『ブラビア購入記』ソニーストアで購入したテレビの配送設置レポート

LINEで送る
Pocket

昨年末に自宅のブラビアが壊れてしまい、急遽、自宅のブラビアを買い換えることになりました。壊れたのが12月26日で、ドラマ「陸王」までは無事に見られたのですが、そこで力尽きました。すぐにソニーストアで購入して今週、自宅へ配送設置してもらったのですが、その様子をレポートしたいと思います。

メーカー直販のソニーストアでブラビアを購入するとこういう流れで設置をしてもらえます。

 

こんにちは、店員佐藤です。

我が家には2台のテレビがあります。リビングにある4Kブラビア「KJ-55X9200A」と、ダイニングでは2008年に購入したハイビジョンブラビア「KD-40X1」というモデルがあります。

4Kブラビアを購入する前まではブラビアX1がメインテレビでした。当時としてはラインナップの上位モデルで、DRC-MF V3という高画質回路を搭載したモデル。確か30万円くらいで購入した記憶があります。

このモデルを最後に2011年の地デジ切り替えがあったり政府が発行するエコポイント制度などがあり、テレビメーカーはすべて低消費電力モデルに舵を切るため、このモデルを最後にソニーからも高画質回路を搭載したモデルがなくなってしまいます。

最後にギリギリ、良いテレビが買えたなー、と、いう思い出のモデル。

「お気楽リモコン」という、こんな無線接続で操作するリモコンも付属していました。最初からBDレコーダーを接続することが前提になっていたモデル。そうそう、当時は矢沢永吉さんが「もったいない」というキャッチコピーでTVCMを席巻していたころだったんです。

リモコンを手に持たずにテーブルに置いたままで操作するスタイルです。このデザインのリモコンもこれと、翌年もう一世代続いただけでなくなってしまいました。

デザイン的にもとても良いモデルがあった時期だったと思います。BDレコーダーも近い世代のものをつないで使っていたのですが、これがついに寿命を迎えてしまいました。

ドラマ「陸王」の最終回を観た感動を最後に画面がこんなことになりました。液晶テレビって寿命を迎えると最後はどうなるのかな?と、思っていたのですが、我が家のブラビアX1はご覧の通り液晶自体が変色して仕舞ったかのような表示になって終わりました。

「液晶テレビってどれくらいもつものなの?」という話はよく聞かれるのですが、メーカーさんからうかがっている話ですと大体7~8年となっています。我が家のブラビアX1は2008年12月購入でしたので9年使えた計算になります。

共働きで昼間は誰も使っていないので使用頻度はそれほど高くはなかったと思うのですが、使用頻度の多さ少なさは関係なく部材の経年変化でダメになったような気がします。

 

テレビを買い換えるタイミングというのは主に3パターンあります。

「テレビが壊れた時」「テレビが壊れそうな時」「家を引っ越したとき」なのですが、そういえば前回ブラビアX1を購入したときもスーパーファインピッチブラウン管のWEGAが壊れた時だったんでした。うちは「テレビが壊れた時」にしか買い換えができない家だったのかも。

本当であれば今年の12月から「新4K/8K衛星放送」が始まるので、対応チューナーを搭載したモデルが登場する今年の後半までもって欲しかったところなんですが仕方がありません。

半年間もダイニングにテレビがないのは耐えられないので、思い切りやすくなっている現行モデルを購入することにします。オーダーしたのは12月27日だったんですが、年末商戦の最終期が終わって値下げしまくられたあとだし、ドコモさんのキャンペーンが行われているのがせめてもの救いです。ここでオトクになる分をとっておいて、年末に4Kチューナー搭載のUHD BDレコーダーを購入するぞ!

ということで購入したのがこちらのモデルです。

店頭でお客様にブラビアの購入相談をいただいたときは「許せる限り大画面のテレビを!」とオススメしておいて、自分で買うときは4Kブラビアで一番小さな43型というのはどういうことだ!?という声を当店のお客様から思い切り言われそうですが「設置スペース」の問題というのはどうしようもないんです。

本当は価格もそんなに変わらないので49型の高画質モデルX9000Eにしたかったんですが、幅95cmでないとダイニングのここの壁の中に収まらないというのがあってなくなく43型にしています。ま、じっくりと観るときのテレビはリビングに55型があるし、ダイニングのは、そんなに本気のテレビではないですからね。

43型モデルの4Kテレビで、ようやく自宅でも本当のHDR映像が楽しめるようになるし、なによりもスマートスピーカーと連動できる「Android TV」が自宅にやってくるのも楽しみ。

よし、オーダーするぞ!

モデルが決まったら、あとはソニーストアならではの長期保証サービスの選択です。カメラなど外に持ち出す製品については、落下破損、水没まで補償してくれる「ワイド」保証で決まりなのですが、テレビの場合はまず外に持ち出すことはありません。

火災や落雷などの補償があるのは魅力ですがテレビなどの据え置き機器の場合は、多くの方がより長期の補償がしてもらえる「5年ベーシック」を選択されます。

ペットや小さなお子様がいらっしゃるお宅だと「5年ワイド」を選択されることもあります。

ウチはペットも飼っていませんし「5年ベーシック」をMy Sony IDの会員特典でもらっているので、5年ベーシックで決定。

ここがちょっと悩みどころでした。

テレビの基本設置サービスなんですが、ソニーストアで購入すると無料でサービスをしてもらえます。テレビの設置くらい自分でできるよ、というところですが、なんせ無料ですからね。やってくれるサービス内容は下記の通りです。

アンテナ配線や周辺機器との接続などは、むしろ自分でやりたいくらいなのですし、取扱説明もチャンネル設定も必要ないのですが「梱包材の引き取り」というのはありがたいんです。なんせ大型モデルとかだと排出される梱包材もすごいサイズになります。

これを持って行ってくれるというのは便利なんですよね。

あと「リサイクルサービス」の価格も変わってきます。なぜかテレビ基本設置サービスを申し込んでおいた方が安くなるんです。リサイクルサービスも自分でやろうと思えばできるのですが、手続きがちょっと面倒なので、これもおまかせしたいところ。

メリットだらけに見えるんですが、このときは12月27日だったんです。

配送設置サービスを希望しなければ12月29日に届くのですが、配送設置サービスを利用すると1月11日以降になる、という納期情報だったんです。お正月に新しいテレビがあるのは超魅力! どうする、リサイクルサービスを自分でなんとかするか!?と、考えた末、そもそも正月は実家に帰るため、あまりテレビを必要としないことがわかったので、結果、配送設置サービスを利用することに。

リサイクルサービスの料金もオトクになりました。

ちなみに排出するのはソニーのテレビになります。ソニーのテレビはリサイクルサービスの対象メーカーでBグループに入っています。対象メーカーA/Bグループで申し込みをします。

あと、これも迷ったんですよね。壁掛け設置パック。

壁補強が必要だと69,000円、コンクリートなどで壁補強が必要なければ52,000円。高額に思えるかもしれませんが、テレビ専用にローボードを購入しようとかするくらいなら割と安上がり。

それとうちのお店も10年くらい前までは自店でテレビの設置サービスをしていました。で、それほど多くはありませんがテレビ設置をするとき、たいていの場合は大掃除から始まるんです。テレビ台の裏とかどこのお宅もスゴいことになっていて、うわー、家の中にこんなスゴいところがあるんだ!とかになってしまうんです。

自宅もテレビの裏とかスゴいことになるんですが、それが壁掛け設置をするとテレビの下に開かずの間みたいな空間ができないので、清潔にできるんです。

今のうちに住んで、10年以上になりますがブラビアX1の設置場所は変わっていませんので、壁掛け設置にもしてみたいんですよねー。

と、いろいろ悩んだ末、今回もフロアスタンドにすることにしました。

見ての通り、フロアスタンドもメリットがあって、テレビの背面に簡単に手が入るので壁掛け設置ほどではありませんが掃除はしやすいんです。それと部屋のコーナーで斜め置きをするなら壁掛け設置ではなくフロアスタンドなんですよね。

ただ、現在はソニーさんで純正のフロアスタンドは販売していません。なので、配送設置サービスで組み立てをしてもらう事はできないのですが、自分で組み立てて、そこに設置してもらうことは可能。

配送設置サービスを申し込んだおかげで時間もあるし、じっくりとフロアスタンド選びもしました。

購入したのはこちらの製品です。8,590円で45kgまでのテレビが装着できます。

ちなみにブラビアの重量ですがKJ-43X8000Eが10.1kg、KJ-49X9000Eが12.6kgくらいなんです。シリーズ最上位モデルのKJ-75Z9Dで41.3kgとなっていて、スタンド別の本体だけの重量であればどれでも対応できることにはなっています。

実際のスタンドをみると。。。うーん、これに40kgはちょっと不安かな。10.1kgのKJ-43X8000Eは全然安心して使えます。

到着したフロアスタンドがこちらです。組み立て式になっています。出来るところまで自分でやっておきます。

(相談はしていませんが、ソニーストアの配送設置にはソニーストアで購入したスタンドなら組み立てるということになっていますが、他で購入したものを組み立ててもらうのはちょっと難しいかと思います。)

たかだかフロアスタンドですがパーツ点数はかなりあります。設計図を見ないとこれはとても組み立てられません。

よく見るとパーツの袋にはこうしてアルファベットが振ってあり、設計図をみながらパーツを探してきてそこの袋を割いてパーツを取りだしていくというわかりやすい流れになっていました。

2カ所ほどパーツ番号と中身が違っているところがありましたが、そこはご愛敬。(MとNのパーツが互い違いになっていました。)

組み立てに必要な工具もすべて入っています。ドライバーなどをもっていなくても組み立ては一応可能ですが、割と力を入れて回すところもあるので、本当はちゃんとしたドライバーがあったほうがよいと思います。

レンチなども自転車整備用のものを使って組み立てました。

のんびりと作業して1時間ほどで完成。

このフロアスタンドはテレビの首を左右35度まで向きを変えることができるようになっています。これを壁寄せにして、ブラビアの向きだけ右に振ってあげると良い感じで使えそうです。

続いてはブラビアX1の周辺機器を外していきます。

配送設置サービスで3点までの機器の接続をしてくれることになっていますので、全部おまかせしてしまうこともできるのですが、配線は自分でやりたいんですよねー。

どこまでお願いするのかはその場で決めるのですが、今回はテレビ設置だけをしてもらって、あとは自分でやらせていただきました。

こちらはブラビアX1の背面ラベルです。10年前のモデルでまだLEDバックライトにはなっていません。年間消費電力量は217kWh/年となっています。

今度購入したKJ-43X8000Eはサイズアップして4KになってAndroid OSも搭載しているにも関わらず年間消費電力量は95kWh/年しかありません。これでダイニングのテレビの電力消費は半分以下になります。

ということで、テレビの配送設置前日にここまで準備をしておきました。本当は日曜日に全部やってしまいたかったんですが、ソニーストアの配送設置サービスは日曜日がお休みなんです。

これはどこにも記載がないしちょっとびっくり。ウチは月曜日が定休日なので月曜日設置でも問題はないのですが、多くの方がお休みになる日曜日が配送設置できないというのはちょっと意外。これからソニーストアで配送設置サービスを利用しよう、という方は覚えておいた方がよいかと思います。

配送設置日の相談は年明けの営業日1月4日に連絡がありました。そこで1月15日(月)の午前中の設置が決定。そうしたら全部午前中で終わったら午後からどこかに行けるな!と、思っていたのですが、それもそうは行きませんでした。

どうやら設置業者とリサイクル家電の引き取り業者は別にやってくるらしく、時間差を作らないといけないとのこと。ならば先にリサイクル家電だけ引き上げてもらいたい旨をお願いしたところ、設置業者がリサイクル家電の引き取り票をもってくるため、引き上げは後にしないといけないんだそうです。

ということで引き上げはこの日の夕方に指定していて、結局1日がかりでテレビの設置をすることになりました。

設置業者さんが予定の11時に来訪され、まずは設置場所の下見をしながら養生をします。その上でテレビの開梱をはじめます。

自分で購入したフロアスタンドですが、スタンドをくみ上げておき、あとはテレビを壁掛けの容量でかけるだけにしておいたのですが、これはやっていただました。

高さ調整などがあったので、自分でやると面倒がって妥協ししまうところをベストの位置に調整してもらえて良かった。やはり配送設置をしてもらえると助かります。

リサイクル家電も引き上げは出来ないモノの玄関先まで移動してもらえたり、お願いしたことは全部、快くやっていただけてありがたかったです。

その後、周辺機器の接続は自分でするのですが、テレビの電源、アンテナ配線までしてテレビのチューナー設定までをしてもらえます。Android TVのアカウント設定などは全部飛ばしてもらっています。そういえばLAN接続は希望をしていないんでした。

以上を30分ほどの超スピードで行ってもらってあっという間に設置終了です。位置なども決めてもらっていてあとは微調整程度です。やはり人にやってもらえると楽です。

自分でBDレコーダー、UHD BDプレーヤー、PS4をつないで行くのですが、なるほどー、43型の4Kブラビアのセッティングを初めてするんですがこんなことになっているんですね。

アンテナ配線やHDMI端子なんですが、なんとボディサイドのこんなギリギリの位置に端子があるんです。なので直線上のF型結栓などだとアンテナが思い切りはみ出します。

こんな状態になって正面からケーブルが丸見えになります。あらら、これは端子を工夫しないといけません。

HDMI端子もこんな風に端子だけを回転させるケーブルなどがソニーからは出ているので、こういうのを用意しないといけないんですね。

ありもののケーブルでなんとかなりましたが、割とケーブルがあまり目なので、機会があったら短いケーブルでこうしてL型になっているものを揃えたいと思います。

UHD BDプレーヤーや、PS4はリビングの55型4Kブラビアにつないでいたのですが、せっかくの新型の4K HDR対応テレビです。リビングから周辺機器がみんなお引越してきました。リビングには念願だったPS4 Proを購入しようと思います。

1時間ほどでサウンドバーを含めて全部の結線が終了。サウンドバーも年期モノですでに購入から8年ほど経つモデルなんですがHDMIによる電源連動ができればなんとかなるものですね。テレビからのリンクメニューは使えないモノの、音量調整と電源連動はしてくれるので不便はありませんでした。

49型にしていると壁とカーテンがかかってしまうところですが、43型に思いとどまったおかげでサイズもジャストフィットです。

お店にあるブラビアA1との違いですが、リモコンが違っていました。X9000Eシリーズ以上だとラバーコーティングされているリモコンになっていてボタンの隙間などがないのですが、X8000Eシリーズはコーティングがないんですね。

リモコンの仕様自体は同じみたいなのでリモコンだけ部品取りすると良いかも。

そして、こちらは当店店頭でブラビアをオーダーいただいた方にプレゼントしている品です。卓上用の延長ケーブルです。ブラビアのUSB端子は背面にしかないのですが、これを用意しておくと手前でUSBメモリーを挿すことができるようになります。

デジタル一眼”α”を持っていて、写真を4Kブラビアで見たい、4K映像を自分で編集して作ったりするのでそれを見たい、と言う方は絶対に用意した方が便利です。

妻が帰ってきて、まず最初に見たのが「帰れま10」でした。キムタクが元気にしている姿を久しぶりに見た気がします。相変わらずかっこいいなぁ。

それとこの日は寿司ネタだったのですが、映像がめちゃくちゃ綺麗! 今まで使っていたブラビアX1もハイビジョン番組を見るのなら充分綺麗だと思っていたのですが9年の進化はすごいですね。

DRC-MFなんて遙かに超えていて、4K X-Reality Pro+トリルミナスディスプレイのLEDバックライトの威力を思い知りました。ハイビジョンもこんなに綺麗になるんだー、って、今まで店頭でさんざんお客様にご案内してきましたが、自宅で見るとこれまた格別です。

自分で撮影したS-Logから作ったHDR映像なども試しに見てみますが、ちゃんとキラキラ感、出ますね。有機ELパネルほどの色のりはないものの、これはHDR映像を見るのが楽しみ。

Android TVについて妻に説明をするわけですが、これはブラビアあるあるですよね。最初のYouTubeの音声検索だけでテンションがあがってしまい、そのまま松浦亜弥のYouTube大会になってしまいました。

スマートスピーカーがあるとそちらに「テレビのYouTubeで松浦亜弥のライブを見せて」を話すとLF-S50G経由でブラビアの電源が入りYouTubeアプリが起動して松浦亜弥検索までできてしまいます。

あとは音量の上げ下げくらいしかできないんですが、これだけでもすごい未来感があります。ブラビアとスマートスピーカーの連動機能がこれからドンドン増えてくれることに期待。

最後に1月12日で終わってしまいましたがキャッシュバックキャンペーンの申し込みを一気に済ませて、今回のブラビア買い換え騒動は終了です。

ソニーストアで全部購入しているので製品登録はすべて済んでいますから、キャンペーン申し込みをして、あとは保証書と購入明細書、キャンペーンコードのチラシのコピーを郵送で送れば終わりでした。こういうのは後からやるのではなく、一気にやってしまえば面倒はないんです。

 

以上、ソニーストアでのブラビア購入記でした。

次回はリビングの4Kブラビアを有機ELモデルにするときにお会いしましょう♪

 

KJ-49X9000E.jpg
地上・BS・110度CS
デジタルハイビジョン液晶テレビ

X9000Eシリーズ
49型・55型・65型
ソニーストア価格:
159,880+税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年6月10日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:3,500円~
3年ワイド/5年ベーシック:16,000円~
3年ベーシック:無償
60回
分割価格
49型:分割手数料0% 月々2,500円
55型:分割手数料0% 月々3,200円
65型:分割手数料0% 月々5,600円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
60回分割払手数料0%キャンペーン!(~1/31)
長期保証<5年ベーシック>無料キャンペーン!(~2/1)
Netflixのプレミアムプランを6ヵ月分プレゼント!(~1/31)
Hulu「3ヵ月無料トライアル」キャンペーン!(~5/31)
「Google Playを楽しもう」キャンペーン!(~12/31)
テックスタッフ
店頭購入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
S-Log撮影4K花火映像プレゼント
USBスタンドアダプタープレゼント

 

KJ-55X8500D.jpg
地上・BS・110度CS
デジタルハイビジョン液晶テレビ

X8500Eシリーズ
55型・65型・75型
ソニーストア価格:
169,880+税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年6月10日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:37,000円~
3年ワイド/5年ベーシック:19,000円~
3年ベーシック:無償
60回
分割価格
55型:分割手数料0% 月々2,700円
65型:分割手数料0% 月々4,800円
75型:分割手数料0% 月々7,600円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
60回分割払手数料0%キャンペーン!(~1/31)
長期保証<5年ベーシック>無料キャンペーン!(~2/1)
Netflixのプレミアムプランを6ヵ月分プレゼント!(~1/31)
Hulu「3ヵ月無料トライアル」キャンペーン!(~5/31)
「Google Playを楽しもう」キャンペーン!(~12/31)
テックスタッフ
店頭購入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
S-Log撮影4K花火映像プレゼント
USBスタンドアダプタープレゼント

 

KJ-43X8000E.jpg
地上・BS・110度CS
デジタルハイビジョン液晶テレビ

X8000Eシリーズ
43型・49型
ソニーストア価格:
119,880+税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年6月10日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:21,000円~
3年ワイド/5年ベーシック:11,000円~
3年ベーシック:無償
60回
分割価格
43型:分割手数料0% 月々1,900
49型:分割手数料0% 月々2,100円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
60回分割払手数料0%キャンペーン!(~1/31)
長期保証<5年ベーシック>無料キャンペーン!(~2/1)
Netflixのプレミアムプランを6ヵ月分プレゼント!(~1/31)
Hulu「3ヵ月無料トライアル」キャンペーン!(~5/31)
「Google Playを楽しもう」キャンペーン!(~12/31)
テックスタッフ
店頭購入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
S-Log撮影4K花火映像プレゼント
USBスタンドアダプタープレゼント

☆当店blog 17.5.8「有機ELパネル搭載『BRAVIA A1』他、2017年モデルがプレスリリース」

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから