。

なので、今回は自力で分解。

ちなみになにが不満かって言うと。。。HDD容量です。

パフォーマンスについてはそんなに高速処理を必要としていませんし、メモリも1GBに増設したらサクサクになったので、そういう不満はないのですが、VGC-M70/W搭載の200GBHDDで、VAIOおまかせ・まる録をすると簡単に容量がいっぱいになってしまうんですよね。

外付けドライブとかに番組記録領域を広げられればよいのですが、Do VAIOの仕様でそういうことができないらしく、内蔵ドライブの容量を増やす以外に改善方法がないんです。

で、自分でtype Mがばらせるかどうかを試したのですが。。。さすがメンテナンス性を考えたモデルではありませんので、構造も複雑だしネジの数もかなり多いんです。

ですがなんとかHDDをはずせそうなところまで分解することができました。

よし、あとは400GB HDDを買ってくるだけだな。3~4万円くらいで購入することができそうなので、ここで一発、奮起してしまおうかなぁ。。。

ちなみに今回の分解で犠牲者が出ました。ケースをはずすときにこじって壊してしまったんですが、PCカードスロットのイジェクトボタンの様子がおかしい。。。まぁ、PCカードスロットは全然使う予定はありませんので、問題はないのですが。。。

なんか、後には戻れない気分になってきちゃったなぁ。

LINEで送る
Pocket