ソニーストアの『VAIO OUTLET』に【VAIO S11】の2015年ブラックモデルが追加になりました!

LINEで送る
Pocket

ソニーストアのOUTLETページにてVAIO S11シリーズ・ブラックカラーの2015年モデルが追加になりました。

構成をカスタマイズできる新品の旧型モデルとなります。

 

こんにちは、店員よねっちです。

2015年に発売されたVAIO S11のブラックモデルがアウトレットコーナーでお得に購入できます。

ソニーストアOUTLETでは旧型モデルのVAIOをリーズナブルな価格で販売しています。展示品モデルもありますが、型落ちした新品も購入することが出来ます。

今回は構成をカスタマイズできる新品の旧型モデルで、LTE搭載機も選択できるようになっています。

DSC00008.jpg

2015年に発売されたVAIO S11は11型のコンパクトさと質量わずか925gという携帯性の良さが特徴のモデル。

小さいからと言って侮ることなかれ、第6世代のIntel Core Uプロセッサーや、PCIe接続の第二世代SSDを採用し、一般的なSATA接続のモバイルPCに比べると3.3倍のデータ転送速度を実現してます。

大容量バッテリーを内蔵しておりVAIO Pro 11に比べて約1.5倍の15時間駆動を実現。電力を多く使うLTE通信時も8時間以上の駆動時間をほこるので、コンパクトながらメインマシンとして使える11型モバイルPCになっています。

DSC00011.jpg

豊富な拡張端子を搭載し、日本市場でリクエストの多いVGA端子を装備。USB 3.0端子の他に次世代で主流になるであろう「USB type C」端子もVAIOでは初搭載しています。ディスプレイ出力もできるため、HDMI出力が必要な際にはアダプターを用意してUSB type Cを使うことになります。

DSC00005.jpg

USB給電能力も15V/5Aまで可能になっています。(USB 3.0は5V/0.9Aまで)

Thunderbolt3に対応しているため外部ストレージの高速接続も可能。長く使えるPCになりそうです。

DSC00012.jpg

また、LTE、無線WAN機能内蔵モデルが選べるのも大きなポイントです。SIMフリーとなっており、LTEの対応バンドは1、3 、19、21と、ドコモバンドを広くカバーしています。

 

新モデルかお得な旧モデルか迷うところですが、VAIO Outletはすでに生産が終わっているモデルの販売なので、数はあるだけです。在庫がなくなったら販売終了になる早い者勝ちです。

是非この機会にご検討下さい。

 

☆当店blog 15.12.17「So-net PLAY SIMで使う『VAIO S11』開梱&セッティングレポート」
☆当店blog 15.12.9「『VAIO S11』登場 ショールーム展示レポート」  
☆当店blog 15.12.9「925gのモバイルPC『VAIO S11』発表」 

 

mainvisual.jpg
☆ソニーストア OUTLETモデルのご案内はこちらから