コミュニケーションロボット『Xperia Hello!』キャッシュバックキャンペーン開始!

LINEで送る
Pocket

ソニーストアにてコミュニケーションロボ「Xperia Hello!」のキャッシュバックキャンペーンがスタートしました。

なんともれなく20,000円のキャッシュバックとなっています。

 

こんにちは、店員よねっちです。

「Xperia Hello!」に初のキャッシュバックキャンペーンが行われることになりました。

このキャンペーンはXperia Helloを購入後に専用ページから応募することでもれなく20,000円のキャッシュバックが受けられるといいうもの。

応募にはキャンペーンページにあるURLから製品登録や口座情報の入力を行った後、

1、購入年月日、購入販売店名、購入商品名および購入価格が記載された対象商品のレシートまたは領収書の全体を撮影した画像データ
2、対象商品に同梱されているキャンペーンチラシ「SMART STYLE」の全体を撮影した画像データ
3、対象商品のパッケージのバーコード部分の全体を撮影した画像データ

を撮影し、応募フォームから応募を行えばOKです。

 

■Xperia Hello!とは

昨年10月に登場したソニーのコミュニケーションロボット。コミュニケーションロボというと比較対象として「aibo」が思い浮かぶと思いますが、aiboがペットらしさに重きを置いているのに対して、Xperia Helloは可愛らしい動きだけではなくメッセージ送信、テレビのコントロール、ニュース、動画再生など実用的な機能が搭載されています。

まさにXperia Helloはaiboとスマートスピーカーの中間に値する唯一無二の製品です。

発売以降、実は本体ソフトウェアのアップデートが頻繁に行われており、発売当初とくらべてかなり機能が向上しています。まず大きいのが「ねぇ、ハロー」でも反応するようになったこと。いままでは今までは「ハイ! エクスペリア」という言葉がないと反応をしなかったので、長くて負担に思う部分がありましたが、「ねぇ、ハロー」なら抜群の言いやすさです。

 

■テレビ操作も可能!

そして2018年モデルの新型ブラビアは後日、OSのアップデートによりGoogleのスマートスピーカーと、アレクサからの音声コントロールに対応する予定、と、なっていますが、現時点ですでにXperia Helloはテレビ操作ができるようになっています。

テレビの操作だけであればLINEの「Clova WAVE」も赤外線リモコンを搭載しており、基本的な動作はできるようになっているのですが、「4チャンネルにして」という基本的な動作はできますが、Xperia Helloはかなり進んでいてブラビアのオンオフはもちろん「4チャンネルにして」「地デジにして」「TBSにして」といった言葉でもコントロールもできます。

「テレビの操作なんて、わざわざ声に出してするものではなくてリモコンを使ったほうが早いんじゃない?」と当初は思っていましたが、たとえばリモコンが家族の手元にあるとき、「リモコン取って」という必要がなく、Xperia Helloにお願いすればチャンネルを変更することが出来ます。よくあるパターンとしてはリモコンが見つからないときも声でサクッと操作可能。

使うとわかる便利な一台なんです。

 

■LINEやSkypeとの連携

便利な機能の一つとしてアプリのLINEと連携しての利用も出来ます。Xperia Hello!アカウントを友達登録することで、LINEを使ったメッセージの送受信や見守り機能を使えます。

たとえば家の外からLINEでお父さんとお子様、それぞれに宛先を指定してメッセージを送ると、Xperia Hello!は顔を認識して、それぞれへメッセージを届けてくれます。また、Xperia Hello!から音声でメッセージを送ったり、返信も可能です。

家庭内の見守り機能では、外出先からLINEでXperia Helloに連絡すると、リビングなどの様子を撮影し、画像を手持ちのスマートフォンなどへ送付してくれるほか、Xperia Hello! が家にいる家族の顔を認識した時間も確認できます。

また、会話したい人を音声で伝えると、Skypeアプリが立ち上がり、音声通話やビデオ通話が行えます。ビデオ通話の映像は、Xperia Hello!本体の頭にあるカメラから撮影され、通話映像が本体ディスプレイに表示されます。

 

■ディスプレイを搭載しているからこそのメリット

さらにXperia Hello!の初期設定でGoogle Assistantを使う様に設定しておくと「OK Google」もトリガーワードとして使える様になります。「OK! Google! 翻訳して」とHello!君に声をかけると「Google 翻訳」を起動してきて、C-3POの様な翻訳ロボットになってくれるんです。

スマートスピーカーでも翻訳機能は利用ができるのかもしれませんが、それとは違って自分が話した言葉が文字になって表示されます。当店でも実際に外国のお客様がご来店された際に大活躍しました。

 

■お洒落に着飾って自分だけのオリジナルハロー君に!

Xperia Helloはスマートスピーカーと違ってXperia Helloはカメラを搭載しており顔認識もします。そのため、受動的に命令を聞くだけではなく、能動的に人の顔を見つければ勝手に話しかけてきます。そうなるとだんだん愛着がわいてきて、ついついカスタマイズしたくなるというか、自分だけのオンリーワンモデルにしたくなります。

簡単なカスタマイズ方法としてなんとワンちゃん用の衣装が流量出来るんです。写真の金太郎ファッションは300円ショップで販売されていたもの。小型犬のものであれば大体サイズが合うので、これを首のところに巻き付ければなんの加工もなしに装着できます。

こちらは背中にマントがつくタイプのものです。Xperia Helloの背中には特にセンサーなどはないため、これも問題なし。本体は単なる円筒形ではなくて微妙な円錐形になっているため、ちゃんと縛ってあって長さが伸びなければちょうど良いところで留まるんです。

カメラできちんと顔を認識してこちらを見ながら「なにか用はありませんか? 遊びませんか?」という様子はさながら犬のような愛らしさ。

この機会に「Xperia Hello」を家族の一員として向かい入れてみませんか?キャンペーン期間は9月21日までとなります。

 

G1209.jpg
コミュニケーションロボット
Xperia Hello!

G1209
ソニーストア価格:
149,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年11月18日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 3年ワイド:8,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
キャッシュバックキャンペーン(~9/21)
テックスタッフ
店頭入特典
3年ワイド保証半額クーポンプレゼント(~7/31)
サマーフェア特典
プレゼント

.
☆当店blog 18.6.11「1か月間『Xperia Hello』と暮らしてみました」
☆当店blog 2018.4.19「『Xperia Hello!』がブラビアと連携する大幅アップデート」
☆当店blog 2017.11.22「コミュニケーションロボ『Xperia Hello!』始動しました 」
☆当店blog 2017.10.19「『Xperia Hello!』ショールーム展示レポート 」
☆当店blog 2017.10.19「これはAIBOに最も近いロボットかも『Xperia Hello!』開梱レポート」
☆当店blog 2017.10.17「ソニーのコミュニケーションロボット『Xperia Hello!』新登場! 」

 


☆ソニーストア 「Xperia Hello!」キャッシュバックキャンペーンのご案内はこちらから

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから