『WF-1000X』ブラックも入荷次第出荷ステータスへ 最新納期情報はこちら

LINEで送る
Pocket

この秋の人気ナンバーワン製品、完全独立ワイヤレスヘッドホン「WF-1000X」のブラックもソニーストアにて今朝ほどから「入荷次第出荷」ステータスになってしまいました。

ゴールドモデルに続き、ブラックも3次出荷分が完売し、現在、ソニーストアの表示上は納期未定となっています。【13日AMに表示変更され10月28日出荷になりました】

ものすごい勢いでオーダーされているのですが、私もついに購入してしまいました。こういうのを自腹で買ってしまうと他の製品のレビューができなくなってしまうので、なるべくプライベートでは買わないようにしているんですが。。。だって、使ってみると超破壊力満点に便利なんですもん。

 

■「WF-1000X」の最新納期情報について

毎日チェックしている「WF-1000X」の納期情報なんですが、今朝のチェックでブラックが入荷次第出荷になっていました。

10月5日に初回出荷分が発送され、10月16日に二次出荷分、10月21日に三次出荷分が出るのですが、それぞれ予定数のオーダーがあり、現時点では「入荷次第出荷」というステータスになっています。

ソニーストアの入荷と完全にリンクしているわけでは無いのですが、ソニーショップの販売店ルートでの納期は2週間目安となっていて、ソニーストアの納期と同じとは限りませんが目安としては10月下旬の28日前後には4次出荷があるのでは?というのが当店の予想です。

まだ、今朝時点で入荷次第出荷になったところです。銀行振り込みやコンビニ払いの未入金やローンキャンセルなどで繰り上げ出荷になる可能性もあります。

これは早めに買っておかないと、昨年の「MDR-1000X」みたいに11月には「年内出荷が難しいかも」という状況になりそう。じゃ、買っちゃえ!ということで今日のお昼過ぎに私もオーダーさせてもらいました。カラーはブラックです。

 

■やっぱり便利な完全独立ワイヤレスヘッドホン

商品紹介のためということで、この秋に発売になった店頭展示品を順番に通勤で体験させてもらっているのですが、やはり何が良いって「WF-1000X」でした。

本当は「WI-1000X」を購入するつもりでいて、ハイレゾとデュアルマイクによる強力なノイズキャンセリング効果を期待していたんですが「WF-1000X」もハイレゾ対応ではありませんが、かなり良い音で鳴ってくれるんですよね。

そしてなによりも完全独立ワイヤレスがすごい!

Bluetoothを使ったワイヤレスヘッドホンを初めて使ったときも感動してウォークマン本体をヒモ無しでポケットに入れておけるのってすごいなー、と、感動したものですが、それと同じくらいの衝撃が「WF-1000X」にはありました。

なんせ両サイドを結ぶケーブルがなく、ネックバンドもないので、カメラストラップや肩掛けカバンをつけるときにヘッドホンのコードを全く心配しなくて済むんです。

完全独立ワイヤレスなんですから、何を今さら当たり前の事を言ってるの?と、言われるかもしれませんが実際に体験してみると取り回しの煩わしさを考えずに済むのがとても快感なんです。

単に耳栓をしているだけ、という感覚でノイズキャンセリングヘッドホンが使えます。

 

使い方はメーカーさんから教わったとおりに。。。

  • 使う時は左右両方をいっぺんに取り出す。
    (ケースから取り出すと電源が入ります。片耳ずつ装着するのでは無く先に両方を取り出して両方のイヤホンで通信を安定させてから装着した方が、最初から安定して通信をしてくれます)
  • 側溝や駅のホームでは取り出さない
    (耳に装着しているときはまず外れません。落っことすとしたらケースから取り出したり、ケースに収納するときです。そういうときは落としたときのダメージを考えて側溝や駅ホームの近くでは行わないようにします)
  • トリプルコンフォートイヤーピースを使用する
    (遮音性が違います。低音増強効果もあります。なによりも耳からスルッと外れるのが防げます。良いことずくめ。)

