4 コメント

  1. バトルホール
    2018年10月26日 @ PM 2:57

    私も、DMP-Z1をソニーストア福岡で視聴してきました。操作感は大きなボリュームが印象的ですが、選曲の画面はウォークマンと同じなので不思議な感じがしますね。音は解像感がとても高い感じで、各楽器の位置がはっきり感じられるのが印象的でした。店員佐藤さんと同じく、視聴しながらついついボリュームを上げ過ぎてしまいますが、ぜんぜんうるさく感じないのもすごいです。お値段からして手が出ませんが、ウォークマンの到達点として開発されただけでもうれしく感じました。

    返信

    • tecstaffŔ
      2018年10月26日 @ PM 3:40

      バトルホールさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおりで、このモデルを頂点に、技術がウォークマンにフィードバックされてきたときのモデルが楽しみですよね。電源をアナログとデジタルで分離するとすごいことになってしまいますが、これのミニマム版が開発できるのかどうか、アナログアンプではなくデジタルアンプを使った場合はどうなるのか?とか、興味がつきません。

      突き抜けたモデルで誰が買うの!?というのは“α”レンズのSEL400F28GMと同じなんですが、DMP-Z1はすでに銀座でオーダーをドンドン受けているそうです。当店でもオーダーをいただいていますしSEL400F28GMよりも敷居が低いように感じてきました。

      返信

  2. ひで
    2018年11月3日 @ PM 11:16

    私はヘッドフォンアンプ「TA-Z1ES」にケーブル「MUC-B20SB1」でヘッドフォン「MDR-Z1R」を接続して、音楽を聴いています。「DMP-Z1」の音は、「TA-Z1ES」と比較して、いかがでしたか。

    返信

    • tecstaffŔ
      2018年11月6日 @ PM 5:40

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      当店店頭にTA-ZH1ESもMDR-Z1Rもあるんですが
      普段から使っているわけではないのでひでさんほど
      耳は慣れていないのですが、DMP-Z1の方が厚みがある
      感じがしました。それでいて精細感はそのままなので
      不思議な感じがしました。

      ボリュームのところのデザインがすごいですよね。
      それが一番印象に残っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です