ソニー「ハンディカムキャッシュバックキャンペーン」で最大1万円キャッシュバック!

LINEで送る
Pocket

7月13日よりソニーにてもれなく最大1万円のキャッシュバックが受けられる「ハンディカムキャンペーン」がスタートします。

 

こんにちは、店員よねっちです。

7月13日~10月8日までの間にキャンペーン対象モデルを購入し、応募することでもれなく最大1万円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンが発表になりました。

今回もキャッシュバックの対象モデルがすべて「空間光学手ブレ補正」搭載モデルになっています。

 

■空間光学手ブレ補正

空間光学手ブレ補正はイメージセンサーを含めた光学系全体を、まるで空間に浮いているかのように姿勢維持するソニー独自の技術。

旅行や運動会で、歩き撮りやお子様を追いかけながら撮影する時など、さまざまなシチュエーションで安定した滑らかな映像を簡単に撮影できます。さらにHD撮影時には「インテリジェントアクティブモード」に対応。5軸方向で手ブレを補正し、ワイド撮影時は約15倍ブレない安定した映像を実現しています。

 

最大の1万円キャッシュバックになるのは「FDR-AX60」と「FDR-AX45」の2モデルです。

どちらも4K対応モデルになっており、4K映像撮影専用に設計した裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor Rを搭載しています。また、5方向からの収音が可能な5.1chマイク構造により、ノイズの少ない広がりのある高音質で音声を録音することが出来ます。

また、4K映像と同時にスマートフォンでの再生・共有に適したMP4動画の記録が行えるので、ハイライトムービーメーカー機能を使えばそのMP4動画を用いて、切替効果やBGMを付けたショートムービーを簡単に作成することが出来ます。

ハイライトムービーメーカーではズームなどの撮影時の情報や、ユーザーが付けたハイライトポイントなどを用いたシーン分析を自動で行い、印象的な場面を抽出した編集を行います。カメラ本体からスマートフォンにWi-Fi転送が可能なため、映像をテレビだけでなく、スマートフォンでも手軽に楽しむことが出来ます。

AX60とAX45の違いですが、撮影時に大きく違うのはマニュアル機能になります。写真左がAX45で写真右がAX60です。AX60にはレンズ周りにリングがついており、よく見るとレンズの根元には「MANUAL」という表示のあるボタンもついています。

AEシフト(写真でいうところの露出補正)などの機能を割り当てておきリングを回してある程度自分で映像の補正をしやすくなっているのがAX60になります。

また、電子ビューファインダーの搭載もAX60のみとなります。液晶パネルを開いてのライブビュー撮影もできますが、より手振れを防ぐ撮影をするためにはビューファインダーを使って両手と目で固定した方がブレはなくなります。

あと、使用頻度はあまり高くないと思いますが赤外線を使って暗闇での撮影ができるナイトショットをAX60は搭載しています。価格差は3万円もあるのですが、やはりちゃんとした映像を撮るならファインダー付きモデルがオススメ!

 

5,000円のキャッシュバックが受けられるのはハイビジョンハンディカム「HDR-PJ680」と「HDR-CX680」です。

4K対応でこそありませんが、Gレンズに加え、16:9の「Exmor R CMOSセンサー」を採用することで、ワイド端で、動画でも静止画でも26.8mmを実現。狭い室内でも、広い範囲を撮影することができます。なかでHDR-CX680はハンディカムのカラーラインナップでも珍しいレッドモデルが選択できるようになっているのがポイント。

HDR-PJ680とCX680の差はプロジェクター機能の有無です。暗い部屋でないといけませんが、大画面で壁に投映することができるHDR-PJ680は、お子様のイベント撮影だけではなく、その感動をふり返るときにも役に立ちます。

これからGWや夏休みのシーズンとなっていきます。楽しい思い出は是非ハンディカムで記録して、長い間お楽しみください。

 

