今年の『ペルセウス座流星群』は条件良し! 広角レンズを買うなら今!

LINEで送る
Pocket

DSC00018.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

当店でもたびたび撮影にチャレンジしている流星群。毎年同じ時期にやってくる流星群なんですが、今年の8月12日~13日未明にかけて見られる「ペルセウス流星群」は条件の良い流星群になるそうです。

 


☆国立天文台公式ホームページ「ペルセウス座流星群2018」

こんにちは、店員佐藤です。

毎年安定して3回大きな流星群が見られます。1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」、そして8月にある「ペルセウス座流星群」があるのですが、ペルセウス座流星群だけは極寒状態でない条件の良いところで観察ができます。

「条件が良い」の基準は月の位置になります。月があがっている夜空だと、月が明るすぎて暗い星などは見えなくなります。流星群も明るいモノばかりではないのでできるだけ暗い空で見られるのが理想なんですが、今年のペルセウス座流星群はそれにあたります。

8月13日(月)の朝10時に極大点といって一番流星が増える時間を迎えるため、見どころは8月12日の夜から8月13日の明け方となります。月は8月11日が新月なのでほとんど月の影響を受けない状態で流星群が見られる、というわけです。

曜日的にもお盆休みにかかるところで、8月11日土曜日から夏休みに入っている方も多いと思います。大チャンスなんです。

流星群の撮影に際して「このカメラでないと撮影ができない」というものはなく、お手持ちのデジタル一眼“α”で撮影できます。

ただ流星群はある程度決まった方向から飛んでくることはわかるのですが、どこに出るのかピンポイントで予測することはできません。レンズはできるだけ広角なレンズを使った方が撮影できる確率があがります。

16-35mmの広角ズームレンズや、フルサイズならSEL1224G、APS-CならSEL1018などがあると最強だと思います。

広角レンズと三脚があれば流星群撮影は可能です。あとはレリーズなどのシャッターを制御するモノがあるといろいろな作品作りができます。

 

ボディが最新モデルの“α7III”や“α7R3”だと、自動で連続撮影をするために使うカメラアプリ「タイムラプス」が利用できなくなるのでちょっと一工夫が必要になります。

サードパーティー製のタイマー機能付きのリモートコントロラーを用意する必要があります。

ついてくる説明書が英語と中国語だけで、使い方がさっぱりわかりませんでしたが日本語のマニュアルがWEB検索すると見つかります。

セッティングボタンを押すと左から5つの設定項目が出てくるのですが最初が初回シャッターのタイマー。2個目がバルブ撮影する際のシャッターが開いている秒数。3個目が次のシャッターを押すまでの間隔。4個目が撮影する枚数で最大が333枚になっているのですが「–」という表示にすれば無限に撮れます。5個目はシャッター操作の電子音を鳴らすかどうかです。

“α7R3″のマイクロUSB端子に接続してカメラ側はマニュアルモードにしてシャッタースピードをバルブにします。これであとはリモコンのプログラムスタートボタンを押すだけです。

リモコンには単4電池が2本入っていて、それで駆動します。

堂平山の夜
“α7R3″+SEL1224G F4 20秒 ISO2000 665枚 比較明合成

プログラム機能付きのリモコンを使って撮影し、それを比較明合成という方法で複数枚撮影した写真を合成すると写真の様な星の移動を表した写真が作れます。

撮影した写真を4K動画にすると、こちらもとても綺麗な作品が作れます。

 

DSC00013.jpg

さらに、流星群撮影にこれがあるともっと楽しくなる!というものが「ポータブル赤道儀」です。

単体でみると、これは何をするものなのかわからないと思うのですが、これは地球の自転に合わせて回転してくれる超微速モーターです。星の回転に合わせてカメラの向きを振ってくれるため、たくさんの写真を撮影したときも星の位置が変わらずに長時間の撮影をすることができます。

ポータブル赤道儀を使うには本体の他にアングルプレートや自由雲台も必要になります。上記の3点があれば、あとは三脚とカメラがあれば利用ができます。

DSC00011.jpg

このようにカメラをセットします。モーターの回転軸を北極星に合わせることでカメラをどちらに向けても星の動きに沿って動作する、ということをしてくれます。

これがあると回転していって移動してしまう天体を追いかけられるので、流星群をまとめて1枚に比較明合成して放射状に飛んでくる流星の流れなどが撮れます。

DSC00018.jpg
“α7S”+SEL28F20+SEL057FEC 15秒 F3.5 ISO3200 25枚比較明合成

2015年12月のふたご座流星群で頑張って撮影したものがこちらです。

このときはまだSEL1635GMやSEL1224Gが発売になっていなかったのでSEL28F20にフィッシュアイコンバーターを装着して撮影に挑戦したりしていました。

今回は月もなく条件が良いので天の川と流星群が一緒に撮れそうです。天体撮影に挑戦するならこのタイミングは見逃せません。

 


☆アストロアーツホームページ「火星大接近」のご案内はこちら

そして、もうひとつ。7月31日には火星大接近があります。15年前にも火星大接近フィーバーがありましたが、今回もかなり近づきます。

もっとも近づくのは7月31日ですが、この火だけ特に大きく見えるとかではなく、前後はずーっと接近状態になります。天気の良い日を狙って観察すると火星の北極冠、南極冠の白いドライアイスが見えるかもしれません。

晴れている日で条件が良ければ望遠レンズでも写るかもしれませんよ。

 

ソニーのフルサイズEマウントレンズの広角ズームはどれも「入荷次第出荷」ステータスになっていて、納期が見えなくなっていますが、販売店ルートの納期によると「SEL1224G」が約2週間目安、「SEL1635GM」が約3週間目安、「SEL1635Z」が約2週間目安となっています。

今ならこの夏の天体ショーに間に合いますよ♪

 

【当店の天体撮影イベントレポート過去記事はこちらから】

☆当店blog 2017.12.13「α7R3で撮るタイムラプス『堂平山』星景写真撮影会」
☆当店blog 2018.2.2「アクションカムで撮る皆既月食」
☆当店blog 2015.12.14「“α7S2″で撮る『ふたご座流星群』」
☆当店blog 2015.12.7「ふたご座流星群を”α”で撮ろう『ポータブル赤道儀』編」
☆当店blog 2015.11.29「k-tuneさんの『ふたご座流星群』撮影セミナーの話」
☆当店blog 2015.11.4「DSC-RX100M4で撮る『おうし座流星群』タイムラプス」
☆当店blog 2015.10.22「『DSC-RX100M4』でオリオン座流星群に挑戦」
☆当店blog 2014.8.9「”α7s”で撮る『2泊3日 木曽駒ヶ岳の天の川テント泊』」

 

SEL1224G.jpg
デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ
SEL1224G
ソニーストア価格:
199,630 +税
ソニーストアのご利用はこちらから
anshin-support.jpg
発売日 2017年7月7日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:20,000円
3年ワイド/5年ベーシック:10,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
残価設定クレジット 分割払い手数料0%
24回分割払い手数料0%キャンペーン
テックスタッフ
店頭購入特典
実機店頭展示あります
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
サマーフェア店頭購入特典あります

.
☆当店blog 2017.7.10「『SEL1224G』で撮る超ワイド画角の『東京スカイツリー』」
☆当店blog 2017.7.7「超広角ズームレンズ『SEL1224G』開梱レポート」
☆当店blog 2017.4.6「『SEL1224G』で七夕を撮ろう!【追記 撮ってきました】」
☆当店blog 2017.7.4「ソニーストアでのレンズ購入前に『αあんしんプログラム』」
☆当店blog 2017.6.23「超広角ズームレンズ『SEL1224G』先行予約販売開始!7月7日発売!」
☆当店blog 2017.6.20「『SEL1224G』他新レンズが初公開『PHOTO NEXT』イベントレポート」
☆当店blog 2017.6.19「”α7 II”で撮る那須旅行と熱気球の超広角写真」

☆当店blog 2017.5.20「『SEL1018』と”α7R2″で『SEL1224G』の撮影シミュレーション」
☆当店blog 2017.5.19「3分でわかる『SEL1635GM』『SEL1224G』日本国内向けプレスリリース」

 

SEL1635GM.jpg
デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ

SEL1635GM
ソニーストア価格:
267,500
+税
ソニーストアでのお買物はこちらから
anshin-support.jpg
発売日 2017年7月28日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:27,000円
3年ワイド/5年ベーシック:14,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
残価設定クレジット 分割払い手数料0%
24回分割払い手数料0%キャンペーン
店頭購入
特典
実機店頭展示あります
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
サマーフェア店頭購入特典あります

.
☆当店blog 2018.4.3「『SEL1635GM』で撮る弘法山公園の桜ハイキング」
☆当店blog 2017.7.18「『SEL100400GM』『SEL1635GM』ショールーム展示レポート 」
☆当店blog 2017.6.20「『SEL1224G』他新レンズが初公開『PHOTO NEXT』イベントレポート」
☆当店blog 2017.5.19「3分でわかる『SEL1635GM』『SEL1224G』日本国内向けプレスリリース」

☆当店blog 2017.7.4「ソニーストアでのレンズ購入前に『αあんしんプログラム』」

 

SEL1635Z.jpg
ズームレンズ
(Vario-Tessar T*
FE 16-35mm F4 ZA OSS)

SEL1635Z
ソニーストア価格:
143,880 +税
ソニーストアでのお買物はこちらから
anshin-support.jpg
発売日 2014年11月07日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:15,000円
3年ワイド/5年ベーシック:8,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
残価設定クレジット 分割払い手数料0%
24回分割払い手数料0%キャンペーン
店頭購入
特典
実機店頭展示あります
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
サマーフェア店頭購入特典あります

.
☆当店blog 2017.5.24「“α7S2″とSEL1635Zで撮るISSの話」
☆当店blog 2017.5.22「『SEL1635Z』で撮る「大山ハイキング」」
☆当店blog 2017.5.4「α7R2で撮る『五大尊つつじ公園』と『山吹の里』」
☆当店blog 2015.6.15「『SEL1635Z』で撮る尾瀬ヶ原」
☆当店blog 2015.4.28「『SEL24240』『SEL1635Z』で撮る秩父・芝桜の旅」
☆当店blog 2014.12.15「α7Sとα6000で撮る『堂平天文台からのふたご座流星群』」
☆当店blog 2014.12.11「”α7II”とSEL1635Zで撮る『世界のクリスマス2014』」
☆当店blog 2014.12.3「”α7″とSEL1635Zで撮る『皇居・乾通りの紅葉』」
☆当店blog 2014.11.15「ワイドズームレンズ『SEL1635Z』開梱レポート」
☆当店blog 2014.9.18「『SEL1635Z』ショールーム展示&オーダーレポート」

 

a01.jpg
αあんしんプログラム
(入会金+ご利用料金)

ZZ/A-AP
ソニーストア価格:
0円~+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日  2017年3月1日 メーカー商品情報ページこちら
ソニーストア購入特典  ソニー提携カード決済で3%オフ
 入会金(3,000円)無料キャンペーン(~4/16)


☆当店blog 17.5.26「『入会金無料キャンペーン』期間延長!5年ワイド半額などお得な特典が追加!」
☆当店blog 17.3.28「『αあんしんプログラム』の入会は3月末までがおすすめです」 
☆当店blog 17.3.1「ソニーストア新サービス『αあんしんプログラム』を発表」 

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから