αのアンチダスト機能を試しました。

LINEで送る
Pocket

「α100」を買った時に、すぐに近所のカメラ屋さんで購入してきたブロワーの出番がついにやってきたようです!?

 

 

これは今日の夕方撮影した夕焼け写真の一部を拡大したトコロなんですが、どれも同じ部分にゴミが映ってしまっています。なるほど、これがCCDについてしまったダストなんですね。

昨日まで撮影した、燻製の写真にはこれらのゴミは見あたらず、夕景を取り始めた時の写真にもないため、どうやら望遠レンズの「SAL75300」にレンズ交換をしたときにボディ内部にホコリが入ってしまい、CCDについてしまったようです。

撮影しているときに、このゴミはファインダーには映りませんし、撮影モニタにも映りません。後でパソコンでプレビューしてみてはじめて気がつきます。

そういえば、こういうのサイバーショットDSC-P200を使っていたときにも起こって、結局メーカー修理でレンズ、CCDを清掃してもらって直ってきたことがあります。なんだよ、これ、まだ買ってから1ヶ月も経っていないのに、もうメーカー修理かぁ!?

と、思いきや。

この後、通常のワイドズーム「SAL1870」にレンズ交換したところからゴミがなくなりました。例のアンチダスト機能が働いて、電源のオンオフでCCDを微振動させてゴミを飛ばしてくれたみたいです。

「α」の様にアンチダスト機能がついていない、他メーカーのデジタル一眼の場合はここでCCDもしくはCMOSセンサーを裸で出して、ブロワーでゴミを飛ばす作業が必要になり、それでも取れない場合は、やはりメーカーに清掃を依頼することになります。

ソニーの「α100」にしておいて良かった、と思うと同時に、こんな簡単にダストは入り込むものなんですねぇ。

初めての体験だったので、最初にダストを発見したときはかなりショックだったんですが、これからはこまめに電源のオンオフをしようと思いました。(ソニーの「α100」は、電源のオンオフでCCDのアンチダスト機能が毎回働きます。)

 

 

さて、明日は買ってきたばかりのトレッキングガイドから簡単そうなコースで「嵐山渓谷」というところに一人で行ってきたいと思います。コースは4時間、13kmというミニハイキング。

渓谷の涼しげな写真が撮れれば嬉しいですね。

 


デジタル一眼「α100」の最新情報はこちらから

 

LINEで送る
Pocket