2018年のソニーショップ テックスタッフ人気ソニーストア製品ベストテン発表!

LINEで送る
Pocket

毎年恒例の振り返り企画です。

2018年も数多くのソニー製品が登場し、おかげさまでたくさんのソニー製品を当店経由でご購入いただきました。2018年もご愛顧いただき本当にありがとうございました。

当店でご購入いただいたソニーストア商品ですが、2018年はどのモデルが人気だったのか、ベストテンを発表したいと思います。予想外の製品がトップワンツーを占めました。これは誰も予想をしていない展開だったと思います。

 

こんにちは、店員佐藤です。

今年は当店の担当セールスさんが中村君というフレッシュな方で、彼の支援もありたくさんの撮影イベントを開催しました。近年、こんなに数多くのイベントを開催した事ってありましたっけ!?

1月の「ソニー本社ツアー」に始まり2月には馬場講師の「αレンズセミナー総集編」を開催。ミニバスツアーということで羽田空港周辺の撮影会をしたり、3月には浜離宮で4K HDR桜撮影会も開催、4月の野毛大道芸、5月は濃溝の滝ツアー、6月に有機ELブラビア体験会、7月は横浜花火撮影会、8月のペルセウス座撮影会in福島、9月は羽田沖クルーズツアー、秋のシマリス撮影会、江戸東京たてもの園の昭和撮影会、10月の横浜マラソン撮影会?、締めの動画発表会、などなど、イベント全開の1年でした。

お付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

また、ご購入いただいたソニー製品ですが、元気に活躍しているでしょうか? 2018年、新たに購入されたソニー製品がどれくらいの人気だったのか、自分で購入した商品ってみんなにも支持されているのか?って、気になりますよね。

ソニーストア全体とリンクはしていませんが、当店経由でのオーダー数のベストテンを割り出してみましたので、発表したいと思います。

2018年のソニーショップ ヒット商品ベストテンはこちらです。

まずは10位から!

 

 

第10位 12月1日放送開始!4Kデジタルチューナー『DST-SHV1』

ものすごくタイムリーな製品になりますが、12月1日に放送開始になった4K放送を観るための4Kデジタルチューナー「DST-SHV1」が年間オーダー数第10位に入りました。

今が旬というか、12月1日の4K放送開始から私は毎日4K放送ばかり観ています。「4K放送で何が見られるの?」「そんなに面白い番組あるの?」とか、思われるかもしれませんが、4Kになって解像度が上がったというよりも「HDR」規格による色域の広さ、輝度差の幅が大きくなり、今までのハイビジョン放送とは色と光が違う映像が毎日楽しめます。

まだ放送局や番組によってカラーグレーディングの違いがモロに出ていて、なんか暗いモノや緑がかって見える番組などもあるのですが、これらも日を追うにつれて平準化されていくんだろうなぁ、こうしてバラバラの色や輝度の映像を観られるのは今だけなんだろうなぁ、という思いで楽しませてもらっています。

12月1日の放送開始イベントの次は大晦日のNHK紅白の4K HDR放送が目玉です。その後も1月には70mmフィルムで撮影された名作「アラビアのロレンス」がNHK 4K BSで放送されたり、2月にはブラタモリの4K版が放送されるなど、続々と注目番組が登場します。

2018年ならではのソニー製品がベストテンにランクインして個人的にも嬉しいです♪

地上・BS4K・110度CS4K
チューナー

DST-SHV1
ソニーストア価格:
54,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年11月10日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証サービス 3年ワイド:3,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭購入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
3年ワイド保証半額クーポンプレゼント
ウインターフェア特典あります
開店5周年記念ソニーロゴ入り手帳プレゼント

.

☆当店blog 2018.12.3「4K放送開始ソニーフェア&NHKイベント&店員自宅体験レポート」
☆当店blog 2018.11.9「4K放送開始前の4Kデジタルチューナー『DST-SHV1』開梱レポート」
☆当店blog 2018.9.15「録画するならソニーの4Kダブルチューナー 4K BS放送の話のまとめ」
☆当店blog 2018.9.4「3分でわかるソニーの4Kチューナー『DST-SHV1』プレスリリース紹介」

 

 

第9位 200mmズームレンズ搭載サイバーショット『DSC-RX100M6』

6月22日発売、24~200mmの高倍率ズームレンズを搭載した大型1インチセンサー搭載の高画質サイバーショット「DSC-RX100M6」が今年の第9位です。

本体価格が138,880円(税別)と、デジタル一眼カメラを超えるような価格で、購入される方を選ぶカメラだと思いきや、とんでもない品薄状況になるほどの大ヒットになりました。最長で7週待ちほどになっていましたが11月になってからようやく供給が追いついてきて、年末は普通に購入する事がやっとできるようになりました。

24mm~50mmまでは最短撮影距離がほとんど変わらないモノの50mmを超えると一気に最短撮影距離が長くなります。高倍率ズームを搭載したモデルになりますが、そうしたレンズの特性を知った上で使うとスーパーウルトラ便利で高画質なコンパクトカメラになります。

ハイキングに行くときも、これさえあれば野草や高山植物から、離れたところにいる野生動物までなんでもカバーできます。デジタル一眼カメラ”α”のサブ機としても便利。

4K HDR撮影に初めて対応したサイバーショットでもあります。4K動画は5分までしか撮影ができませんが、4K HDRスナップ撮影という新しいジャンルの動画を撮影できる可能性を秘めたモデルです。

こんなモデルが登場してしまって、果たしてRX100M7とかって企画されるんですかね!?

デジタルスチルカメラ
DSC-RX100M6
ソニーストア価格:
138,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年6月22日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:14,000円
3年ワイド/5年ベーシック:7,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
残価設定クレジット手数料0%
テックスタッフ
店頭入特典
店頭実機展示あります
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
液晶保護フィルムプレゼント

.

☆当店blog 2018.7.12「『RX100M6』光学ズームと『RX100M5』の超解像ズーム比較」
☆当店blog 2018.7.1「『DSC-RX100M6』で撮る「二ホンリス」」
☆当店blog 2018.6.27「RX100M6で撮る美の山あじさいハイキング 」
☆当店blog 2018.6.22「『RX100M6』開梱レポート&ミニレビュー 」
☆当店blog 2018.6.13「『RX100M6』みんなのオーダーレポート 」
☆当店blog 2018.6.12「ソニーストアにて『DSC-RX100M6』の先行予約販売開始!」
☆当店blog 2018.6.12「『DSC-RX100M6』先行予約販売開始直前情報」

☆当店blog 2018.6.7「『DSC-RX100M6』展示レビューレポート&お得な買い方ガイド」

 

 

第8位 スマートフォンと使える新型ウォークマンA50シリーズ

2018年の当店ヒットソニー製品の第8位は新発売のウォークマンA50シリーズでした。

外観のデザインはキープコンセプトで変わらないモノの、シャーシを作り替えた意欲作。また機能面でもスマートフォンと連携して使える「Bluetoothレシーバー機能」を搭載。

スマートフォンに入っている音楽や動画音声をBluetoothでウォークマンに伝送することで、ウォークマンに搭載されているDSEE HXでハイレゾ相当の音質にアップコンバート、それをウォークマンのデジタルアンプで再生することでスマートフォンの音質をもっと良くしてしまおう!という使い方ができます。


★ソニー「アナログレコード特有の音響効果をデジタルで再現 音の豊かさや広がりを感じる「バイナルプロセッサー」 」

さらに、ソニーの有名なエンジニア かないまるさんが監修した「バイナルプロセッサー」を新搭載。アナログレコードの音響効果をデジタルで再現、と聞くとプチノイズなどをわざと加えるのかと思いきや、アナログならではの音を自然に聴かせるための「動き」があり、それをデジタルで再現することでさらに音を豊かに聴かせる、ということをしています。

こちらの読み物を読んでみると納得というか、CD規格を作っているときからのデジタルの音の補正についての集大成的な考え方をウォークマンに投入してきたことを知ることができます。

このモデルもソニーウォークマンの伝説的なモデルになるかもしれません。ウォークマンの買い換えを検討中の方、これは買い換えするタイミングのモデルだと思います。

ウォークマンAシリーズ
NW-A50シリーズ
ソニーストア価格:
21,880 +税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年10月6日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 3年ワイド:3,000円+税~
3年ワイド/5年ベーシック:2
,000円+税~
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
12回分割払手数料0%キャンペーン(~1/15)
期間限定!下取り増額キャンペーン(~1/15)
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

.
☆当店blog 2018.10.10「iPhoneでウォークマンA50シリーズのBluetoothレシーバー機能を使ってみました」
☆当店blog 2018.10.5「レコパル世代 オーディオマニアも嬉しい新型ウォークマン『NW-A55HN』製品版開梱レポート」
☆当店blog 2018.9.6「スマートフォンと一緒に使うウォークマン『A50』シリーズ 実機レポート」
☆当店blog 2018.9.5「【3分でわかる】新型ウォークマン「A50シリーズ」進化ポイント解説」

 

 

第7位 nasneやBDレコーダーと連携『PC TV Plus』

安定の第7位。毎年ランキングされる「PC TV Plus」はソニーVAIO時代にあった「VAIO TV with nasne」の後継ソフトウェアになります。Windows PCにインストールして、ネットワークレコーダーのnasneや、ソニー製BDレコーダーと連携してPCでテレビ番組を視聴したりBD-Rに書き出したりすることができます。

2016年5月にリリースされてから以前、人気のあるアプリケーションです。ソニー製BDレコーダーを購入したらお手持ちのPCも是非機能アップしてしまいましょう。

DSC00002.jpg
★ソニーストア「PC TV Plus」のご案内はこちらから

☆当店blog 2018.10.4「PC TV Plusが本日より「Ver.3.7」の提供開始」
☆当店blog 2017.12.22「『PC TV Plus』Ver.3.5でアップロード機能を実装」

 

 

第6位 超品薄ズームレンズ「SEL24105G」

昨年10月31日に発売になり、そこから半年間品薄状態が続き、3月にα7IIIが発表されたら、そこからまたまた劇的な品薄になってしまい、発売から1年以上経ったいまもソニーストアでは「入荷次第出荷」ステータスになっているズームレンズが第6位の「SEL24105G」です。

出荷本数がもっと潤沢にあればもっと上位に入っていたと思うんですが、それにしてもすごい人気です。今までの標準ズムレンズ24-70mmよりも1.5倍まで望遠域が使えて、それでいて広角側で周辺が流れることもなく、望遠域でも非常にシャープで高い解像感の写真が撮れます。

DSC00324

旅行の写真を1本で済ませたい、荷物の軽量化をしたいけど広角撮影も望遠撮影もしたい、というときに非常に便利な守備範囲の広いズームレンズになります。

12月になり実質的な納期は1週間程度まで短くなってきていますが、このレンズはまたソニーさんから新型ボディが発売されると一気に品薄になってしまうかもしれませんね。

.
デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ
SEL24105G
ソニーストア価格:
149,630
+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年11月25日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:15,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:8,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
残価設定クレジット 分割払手数料0%キャンペーン
24回分割払手数料0%キャンペーン
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
Gレンズキャッププレゼント中

