APS-C最上位機種『α6300』発表&発売

LINEで送る
Pocket

DSC00001.jpg

おはようございます、店員佐藤です。

本日10時に新型デジタル一眼カメラ”α6300″が日本国内向けに発表&販売開始になりました。先行して海外で発表がありましたが、日本語になると細かいニュアンスもわかるし謎だった部分がたくさん判明しています。

YouTubeでの動画もたくさんアップロードされているので、まとめてご案内したいと思います。

 

DSC00007.jpg
☆ソニープレスリリース「世界最速0.05秒の高速AFを実現し、世界最多425点の全面位相差AFセンサー搭載で一瞬の動きを高精度に捉え続けるミラーレス一眼カメラ『α6300』発売」

まずは一覧で新機能を短時間にチェックするならプレスリリースが一番てっとりばやくすみます。ここでもれなく情報は掲載されています。

 

像面位相差AFにてLA-EA3を介してのAマウントレンズの位相差AFが利用できる上、4K動画撮影時もSuper 35mmのセンサーサイズにで6K→4K変換を全画素読み出しで行うなど、4K動画撮影の画質を考えるとα7R2を超えられるカメラになっています。

“α7000″を名乗ってもおかしくないカメラになっていると思います。α6000のキャッシュバックキャンペーンが5月まであることから、おそらくこれからは2機種とも併売されていくでしょうし価格差がかなりあるので、位置づけとしては”α6000″の後継モデルではなく上位機として位置づけられていると思います。

商品情報サイトを見ると各機能のYoutube動画などの説明も細かく掲載されています。

この動画を見るだけで”α6300″ のAF性能の概略がわかります。

DSC00002.jpg

世界最多の425点での像面位相差と、コントラストAFの検出も169点で行い、これをハイブリッドで利用するそうです。

DSC00003.jpg

2年前の”α6000″が発表された時は「AF-C」にしたときに全面を移動する合焦ポイントに興奮しましたが、これがさらに追従性の高い粘るAFになっている印象。

DSC00004.jpg

“α6000″の時の7.5倍もの密度でAF枠を集中配置するなど、もう異次元のAF性能になっているみたいですね。

0.05秒の高速AFというのも”α6000″との比較動画で紹介されています。

マッハですね。マッハ。

AF追従はスピードを設定できるらしいので演出でゆっくりとAFを変更するということもできそう。

ムービーの様にこれは静止画撮影だけではなく動画撮影でも威力を発揮しまくってくれそうです。

DSC00005.jpg

AマウントレンズをLA-EA3装着時に位相差AF駆動させられるのは”α7II””α7R2″と同等。APS-Cセンサー”α”としては、これは初の機能となります。

DSC00006.jpg

AF機能についてはたくさんの新機能の説明があるのですが、フレキシブルスポットのダイレクト移動などもいいですね。撮影中にセンターボタンでフレキシブルスポットの移動モードにしなくてもダイレクトでマルチセレクターの様にスポットを移動できるそうです。これはあらゆるシーンで重宝しそう。

DSC00007.jpg

これはAマウントの”α77″等にもついているんですがピント拡大をした状態でAFが使えるという機能も搭載。センターボタンとかに機能を割り当てて使うんでしょうね。

他、サイレントシャッターも搭載するそうです。”α7S”で初搭載されていましたが、これもAPC-S機での搭載は初になるはず。

“α7 II”シリーズの技術が多数詰め込まれたAPS-Cモデルということになっています。

 

一部超えている機能もあり、それがこれ。

DSC00008.jpg

動画の世界で「フルサイズ」を意味するのは実はSuper 35mmの方です。静止画では35mmフィルムを横送りで使いますが、映画の世界では縦送りで使っているのでフィルム撮影のフルサイズは写真でいうところのAPS-Cサイズに近い、Super 35mmがスタンダートなんだとか。

“α7R2″でもSuper 35mmサイズでの撮影時に全画素読み出しを行っています。”α7R2″では1800万画素相当の全画素読み出しになりますが、”α6300″では2000万画素、6Kでの全画素読み出しを行い、それを4Kに圧縮して記録をします。

こと、情報量についてはオーバーサンプリング効果により”α7R2″を超えたモデルと言えるかと思います。

このサンプルムービーをみてもスゴいですよね。4K BRAVIAが登場した当時のブラビア用のデモムービーの様な出来にびっくり。

撮影機材を揃えれば”α6300″で、このクオリティの動画が撮れるんだ。。。うわー、ほしー!

DSC00009.jpg

EVFでは通常の2倍のフレームレート120fpsで表示が可能なモードを搭載しているとのこt。動体を追う際により残像の少ないなめらかな表示ができるそうで、これもスポーツシーンでの撮影に強くなった印象があります。

DSC00012.jpg

マイク入力端子がついたので、これで外付けマイクの音を同時記録することもできます。XLRアダプターキットなどセミプロ級のアダプターを使わなくてもICレコーダーの「ICD-SX2000」などの高音質レコーダーをマイク代わりに使っても良いかも。

 

DSC00010.jpg

あとは”α6000″のときになぜ搭載されていない!?と、思われていたデジタル水準器も復活。モニターでもファインダーでもインジケーターを見ながらの水平出しができます。

NEX-7シリーズでこれに慣れてしまっている方にはやはりこれがないとね。

DSC00011.jpg

タイムラプスなどの長時間撮影で重宝するUSB給電撮影にも対応。

もはや無敵のAPS-Cカメラになっています。

 

ソニーストアでは本日10時より販売開始。3月11日の発売開始となっています。もうちょっと早ければ3月9日の部分日食に間に合うところだったんですが、ま、それは”α6300″らしさが出せる撮影ではないですしね。

桜のシーズン前に手に入りますので、その前にたっぷりと練習撮影をして使いこなしてしまいましょう!

 

ILCE-6300L.jpg デジタル一眼カメラ
α6300 ズームレンズキット

ILCE-6300L
ストア価格149,880+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:15,000円+税
・3年ワイド:
無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2016年3月11日
ソニーストア購入特典:
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ワイド無償

 24回払いまで手数料0%
同時購入で他社製アクセサリー10%OFF
数量限定】同時購入でアルティザン&アーティスト社製バッグが4,000円+税お得!
残価設定クレジット価格:
月々4,500円~
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
スプリングフェア店頭購入特典

 

ILCE-6300_B.jpg デジタル一眼カメラ
α6300 ボディのみ

ILCE-6300L
ストア価格134,880+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:14,000円+税
・3年ワイド:
無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2016年3月11日
ソニーストア購入特典:
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ワイド無償

 24回払いまで手数料0%
同時購入で他社製アクセサリー10%OFF
数量限定】同時購入でアルティザン&アーティスト社製バッグが4,000円+税お得!
残価設定クレジット価格:
月々4,000円~
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
スプリングフェア店頭購入特典

DSC00007.jpg
☆ソニープレスリリース「世界最速0.05秒の高速AFを実現し、世界最多425点の全面位相差AFセンサー搭載で一瞬の動きを高精度に捉え続けるミラーレス一眼カメラ『α6300』発売」