気をつけるのはこれだけです。

スマートフォンとつないで使う時は歩いているとき、走っているときに自動で外音取り込みモードにしてくれるので、自宅を出るとき、会社を出るときに装着してOK。音楽聴くときだけヘッドホンを装着すると言うスタイルから抜けられます。

電子耳栓です。これは。

バッテリーの保ちは本体のみだと3時間とのことで、新幹線移動や飛行機での海外旅行に使うにはスタミナが不足しますが、そういうときこそ「WI-1000X」の出番なわけで、そういう移動がほとんどない私の場合は短距離選手の「WF-1000X」を手軽に使う方がメリットが大きい!という判断でした。

10月にはいって、間もなく年末を迎えますが、録りためたドラマや映画がnasneに猛烈に貯まっていて、これを年内に消化しないといけない、という事情もあります。

Xperia XZに番組転送して、視聴消化をこれからドンドンしていこうと思います。

私のXperia XZで使うと通信が途切れることが多発するんですが、ログ取得のアプリを詰め込み過ぎているのが原因だと言うことはすぐに判明。Wi-FiとGPSをオフにして音楽再生をすると途切れることはほとんどなくなります。

妻のXperia X Comapactや他の方のスマートフォン、ウォークマンで使った時も途切れることはないので、どこかで私のXperia XZは初期化して環境構築やり直すことにしたいと思います。

 

■「WF-1000X」のお得な買い方

さて、WF-1000Xのお得な買い方ですが、私はmoraポイントを付けて購入しました。

現在、キャンペーンでハイレゾ音源の販売サイト「mora」のクーポンを10%オトクに購入できるというオプションがあるんですが、これ、実はオトクなのは10%だけではないのって知ってました?

 

10月はソニーストア×ドコモさんのキャンペーンで「dケータイ払いプラス」での支払いをしてドコモサイトでエントリーをすると10%のポイントバックがありますね。これを併用できます。

☆当店blog 2017.10.3「ドコモ×ソニーストア『10倍ポイント』キャンペーン開始

12月になってしまうのですが10%のポイントバックがあるので約2割もお得なmoraクーポン購入になるんです。

ハイレゾ楽曲をmoraで購入される方は絶対に買えるだけ買った方がよいと思います。毎月アルバム1枚を3,000円くらいで買うように制限しているのですが今月は2,400円相当くらいで買えました。ラッキー!です。

※記事初出の際にAV商品10%オフクーポンが利用できるとご案内していましたが誤りでした。お詫びして訂正させていただきます。

 

品薄状態はこれからが本番?になるかもしれません。このまま行くと昨年同様、年内は品薄状態が続くでしょうから自分へのクリスマスプレゼントに!と、お考えの方はサンタさんにちょっと早めに登場してもらった方がよいと思います。

オーダーはお早めにどうぞ。

そうそう、10月14日からは当店店頭にて開店4周年記念イベントを予定しています。店頭にて1万円以上のお買い物をしていただくと特製ソニーロゴ入りポーチをプレゼントできます。

当店店頭でのご購入も是非ご検討ください。

【10月13日13時現在、10月28日出荷予定になりました】

ワイヤレスノイズキャンセリング
ステレオヘッドホン

WF-1000X
ソニーストア価格:
24,880円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年10月7日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証サービス 5年ワイド:3,000円
3年ワイド/5年ベーシック:2,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
テックスタッフ
店頭入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

☆当店blog 2017.10.6「待望のインナーイヤー最強ノイキャンヘッドホン『WI-1000X』開梱レポート」

☆当店blog 2017.10.3「ウォークマン&ハイレゾのプロモーションスタート」
☆当店blog 2017.9.28「ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WF-1000X」「WI-1000X」供給不足に関するお知らせ」
☆当店blog 2017.9.15「『WF-1000X』ゴールドモデルが入荷次第出荷へ」
☆当店blog 2017.9.12「『WF-1000X』品薄予想の話 」
☆当店blog 2017.9.7「完全ケーブルレススタイル『WF-1000X』ショールーム展示レポート」
☆当店blog 2017.9.5「【プレスリリース】ワイヤレスヘッドホン『1000X』シリーズ日本正式発表」
☆当店blog 2017.9.1「ソニー『IFA 2017』出展についてのまとめ」

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆ソニー銀行『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから