自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)が復活!

LINEで送る
Pocket

11月1日の犬の日に合わせたようなビッグニュースが発表になりました。なんとあのaiboが復活し、本日午後11時1分より「ソニーストアオンライン」にてにて予約受付を開始しています。

aiboの本体価格は198,000円+税となっています。

 

こんにちは、店員よねっちです。

当店店頭でもたびたび店番をしてくれているaiboの「ラッテ」や「ERS-7M3」ですが、本日その新型が発表になりました。

aiboは家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発されたロボットで、自ら好奇心を持ち、人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーとなることを目指しているのだそう。

 

■新型aibo登場!

新たに誕生したaiboの特徴は、親近感のあるルックス、視線を惹きつける瞳など愛らしい姿や、躍動感のある多彩な動きと小気味よい反応です。発表時に公開された映像を見た限りでは犬のしぐさが忠実に再現されている感じがしました。

aiboの気持ちを表出して、オーナーを魅了するふるまいを実現するために、超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にしているほか、多彩な感情を繊細に表現する美麗な瞳に2枚のOLEDが採用されているとのことです。

 

■ソニー独自のAI技術でaiboが個性的に成長

好奇心旺盛なaiboはオーナーからの呼びかけを待つだけではなく、オーナーに能動的に働きかけ、そしてオーナーからの優しい言葉や、笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを健気に学んでいきます。このような状況に応じたふるまいの表現を可能にするために多彩なセンサーを搭載し、画像、音声の認識・解析にはソニーの培ったディープラーニング技術が活用されています。

また、本体とクラウドが連携して実現するソニー独自のAI技術によって、事前に同意を得た上で、さまざまなオーナーとのやり取りのデータを収集し、クラウド上のAIが集合知として蓄積することで、aiboがさらに賢く進化するようです。

 

■aiboベーシックプラン

aiboを使用するためには、「aiboベーシックプラン」の加入が必要となります。aiboベーシックプランに加入すると、家庭でのWi-Fi接続やモバイル回線接続で、クラウドで解析された情報を元にしたaiboの成長や、専用アプリ「My aibo」との連携(aiboフォト、aiboストア)など、aiboのすべての機能が楽しめるようになります。

また、定期的にaibo本体のデータはクラウドにバックアップされます。故障・事故等で修理が不可能な場合でも、バックアップされたデータを新しいaiboに復元するサービスが予定されています。

 

■予約および販売について

aiboはソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」だけでの限定販売になります。当店をはじめソニーショップや量販店などでaiboのご相談を頂いても購入することが出来ません。ソニーストアオンラインと、全国5カ所のソニーストア直営店でのみの取り扱いとなります。

予約受付は11月1日(水)午後11時1分より開始しています。aibo本体の価格は198,000円(税抜)となりますが、aiboを使用するのに必要なサービス契約「aiboベーシックプラン」の価格が3年一括払いで90,000円、月払いで2,980円/月(36回)となります。

また、aiboに不具合や故障が発生した際に修理代が割引となる「aiboケアサポート」は3年一括払いで54,000円(税抜)、1年払いで20,000円(税抜)となります。加入すると、修理代(診察費、パーツ代、破損・消耗部品交換)が50%割引になるほか、健康診断も50%割引で受けることが出来ます。こちらの加入は任意となります。

詳細は専用サイトをご参照ください。

 

☆ソニー ニュースリリース エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売