■4Kハンディカム比較表


FDR-AX60

HDR-CX680-05.jpg
FDR-AX45

hdr-pj680[1].jpg
HDR-PJ680

hdr-cx680[1].jpg
HDR-CX680

ストア
価格
124,880円 94,880円  64,880円 49,880円
発売日 2018.2.9 2018.2.9 2017.1.20 2017.1.20
画質 HDR-CX680-04.jpg HDR-CX680-04.jpg HDR-CX680-01.jpg HDR-CX680-01.jpg
イメージセンサー 1/2.5型
Exmor R
1/2.5型
Exmor R
Exmor R Exmor R
レンズ ZEISS
Vario-Sonnar T
ZEISS
Vario-Sonnar T
Gレンズ Gレンズ
動画有効画素数  829万画素  829万画素  229万画素  229万画素
手振れ補正 空間光学手振れ補正 空間光学手振れ補正 空間光学手振れ補正 空間光学手振れ補正
広角 26.8mm 26.8mm 26.8mm 26.8mm
光学ズーム 20倍ズーム 20倍ズーム 30倍ズーム 30倍ズーム
マイクシステム
スピーカー
5.1chマイク 5.1chマイク 5.1chマイク 5.1chマイク
液晶モニター 3.0型ワイド
92.1万ドット
3.0型ワイド
46万ドット
3.0型ワイド
46万ドット
3.0型ワイド
46万ドット
プロジェクター



連続撮影時間 約2時間40分 約2時間40分 約2時間40分 約2時間40分
撮影時総質量
約585g 約560g 約375g 約360g
内蔵メモリ 64GB 64GB 64GB 64GB


ハンディカムの平均買い換えサイクルは6~7年と言われていますので、ここで購入したハンディカムは2024年くらいまで使うことになります。業界予測では2020年には4Kテレビの世帯普及率は50%を超える見込みだそう。

とはいえ、4Kになるとその分データ量も増え、保管や編集も大変になってきます。4Kってハイビジョンとどう違うの?4Kのメリット・デメリットは?など気になることがある方は
当店店頭までご相談にお越しいただければ ご案内いたします。お気軽にご来店ください。

 

☆ソニーストア ハンディカムキャンペーンのご案内はこちらから


デジタル4K
ビデオカメラレコーダー

FDR-AX60
ソニーストア価格:
124,880円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年2月9日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:13,000円
3年ワイド/5年ベーシック:7,000円
年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
3年ベーシック無償
テックスタッフ
店頭購入特典
サマーフェア特典プレゼント中

 

デジタル4K
ビデオカメラレコーダー

FDR-AX45
ソニーストア価格:
94,880円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2018年2月9日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:10,000円
3年ワイド/5年ベーシック:5,000円
年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
3年ベーシック無償
テックスタッフ
店頭購入特典
サマーフェア特典プレゼント中


☆当店blog 2018.2.8「【レビュー】4Kハンディカム『FDR-AX60/AX45』展示レポート」
☆当店blog 2018.1.26「ソニーストアにて空間光学手ブレ補正搭載4Kハンディカム2機種がプレスリリース!」

 

HDR-PJ680.jpg
デジタルHDビデオカメラ
HDR-PJ680
ソニーストア価格:
64,880 +税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年1月20日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:8,000円
3年ワイド/5年ベーシック:4,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア入特典 ソニー提携カード決済で3%オフ
3年ベーシック無償
テックスタッフ
店頭入特典
サマーフェア特典プレゼント中

 

HDR-CX680.jpg
デジタルHDビデオカメラ
HDR-CX680
ソニーストア価格:
49,880 +税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年1月20日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:7,000円
3年ワイド/5年ベーシック:4,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア入特典 ソニー提携カード決済で3%オフ
3年ベーシック無償
テックスタッフ
店頭入特典
サマーフェア特典プレゼント中


☆当店blog 17.1.13.「新型ハンディカム『HDR-PJ680/CX680』先行予約販売開始!」
☆当店blog 17.1.10「3分でわかる新型ハンディカム『HDR-PJ680/CX680』紹介」