.
☆当店blog 2018.12.14「“α7III”と2018年の人気“α”レンズで撮る『横浜山手西洋館・世界のクリスマス2018』」
☆当店blog 2018.2.26「『SEL24105G』で撮る「東京マラソン2018」」
☆当店blog 2018.2.22「『SEL24105G』で撮る「雛のつるし飾り」」
☆当店blog 2017.11.29「“α7R3″と『SEL24105G』で撮る雲取山 」
☆当店blog 2017.11.10「『SEL24105G』の供給に関するお知らせ 」
☆当店blog 2017.10.30「“α”の新しい標準ズームレンズ『SEL24105G』店員解説」

☆当店blog 2017.10.25「新レンズ『SEL24105G』のプレスリリースと『400mm F2.8』開発発表 」

 

 

第5位 お得になってきたゲーム機『PlayStation 4』

ソニーストアにて2018年12月3日~2019年1月6日までの期間限定でPS4/PS4 PROやPS VRがお得な価格で購入できる「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」が開催されていますがPlayStation 4本体は今年もかなりのオーダー数でした。

特に今年は4K出力対応のPlayStation 4 Proもコラボレーションモデルが多数発売されるなどゲームの世界でも4K化が進んだ感じがします。

年末最後の大バンバン振る舞い!でPlayStaiton 4 Proは5,000円オフ対象外ですが2本のゲームソフトが無料でもらえるバンドルクーポンは付属しています。対象の21タイトルにはなんと「グランツーリスモスポーツ」や「アンチャーテッド」などの人気ソフトも入っています。

4Kブラビアをご購入で4Kチューナーはまだいいや、という方も、最初の4K映像ソフトとしてPlayStation 4 Proを買っちゃう!というのはアリかも!

★ソニーストア 「大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」対象製品はこちらから

 

 

第4位 まだ買えます!『PlayStation Classic』

24年前に発売された初代プレイステーションの復刻版「プレイステーション クラシック」が2018年の当店の人気商品第4位にランクインしました。

11月5日の予約販売開始時には久々にソニーストアサイトでのカート流入制限が行われるなど、争奪戦が繰り広げられていましたが、その後もソニーストアでは在庫販売が行われていて即納状態で購入が可能となっています。

私もひとつ買わせていただきました。

対戦ゲーム用にコントローラーは2個付属します。単純なゲームソフトが多いですし、お正月にテレビゲームをあまりされていない方が遊ぶのにはちょうど良いかも。

電源としてACアダプターが付属せず、マイクロUSBからの電源供給でプレイすることになります。スマートフォンや携帯電話充電用のUSB端子のついたACアダプターがあれば、HDMIケーブルも付属するのですぐに遊ぶことができます。

お正月休みに遊んでみてはいかがでしょうか?

プレイステーション クラシック
SCPH-1000RJ
ソニーストア価格:
9,980+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年12月3日 メーカー商品情報ページこちら
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ

.
☆当店blog 2018.12.5「4Kブラビアで楽しむプレイステーション クラシック開梱レポート」
☆当店blog 2018.11.2「ソニーストアにて台数限定で『プレイステーション クラシック』 販売決定!」

 

 

第3位 デジタル一眼カメラ『α7III』

当店の2018年を一番代表するソニー製品と言えば、やはりこれだと思いました。第3位になってしまいましたがデジタル一眼カメラ”α7III”です。

2月27日にプレス発表され3月2日からソニーストアで先行予約販売を開始、3月23日発売になった新型フルサイズミラーレスボディですが、当店の月間オーダー数で新記録をうちたてていてオーダー数でも記録に残る製品になるのですが、カメラとしての性能、使い勝手もとても印象的。

個人的にも、このカメラのおかげで撮影方法がガラッと変わりました。

マルチセレクター(ジョイスティック)が追加されたおかげで、それまでワイドエリアかゾーンエリアでのAFでしか使ったいなかった私のデジタル一眼α使いですが、撮影時にどのタイミングでも自由に移動ができるスポットAFに完全移行。

