ソニーがWWFジャパンの寄付を目的とした「aibo」チャリティオークション開始!

LINEで送る
Pocket

ソニーが、WWFジャパンの生物多様性保全活動への寄付目的で、2018年1月11日の発売に先立ち、エンタテインメントロボット「aibo」のチャリティ専用モデル11台をオークションに出品しています。

 

こんにちは、店員よねっちです。

ソニー株式会社が、公益財団法人世界自然保護基金ジャパンの生物多様性保護の趣旨に賛同し、寄付金の募集を実施しています。

今回のチャリティーオークションは生物多様性の保全を推進する施策の一環として実施するもので、2018年1月11日の発売に先立ちエンタテインメントロボットaiboの「チャリティ専用モデル(ERS-1000)」11台をソニーが無償で提供して、その落札金全額を、WWFジャパンへ寄付するそう。

このオークションによる寄付金は、WWFジャパンの生物多様性保全の活動に充てられ、世界中の希少な自然や野生生物の保護のために役立てられます。

オークションに出品されているaiboはチャリティ専用モデルになっており、頭部に限定色(色名称:Ivory White Gold Quartz Edition)が施されています。シリアル番号は No.0000001からNo.0000011までの11台。落札された方に今回のチャリティ協力のお礼として届けられます。

落札者から入金いただいた金額からaibo本体、aiboベーシックプラン3年一括、aiboケアサポート3年の税込合計価格である369,360円を除いた金額を落札者個人の寄付金として、また11台分の税込価格相当額をソニーからの寄付金として、それぞれ「公益財団法人世界自然保護基金ジャパン」に送付されるとのこと。

今回のチャリティオークションは2017年12月5日(火)午前11時から開始し、12月9日(土)午後10時に終了します。まだ始まったばかりとあって入札されてないモデルも多いですが、現時点で一番人気となっているのはシリアルナンバーがNo.0000008のモデルのようです。一番最初のモデルNo.0000001が人気になるのかと思ったのでやや意外な気もしますが、8といえば末広がりで縁起の良いイメージがあるので、縁起を担いでいるのかもしれませんね。

まだ様子見の方も多いと思いますので、最終的にどうなるのかが気になります。終了までにすべてのaiboに里親が見つかるといいですね。

また、aiboとの生活をより快適に楽しく過ごすための専用アプリケーション「My aibo(マイアイボ)」が2018年1月11日サービス提供開始予定となっています。チャリティーモデルではこのアプリ内のaiboも「チャリティ専用モデル」にカスタマイズされています。

アプリでは本体設定やオーナー情報へのアクセスなどのオーナーをサポートする機能 の他に、撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」、アプリケーション上のaiboとふれあえるaiboと「あそぶ」、aiboのふるまいを追加できる 「aiboストア」などが利用できるそうです。aibo本体を持っていない方でも一部機能を楽しむことができるとあるので、アプリのリリースが楽しみです。

 

aiboをご検討中の方はぜひこのチャリティーオークションへのご参加もご検討下さいませ。

 

☆ソニー ニュースリリース「WWFジャパンの生物多様性保全活動への寄付を目的としたチャリティオークションを実施 チャリティ専用“aibo”11台を「ヤフオク!」に出品

☆リユーファンディングfromヤフオク! 「ソニー、WWFジャパンの生物多様性保全活動への寄付目的でaiboチャリティー出品」

 

☆当店blog 17.11.1「自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)が復活! 」

☆ソニー ニュースリリース エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売