『α9』『α7R III』『α7 III』が動物瞳AF対応へ 日本向けソフトウェアアップグレードを発表

LINEで送る
Pocket

ソニーの日本向けプレスリリースにて「『α9』のオートフォーカスや画質などカメラの基本性能をさらに進化させるソフトウェアアップグレード実施」を発表しました。

オートフォーカス(AF)や画質の進化に加え、操作性の向上と撮影をサポートする機能群が追加になります。また『α7R III』、『α7 III』向けの「リアルタイム瞳AF」「動物瞳AF」を含むソフトウェアアップデートが提供されます。

 


こんにちは、店員よねっちです。

「α9」に機能向上ための大幅なソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を実施予定と発表がありました。このアップデートではオートフォーカス(AF)や画質の進化に加え、操作性の向上と撮影をサポートする機能群が追加になります。

特にAFにおいては、AIによる物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、空間情報と被写体の瞳の位置情報を並行して高速に検出することで、動く被写体を高精度に認識し追尾し続ける「リアルタイムトラッキング」が新たに搭載されます。

アップデートの提供開始予定時期は以下の通りとなります。

名称 提供開始
『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.5.0) 3月頃予定
『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.6.0) 夏頃予定
『α7R III』、『α7 III』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.3.0) 4月頃予定
モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」(Ver.7.0) 3月頃予定
モバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」(Ver.1.0)
PCアプリケーション 「Remote」「Viewer」「Edit」アップデート(Ver.1.4) 1月末予定

.

 

『α9』ソフトウェアアップグレードの主な特長

1. 新開発リアルタイムトラッキングの搭載など、被写体を瞬時に捉えるAF性能が進化

  • 狙った被写体を自動検出・追尾し続ける、新開発リアルタイムトラッキング搭載
  • AIによる瞳検出をさらに強化したリアルタイム瞳AFの進化
  • 像面位相差AFの精度向上と活用領域の拡大により、AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16へ
  • 精度・速度・追従の安定性が向上した動画撮影時のAF
  • タッチ操作によるフォーカス操作が進化し、新たに液晶モニター上を指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更できる機能を追加。
    タッチトラッキング機能を設定しておけば、タッチによる被写体の選択と追従が可能。

2. 階調表現の向上とホワイトバランスの安定性強化による画質の向上

  • カメラ内のJPEG生成アルゴリズムの最適化により、滑らかな階調表現を実現。
  • 連続撮影モード時に短い間隔の連写を繰り返す場合などに、オートホワイトバランスの正確性・安定性が向上し、撮影後の色合わせの負担を軽減。

3. 確実な記録と迅速な管理をサポートする機能群を強化

  • 前後ダイヤルや背面コントロールホイールの柔軟なカスタマイズに対応する「マイダイヤル」機能の追加
  • メモリーカードの容量オーバー時に、もう一方のメモリーカードに記録先を自動で切り替えるリレー記録
  • デュアルスロット記録メニューの静止画振り分け記録設定の選択方法を詳細化
  • 撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能と再生時の一覧性が向上する連写グループ表示を追加
  • カスタムキーの設定に対応し、再生画面上で迅速に誤消去を防止できるようプロテクト機能を強化
  • インターバル撮影機能に対応(Ver.6.0)し、タイムラプス用の画像撮影をカメラだけで撮影可能

 

■「リアルタイム瞳AF」について

☆インプレス デジカメWatch TV「【フォトキナ】軽量・コンパクトだけど光学性能も妥協しない! ソニーの最新レンズとは?」

「リアルタイム瞳AF」はAIによる物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続けるとなっています。

高速・高精度・高追従性をさらに追求し、動物対応(Ver. 6.0)も行われるとのこと。フォトキナ2018で発表された「動物瞳AF」がアップデートで対応になるのは非常にありがたいことですね!

静止画・動画ともに利用でき、また、カスタムキーに「押す間トラッキング」を設定しておけば、狙ったタイミングに追尾を開始することもできるそう。さらにタッチトラッキングを設定すれば、モニター上をタッチして追尾する被写体を選ぶことができるとのこと。

さらに、フォーカスする瞳を「オート」「右目」「左目」から任意で選択したり、「右目/左目切替機能」でカスタムボタンを押すたびに左右を切り替える設定も可能です。ちなみに人物と動物ではモードの切り替えが必要だそう。

この「リアルタイム瞳AF」の動物対応は、「α9」だけでなく「α7R III」や「α7 III」もアップデートで対応予定となっていますが、全ての動物が対象というわけではなく、機種により提供開始の予定時期も異なるそうです。

フォトキナでの発表当初は桃井氏のインタビューの中で2019年初頭に発売される新型機種から動物瞳AFが搭載されるという話があり、既存機種へのファームウェアアップデートが微妙に思えていたのですが、これでα9以降のユーザーさんは利用ができることになります。対象になる動物がどの程度になるのかが次に気になるポイントになります。

 

『α7R III』、『α7 III』ソフトウェアアップデートの主な特長

「α7R III」や「α7 III」では上記リアルタイム瞳AFの進化 による一部の「動物瞳AF」対応に加え、インターバル撮影機能を追加し、タイムラプス用の画像撮影をカメラだけで撮影できるようになります。

海外発表によると露出追従機能が搭載され「高」「中」「低」から選択が可能。9999枚までの撮影ができるとなっています。撮影したデータはPCソフトウェア「Imaging Edge」を利用することで動画編集を行うことができます。

 

ソフトウェアソリューション「Imaging Edge」の進化点

1. 静止画納品ワークフローを高速化するプロ向けモバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」を追加

カメラのFTPバックグラウンド転送を使用して、静止画の全画像または選択した画像を撮影中でもモバイル機器に転送可能になるとのこと。

さらに、転送した画像に音声やショートカットを用いてタグやキャプションを入力したり、ショートカット用の用語をパソコンで作成しモバイル機器に同期することも可能で、効率的に作業して迅速な納品ができます。

2. モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」を追加

「Imaging Edge Mobile」はモバイル機器によるリモート撮影や静止画・動画の転送などを行うアプリケーションです。

撮影しながら静止画の全画像をモバイル機器に転送するスマートフォンへの自動バックグラウンド転送機能により、手軽にSNSへ共有可能とのこと。また、新たに4K動画の転送にも対応し、PlayMemories Mobileと同様に映像をモバイル機器で確認しながら撮影できるリモートコントロール機能、撮影画像への位置情報付与が可能になっています。

3. PCアプリケーション「Remote」「Viewer」「Edit」をアップデート(Ver.1.4)

インターバル撮影した静止画からのタイムラプス動画生成に対応。また、連続撮影時に前の画像を半透明化するオーバーレイ機能により、前後の画像比較やストップモーション動画の作成も容易です。加えて、二つの画像の比較表示、画像の入れ替えや表示位置の同期など、操作性が向上する新ユーザーインターフェイスを採用しています。

 

以上、ソフトウェアアップグレードのご案内でした。ソフトウェアアップデートで「α9」はかなり機能面で強化されそうですね!なかでも「リアルタイム瞳AF」は非常に期待してしまいます。実際に使用できるのが楽しみです。

該当モデルをご利用中の方はアップデートの提供開始をお待ちください。提供が始まったらまたお知らせしたいと思います。

 

☆ソニープレスリリース 「『α9』のオートフォーカスや画質などカメラの基本性能をさらに進化させるソフトウェアアップグレード実施」

 

デジタル一眼カメラ
『α9』ボディ

ILCE-9
ソニーストア価格:
448,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年5月26日 メーカー商品情報ページ
延長保証
5年ワイド:50,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:25,000円+税
3年ベーシック:無償
金利0%
クレジット
24回分割手数料0%+10%オフクーポン 月々20,200円
残価設定24回分割+10%オフクーポン 月々13,100円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
下取宣言 ~購入時の下取宣言で最大7,000円増額
24回分割払手数料0%キャンペーン
残価設定クレジット 分割払手数料0%キャンペーン

My Sony ID
新規登録 特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
“α9″ご成約記念品プレゼント

 

 

デジタル一眼カメラ
α7R III

ILCE-7RM3
ソニーストア価格:
349,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年11月25日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:37,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:19,000円+税
年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
下取宣言 ~購入時の下取宣言で最大7,000円増額
24回分割払手数料0%キャンペーン
残価設定クレジット 分割払手数料0%キャンペーン

テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
“α7R3″ご成約記念品プレゼント

 

 

デジタル一眼カメラ
『α7III』

ILCE-7M3
ソニーストア価格:
229,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年3月23日 メーカー商品情報ページ
延長保証
5年ワイド:23,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:12,000円+税
3年ベーシック:無償
金利0%
クレジット
24回分割手数料0%+10%オフクーポン
月々9,300円
残価設定24回分割+10%オフクーポン
月々6,400円(初回のみ9,170円)
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
24回分割払手数料0%キャンペーン
残価設定24回クレジットキャンペーン

テックスタッフ
購入特典
店頭にて実機展示中
液晶保護ガラスプレゼント

.

 

ichgan-banner

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

LINEで送る
Pocket