α9から搭載されているマルチセレクターですが、今年1年通って撮影させてもらってきたシマリス撮影で一気に使い慣れました。

DSC01939
α7III+SEL70200GM F2.8 1/250 ISO100 焦点距離200mm

障害津物の影に隠れたがるシマリスの目に正確にフォーカスを合わせたいところなのですが、これがまた非常にすばしっこく、撮影することだけでも難しいんです。

マルチセレクターをセンターに合わせて押し込むとセンターにスポットAFが戻ってくるので、まずは日の丸写真になっても良いのでそれで1枚。まだシマリスがじっとしてくれていて撮影できそうだったら構図を作っていきスポットAFをシマリスの顔に持って行って、さらに撮影をします。

正確に瞳に合わせなくても動物の目と鼻というのはコントラストが高いのでそこに大体AFが合ってくれます。

そしてまだじっとしてくれていてシャッターチャンスをもらえるようだったらメモリーダイヤルを回して4K HDR動画撮影モードに切り替えて動画撮影もする、というのが私のスタイル。

猪苗代湖の夜明け
“α7III”+SEL1635GM F22 3.2秒 ISO100 焦点距離16mm

昨年まではJPEG撮影をすることがほとんどだったのに、今年はRAWでの撮影をすることが増えました。現像ソフトも今まではわかりやすさから、ソニーのImaging Edgeを使っていたのですが、後半はCapture Oneを使うことがほとんどになりました。

α7IIIのおかげで、今年1年で撮影スタイルを大幅に変えてもらっています。そういう意味でも感謝するばかりの製品です。

おかげで「撮ってみたいモノ」が、また大幅に増えました。2019年はもっと時間をたくさん取って、時間のかかる撮影に挑戦をしてみたいと思います。夢を与えてくれる製品でした。

デジタル一眼カメラ
『α7III』

ILCE-7M3
ソニーストア価格:
229,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年3月23日 メーカー商品情報ページ
延長保証
5年ワイド:23,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:12,000円+税
3年ベーシック:無償
金利0%
クレジット
24回分割手数料0%+10%オフクーポン
月々9,300円
残価設定24回分割+10%オフクーポン
月々6,400円(初回のみ9,170円)
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
24回分割払手数料0%キャンペーン
残価設定24回クレジットキャンペーン

テックスタッフ
購入特典
店頭にて実機展示中
液晶保護ガラスプレゼント

.

☆当店blog 2018.12.17「“α7III”で撮った『ふたご座流星群2018』『ウェルタネン彗星』」
☆当店blog 2018.11.28「デジタル一眼『α7III』で撮る『冬眠前の秋のシマリス』」
☆当店blog 2018.10.15「α7IIIで撮る 開業したての豊洲市場と閉場した築地市場」
☆当店blog 2018.6.17「”α7III”で撮る『シマリスとあじさい』」
☆当店blog 2018.3.29「『α7III』で撮ってブラビアで観る『4K HDR』の話」
☆当店blog 2018.3.23「デジタル一眼カメラ”α7III”開梱レポート」
☆当店blog 2018.3.7「”α7III”ショールーム展示レポート α7IIと比較してきました」
☆当店blog 2018.3.3「【これがお得な購入方法】”α7III”みんなのオーダーレポート 」
☆当店blog 2018.3.1「CP+2018で触ってきました ”α7III”実機レビューレポート 」
☆当店blog 2018.2.27「AF性能2倍!3分でわかる新型カメラ”α7III”プレスリリース発表」

 

 

さて、これからトップ2の発表ですが、大異変があります。2017年発売のソニー製品がワンツーを占めるのですが、実は7月に当店ではすごいことが起こっていたんです。

1位と2位をまとめて発表します。

 

 

第2位 ウォークマン『NW-A40』シリーズ

第1位 ワイヤレスヘッドホン『WH-H800』

第2位はウォークマン「NW-A45HN」で、第1位がワイヤレスヘッドホン「WH-H800」でした。この2製品だけ3位の製品にダブルマークを付けるくらいの桁違いのオーダーをいただいています。

