2 コメント

  1. masayan24196
    2019年5月10日 @ PM 12:34

    ようやっとチューナー内蔵機種が出ましたね。これで選択肢に入ってきました。この中から選ぶとすれば、X9500Gの55インチモデルでしょうか。我が家は家人も含めてヘビーにゲームをやるので、有機ELは選べません。ピクセルシフトでは救いきれない…

    なんですが、現在うちにいるW5000が元気なうちはちょっと買い替えできない感じです。しかもこいつは過去のリコールの影響で、液晶テレビの寿命で最大の弱点となるバックライト周りが2度一新されてるため、しばらくは壊れる気がしません。

    W5000といえば、こいつを買った時の値段がちょうど今の候補のX9500G-55インチと同じくらいです。ローカルディミング制御な直下型LEDバックライトのテレビが同じ値段で買えるなんて、技術は進みましたね。メーカーは正直大変だと思いますけど。

    返信

    • tecstaffŔ
      2019年5月10日 @ PM 1:20

      こんにちは。

      ソニーショップ店員的には「テレビは壊れる前に買い換えないとタイミングによってはモデルが選べなくなりますよー」とかいう話をしないといけないところなんですが、実際には自宅のブラビア購入も直近2台は壊れたきっかけで買い換えをしているもので、なんとも。ただ、タイミング良く新モデルの発売タイミングだったり、年末のキャンペーン中の買い換えができているのですが、ちょっとずれていたら残念な買い換えになっていた可能性もあったりします。

      4K放送はまだ12月に始まったばかりで民放の番組をみると、まだまだ魅力的な番組は多くありませんがNHK BS4Kは無茶苦茶気合いが入っています。夜中に1人でテレビを観ているときは、私はほぼ100% 4K番組だけしか観なくなりました。

      雑誌「大人のデジタルTVナビ」を買ってきて「これは!」という4K番組が見つかったら、それきっかけで検討されてみてはいかがでしょうか? 私は「大草原の小さな家」と『4K F1』にドハマリしています♪

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です