『WF-1000X』品薄予想の話

LINEで送る
Pocket

2017年秋のヘッドホン新製品で一番注目を集めている完全独立ワイヤレスヘッドホンの「WF-1000X」ですが、関係筋の情報によるとかなりの人気となっていて発売時には品薄になる可能性がでてきました。

 

こんにちは、店員佐藤です。

先週から製品発表&先行予約販売が開始されており、当店経由でも多くのお客様に新製品をご購入いただいておりますが「WF-1000X」はその中でも当店経由で一番オーダーを頂いている製品です。

その特徴はなんといっても完全独立ワイヤレスヘッドホンということ。本体のスタミナ性能は3時間ですがケースには2回分の充電容量があり、合計でなんと9時間もの利用が可能です。

通勤通学の往復で使用するならなら十分すぎるほど。

昨日、量販店での買い物ついでにワイヤレスヘッドホンのコーナーで、こうした完全独立型のBluetoothヘッドホンを見てきたのですが、ここまでスタミナ性能があるモデルは少なく、公表値を見る限りはソニーの「WF-1000X」がもっともスタミナ性能のあるモデルになるみたいですね。


WF-1000Xの本体を満充電にするには1時間半、ケースの満充電には3時間となっていますが、クイック充電にも対応していてWF-1000X本体を15分充電すれば70分の音楽再生が可能になるとのこと。

本体にはボタンが2つ装備されていて左耳にあるのが電源ボタンになります。電源投入後はノイズキャンセリングオン、外音取り込み機能オン、ノイキャンと外音取り込みオフ、の切替ができるようになっています。

ハイレゾ対応ではありませんが、煩わしいコードから完全フリーになるのはかなり魅力的ですね。カラーはブラックとシャンパンゴールドの2色になっていますが、当店経由のオーダーを見る限りは現在のところほぼ半々くらいです。通勤や通学の強い味方になってくれそうです。

販売店ルートでの情報によると、想定以上のオーダーが入っているそうで、去年の最強ノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-1000X」がそうだったように、発売日前後には納期があなり延びてしまう可能性もあるそうです。

MDR-1000Xの時も予約販売開始時にはまだ品薄状態ではなかったものの、hydeのプロモーションが始まった途端に売れ行きが急上昇。一気に品薄になり発売時には年内納品が難しい、という状況になっていました。

「WF-1000X」についてもソニーストアでは今のところ発売日の10月7日のお届け目安となっています。このモデルもプロモーションが始まると一気に品薄になるかもしれません。

まだドコモさんのキャンペーンがないから、とか、10月になったらもうちょっとお得なキャンペーンが始まりそうだから、と、お待ちになるよりも、この製品は今すぐオーダーされた方が良いと思います。

クレジットカードの「ソニーカード」、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」で支払いをすれば3%オトクに購入できます。

 

 

ワイヤレスノイズキャンセリング
ステレオヘッドホン

WF-1000X
ソニーストア価格:
24,880円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年10月7日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証サービス 5年ワイド:3,000円
3年ワイド/5年ベーシック:2,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

 

【比較検討したいモデルはこちら】

 
ワイヤレスノイズキャンセリング
ステレオヘッドホン
WI-1000X
ソニーストア価格:
34,880円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年10月7日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証サービス 5年ワイド:4,000円
3年ワイド/5年ベーシック:2,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

 

☆当店blog 2017.9.8「進化したノイキャンワイヤレスヘッドホン『WI-1000X』『WH-1000XM2』ショールーム展示レポート」