当店で、かつてこんなにウォークマンやヘッドホンのオーダーをいただいたことはないのですが、その理由がこちらでした。

スマートフォンアプリの「アイドリッシュセブン」とコラボレーションした数量&期間限定モデルの大ヒットでした。

コラボモデルでの大ヒットというと「初音ミク」の3周年記念モデルがあったのですが、それをはるかに凌駕するほどのオーダーをこの夏いただいています。ソニーストア、コラボモデルでの盛り上がりもおそらく今年一番激しかったんじゃないかと思います。受注開始から1日もたずにすべて完売してしまい、8月には再販売が行われていますが、そちらもほぼ瞬殺でした。

ヘッドホンの再販売分の納期は12月頃となっていましたが、今月になってから続々とお届けになっています。

選べる「書き下ろしポストカード」が特典としてついてきたのですが、受注開始時にはそれらの発表はなく、後日公開だったにもかかわらずオーダーが殺到。カードデザイン公開の際には、twitter 勢いランキングで当店のツイートが日本一を記録する瞬間があったほど。(わずか10分だけですが最高順位をつけていました)

初音ミクのときもそうでしたが、コラボモデルってすごい人気があるんですね。


★ソニーストア 「『ラブライブ!サンシャイン!!』コラボレーションモデル」のご案内はこちらから

その後も、ソニーストアからはアニメ、ゲーム、アーティストとのコラボレーションモデルが続々と登場しています。こうしたキャラクターも魅力ですが、ウォークマンやヘッドホン自体の商品力も高いですし、鬼に金棒的なコラボレーションなんですよね。

現在は「ラブライブ!」のコラボモデルの登場が予告されています。気になる方はメール申し込みをどうぞ。

ウォークマンAシリーズ
NW-A50シリーズ
ソニーストア価格:
21,880 +税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年10月6日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 3年ワイド:3,000円+税~
3年ワイド/5年ベーシック:2
,000円+税~
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
12回分割払手数料0%キャンペーン(~1/15)
期間限定!下取り増額キャンペーン(~1/15)
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

 

ワイヤレスステレオヘッドセット
h.ear on 2 Wireless

WH-H800
ソニーストア価格:
19,880 +税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年10月7日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 3年ワイド:3,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:2
,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
テックススタッフ開店5周年記念品プレゼント

☆当店blog 2018.7.19「ウォークマンA40シリーズ&ヘッドホン「WH-H800」に『アイドリッシュセブン』3周年記念コラボモデルが登場!」

 

 

以上、2018年のソニーショップテックスタッフのオーダー数ベストテンでした。

予想外の1位、2位製品で私も驚きました。アイドリッシュセブンファンの方には足を向けて眠れません。ソニーストアで第2弾、第3弾の製品が出てくると良いですね。

 

ちなみに気になる製品としてアメトーークの家電芸人で話題になったネックスピーカー「SRS-WS1」も話題になりましたが、こちらは惜しくも11位です。αレンズの最新作「SEL24F14GM」もオーダーされた方が多いと思いますが、こちらは12位でした。

第13位にはFirst Flight発のスマートウォッチ「wena wrist active」もランクインしています。店頭ではiPhoneをお持ちでないユーザーさん向けに初期設定用のiPhoneをご用意しています。こちらは息の長い製品になりますし、2019年はもっと上位にランキングされてくるかも。

 

2018年、当店をご利用いただいたお客様に心より感謝いたします。ソニーストア製品のお買い上げ、ありがとうございました。

秋のソニーフェアへご参加いただいた一部のお客様にはご案内をさせていただきましたが、2019年は当店の店頭販売が大きく変化するかもしれません。新しいサービスとイベントを今年以上に力を入れて盛り上げていきますので、是非、来年もお付き合いください。

2019年もよろしくお願いします。

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 

LINEで送る
Pocket