Office 2007が今日でサポート終了

LINEで送る
Pocket

あまり話題になっていませんがマイクロソフトの「Office 2007」が今日をもって延長サポートを終了します。今年の4月にWindows Vistaがサポート終了になっていますが、同様にOffice 2007も終了します。

 

こんにちは、店員佐藤です。

10年前のVAIOというと、type TZや、type L全盛期の頃になります。Windows Vista登場の頃のOfficeはさすがに使っている方も少ないように思えますが、そういえば、自宅のプリンターサーバー代わりになっているデスクトップVAIOがこれだったりします。Officeは入れてませんが、このころのVAIOはデザインも良いし、まだお使いになっている方がいらっしゃいますかね。

パソコンは買ったらそのままずーっと使えるものではなく、Windows Updateなどによるソフトウェアの手入れが必要になります。サポートが終了したOSやOfficeについてはセキュリティ上の新たな問題が見つかってもサポートが得られないなどインターネットにつなげて使う場合に高いリスクを伴って使うことになります。

10年前にWindows Vista OS搭載モデルと一緒にOfficeを購入されているようでしたら、営業トークではなく、本当にPC毎買い換えられるのがオススメになります。

 

その買い換えにオススメのVAIOですが、現在のVAIOでは購入時に2種類のOfficeから選んで自分にあったOfficeを購入できるのはご存じでしょうか?

当店店頭でもよくお問い合わせをいただくのが、下記の「Office Premium」と「Office 2016」の違いについてです。

「Office Premium」は2014年10月から登場した新しい販売形態になります。Office Personalにはワードとエクセルが入っていて、Office Professionalにするとパワポとアクセスが付いてきて、という話ではありません。

Office Premiumは最新のOfficeを永続利用できるサービスになります。

DSC00003.jpg

Office Premiumは常に最新バージョンのOfficeをダウンロード&インストールすることができるサービス。現在は「Office 2016」が最新バージョンになりますが、次に「Office 2019」というバージョンが出てきたときも、無料で最新バージョンのOfficeにしてくれる、というものになります。

対して「Office 2016」として購入できるモノは無料アップデートはなく「Office 2016」としてずーっと使い続けるしかないものになります。これだけ聴くとOffice Premiumにしないメリットがわからないと思うのですが法人需要などで会社でOfficeをカスタマイズして利用している場合、勝手にバージョンが上げられてしまうのは困る、というケースがあるんです。

個人で使われるようであれば「Office Premium」にしない手はありません。今後も、Officeがバージョンアップを続けてくれるようであれば、今回のようにOffice 2007のサポート終了でPCを買い換えなければいけない、という事も起こりません。

 

他に、VAIO購入時にOfficeをつけるのではなく、パッケージ版で購入してきたり、Office 365という月額サービスで利用をする、という方法もあります。

パッケージ版の場合は2台のPCまでインストールができるのと、PCを乗り換えるときに権利を次のPCに移すことができるのがメリット。VAIOプレインストールOfficeの場合は権利がVAIO本体に紐づいているのでVAIOを下取りに出すとOfficeの権利も失うことになります。ただ、購入価格はVAIOプレインストール版の方がオトク。購入したVAIOでしかOfficeを使う予定がないというのであればVAIOのプレインストール版で購入するのがオトクだと思います。

Office 365の利用も月額で1,000円以上かかりますので、長く使う方ですとVAIOのプレインストール版で購入されるのがオトクだと思います。

Office 2007からの乗り換えをしなければならない、と言う方には9月に発売された新型「VAIO S Line」の購入をお勧めします。購入相談は是非、当店店頭までどうぞ。3年ワイド保証の3,000円オフクーポンを店頭購入の方にプレゼントしています。

☆マイクロソフト「サポート終了の重要なお知らせ>Office 2007」

 

パーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO S15

VJS1521
ソニーストア価格:
89,800 +税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年9月29日 メーカー商品情報ページ
延長保証 3年ワイド:7,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
同時購入で、キーボードウエア 「CC-JNKBV17」がお得(~1/18)

VAIO買い替え応援キャンペーン
(~12/25)
テックスタッフ
店頭購入特典
店頭展示予定。
ワイド保証3,000円引きクーポンプレゼント

☆当店blog 2017.10.3「持ち歩くデスクトップマシン『VAIO S15』開梱レポート」

 

パーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO S13

VJS1321
ソニーストア価格:
104,800 +税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年9月29日 メーカー商品情報ページ
延長保証 3年ワイド:8,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
VAIO株主催 PCケース プレゼントキャンペーン
(~12/25)
同時購入で、PCケース 「CC-LGS/CS/13」がお得(~1/18)

VAIO買い替え応援キャンペーン
(~12/25)
テックスタッフ
店頭購入特典
店頭展示予定。
ワイド保証3,000円引きクーポンプレゼント

☆当店blog 2017.10.4「LTE搭載『VAIO S13』開梱&セッティングレポート」

 

パーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO S11

VJS1121
※LTE搭載モデルは10月27日発売予定
ソニーストア価格:
104,800+税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年9月29日 メーカー商品情報ページ
延長保証 3年ワイド:8,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
VAIO株主催 PCケース プレゼントキャンペーン(~12/25)
テックスタッフ
店頭購入特典
店頭展示予定。
ワイド保証3,000円引きクーポンプレゼント

☆当店blog 2017.9.21「VAIO 2017年モデルが登場! 天面カーボン採用やLTE搭載モデルの増加も!」

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから 

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから