銀座ソニーパーク&ソニーショールーム/ソニーストア銀座 2月イベントレポート

LINEで送る
Pocket

今日から2月1日。

ソニーさん他各社で新しいイベント、キャンペーンのお知らせが発表されており、当店でも今日から店頭にて「スプリングフェア」がスタートしています。

銀座ソニーパークでは「#005 PHOTO Playground – 写真と出会う、写真と遊ぶ -」というイベントがスタート。ソニーショールーム/ソニーストア銀座で「The Headphones Park in Sony Store 2019 」が始まりました。

出勤前にちょこっとだけお邪魔してきました。

 

こんにちは、店員佐藤です。

昨年夏にオープンした銀座ソニーパーク。当店では毎日店内での仕事中に東京FMを聞いているのですが、番組「シンクロニシティ」が、毎日、ここ銀座ソニーパークから放送されています。ものすごい親近感があります。

たびたび、出勤前に立ち寄らせていただいていますが、なにやら今回は「#005 PHOTO Playground – 写真と出会う、写真と遊ぶ -」とのことで、写真をテーマにした展示になっているとのことで公開初日にお邪魔してきました。

「銀座ソニーパーク」は、ソニーが製品ではなくて公園をプロデュースしたらどうなるの?という、まったく新しいコンセプトでの運営をしています。

今回は各フロアに写真をテーマにしたアート作品を展示しています。

地下1Fには『小池健輔(Kensuke Koike) / 「Ikebana」(2018)』という展示があります。古いポートレート写真から顔のパーツを切り取り立ち上げたものになるのですが、切り取り方、並べ方で印象が大きく変わったものに見えます。

『写真を加工し、ちょっとしたズレを生じさせることで私たちのモノの見方を変え、ありふれた既存のモノの価値を変えてしまう作家』とのことですが、なるほど、アイデアですね。

地下2Fには4つのテーマ展示があり、ここは昼の公園と夜の公園をテーマにしているとのこと。

昼の公園では『本城直季 / 「small planet /Yoyogi park」(2007)』の展示があり、ミニチュアジオラマ風の公園の写真作品を展示しているのですが、その世界に自分も入ってみよう、ということで、その場で自分が公園の中に入って、動画作品にしてもらうことができます。

こんな風にブランケットに寝っ転がったところで写真を撮ってもらうと、すぐに動画加工されて、それをダウンロード出来るQRコードが掲示されます。自分のスマートフォンでダウンロードすることができます。

アップロードされた動画は24時間で消えてしまうそうですので、すぐにその場で動画をダウンロードです。こんなお土産動画をいただけました。

夜の公園では『小林健太 / 「REM」(2018)』というVR作品を体験できます。4分ほどの船旅?をしてフォトアート作品を3Dで体験できます。

ちょっと不思議な映像が楽しめます。

 

地下3Fには『藤原聡志 / 「Untitled (Timeline #1)」(2019) 』が展示されています。

かなり端折って紹介してしまいましたが、他にも多数の作品展示があります。普通の写真展とは全然違う、今までに見たことのない作品展になっています。

ソニーのプロデュース力のすごさを感じました。

地下1FにはXperia Hello!を使った大型時計があり、毎時0分、15分、30分、45分に12体の連動したアクションを楽しめます。

うちのお店にも1体、いますがこれだけの数が揃って連動すると圧巻ですね。

地上の公園部分ではロウバイが満開になっていました。秩父まで行かなくても楽しめます。

銀座のど真ん中にまさに公園ができていました。

「#005 PHOTO Playground – 写真と出会う、写真と遊ぶ -」は3月3日(日)まで開催しています。(一部展示は2月28日まで)


☆銀座ソニーパーク「#005 PHOTO Playground – 写真と出会う、写真と遊ぶ -」のご案内はこちらから

 

 

銀座ソニーパークから1ブロック西に移動すると銀座PLACEに入っている「ソニーショールーム/ソニーストア銀座」へ到着します。

5Fでは今日から「The Headphones Park in Sony Store 2019 」が開催されています。

奥にあったカウンタースペースがなくなっていて、こんな大きな展示台が登場。DMP-Z1の他にSignature シリーズ製品をまとめて試聴できるスペースに変貌していました。

そして今日から宇多田ヒカル作品のハイレゾ特別試聴もスタート。全ウォークマンに最新シングル「Face My Fears」の他、過去作品のハイレゾ楽曲がインストールされています。

そして特別企画として、過去のソニーオーディオ製品の展示も行われています。

1983円発売のカセットウォークマン「WM-20」や、トランジスタラジオ「TR-55」などがショーケース展示されていますが、これらは昨年末で閉館になった「ソニー歴史資料館」から持ってきたモノなんだそうです。

その他に稼働するカセットウォークマン「WM-2」が実際に試聴できる状態で展示されています。

新旧ウォークマン比較試聴、というコンセプトで、カセットに入っている曲と同じ曲が最新のハイレゾ対応ウォークマン「NW-A55」で聴けるようになっています。

何年ぶりになるのかわからないほど時間が経っていますが、本当に久々にカセットウォークマンの音を聴いてきました。記憶にのこっているほどのワウフラッターはなく、割と「良い音」で聴けました。WM-2のボタンの感触とかも超懐かしいです。

再生出来るのは「飾りじゃないのよ涙は」「ワインレッドの心」「フレンズ」「Get Wild」の4曲です。どれもカセット時代、レコード時代の曲がリストアップされていて泣かせてくれます。

4FのAIBOコーナーでは2019年限定販売の新色チョコAIBOがいました。先日まで名前の公募をしており、明日、名前が決定するそうです。「チョコ」のままでも良いような気がしますがなんていう名前がつけられるんでしょうね。


☆ソニーストア「The Headphones Park in Sony Store 2019」のご案内はこちらから

 

 

東京・新橋にあるソニーショップテックスタッフも2月1日からスプリングフェアを開催しています。ソニーストアのご利用の際にお得になる特典をご用意しています。また、1万円以上のご注文で店頭ガラガラ抽選会に参加できます。今年度に残ったソニーノベルティなどが景品になっています。

初めてソニーストアをご利用になるお客様には「AV商品長期保証50%オフ」クーポンもプレゼントしています。

 

銀座ソニーパーク、ソニーショールーム/ソニーストア銀座へお越しの際は新橋にある当店にも是非、お立ち寄りください。

 

☆当店店舗のご案内はこちらから
☆ソニーストア・直営店をご利用のお客様へのお願い
.

 当店店舗「ソニーショップ テックスタッフ」の住所はこちら
 東京都港区新橋5-12-6 ヴェルディ新橋1F
電話番号:03-6809-1868 営業時間:11~20時
定休日:毎週日・月曜および祝祭日

.

☆Google Mapでの表示はこちらから

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 

LINEで送る
Pocket